家紋について

 普段それほど身近に感じていないかもしれませんが、日本に住んでいるなら誰もが一度は目にしているのが家紋ではないでしょうか。お墓の竿石や花立、水鉢などにも彫刻されますが、冠婚葬祭の紋付羽織袴、紋付留袖、老舗の和菓子屋さんの看板や包装紙にもよく使われています。また、この家紋に触発されてできたのが某有名ブランドのモノグラムだともききます。
 仏教伝来のはるか昔から日本は先祖を敬い、神を祭り、五穀豊穣を祈ってきました。家族という小さな共同体から村という地域の共同体の単位で団結を強くし、農耕を主としてやがて国へと発展しました。その過程で平安時代から高貴な人の家族、同族を意味する象徴として登場したのが家紋です。

家紋の種類

 多い順にすると、家紋には次のような種類があります。(家紋大全より)
1.植物紋
2.動物紋
3.自然紋
4.建造物紋
5.器物紋
6.文様・図象紋
7.文字・図案紋
 植物紋が動物紋に大差をつけて多く存在します。身近に手に取り慣れ親しんだ大切な植物は家紋にするには最高の素材だったからでしょうか。
皆さんはご自分の家紋を知っていますか?家紋を知ると予想もしない自分の祖先が分かるかもしれません。試しに調べてみてはどうでしょう。

古村

まごころ価格のハンドブック

ハンドブックで選ぶお墓のオーダーメイド

伝統的な和型やスタイリッシュな洋型デザイン。
そして世界各国をはじめ日本から厳選された高品質みかげ石を組み合わせて、世界にひとつだけのオリジナル墓石をお作りすることができます。
まずは無料ハンドブックをお取り寄せください。