新元号「令和」について

2019年4月1日、ついに新元号「令和」が菅義偉官房長官の掲げる墨の書で発表されました。
続いての安倍晋三首相の会見で「令和」は「人々が美しく心を寄せ合う中で文化が生まれ育つという意味が込められている」と説明がありました。
「令和」の典拠は万葉集の歌の序文からとった2文字であることがこの会見でわかりました。元号の典拠がこれまでの中国の漢籍ではなく、初めて日本の「国書」である万葉集から典拠されたことは、とても大きな変化といえるのではないでしょうか。
新天皇の即位に伴って5月1日午前0時から「令和」へと切り替わります。天皇の退位に伴う改元は憲政史上初めてのことだそうです。
これによって、お墓も2019年5月1日より新元号が使われることとなります。多くのお墓には建之日(こんりゅうび)が刻まれます。お墓を建てた日(一般的には年月・吉日が多いです)と建てた方のお名前を刻みます。

「令和元年」

新元号「令和」の1年目は「令和元年」となります。この年だけ元年と彫刻する事ができるのです。洋型のお墓が増えていることもあり、西暦で刻まれる方もいらっしゃいます。どんな彫刻にするのか、楷書にするのか行書にするのかなど家族みんなでよく話し合い考える時間も良い思い出となるかもしれません。

まごころ価格のハンドブック

ハンドブックで選ぶお墓のオーダーメイド

伝統的な和型やスタイリッシュな洋型デザイン。
そして世界各国をはじめ日本から厳選された高品質みかげ石を組み合わせて、世界にひとつだけのオリジナル墓石をお作りすることができます。
まずは無料ハンドブックをお取り寄せください。