no-image

永代供養墓の供養について

永代供養墓の供養について

永代供養墓の管理者は申込者の名前・住所及び納骨者の名前を記録して保存、または、墓誌に彫刻したり過去帳に記載したりして保存しています。記録保存は大切なことですが他にも供養という大きな役割が有ります。
供養方法については、永代供養墓を運営する寺院や霊園の考え方が強く反映されていたり、宗派によって多岐にわたっています。
仏教で多くみられる一般的な供養方法は、毎年の春彼岸、お盆、秋彼岸に合同法要を行う場合が殆どです。他にも申込者の要望が有れば祥月命日や年回忌に別途費用で供養を行うケースもあります。供養の回数に関しては、年一回の供養祭を行うところ、毎月法要を営むところ、毎日行うところと違いは有りますが、読経、献花、焼香、供物などは共通した供養の仕方になります。
永代供養墓を経営するお寺で、申込者の宗教を一切問わないところも数多くありますが、供養に関しては、お寺が属する宗旨・宗派の法儀で行われ、勝手に他宗教・他宗派による法要を営むことは禁止されています。

まごころ価格のハンドブック

ハンドブックで選ぶお墓のオーダーメイド

伝統的な和型やスタイリッシュな洋型デザイン。
そして世界各国をはじめ日本から厳選された高品質みかげ石を組み合わせて、世界にひとつだけのオリジナル墓石をお作りすることができます。
まずは無料ハンドブックをお取り寄せください。