no-image

離檀料

墓じまいをして檀家を離れる場合、「離檀料」をお寺にお渡しするのが通常です。

離檀をする際にお金がかかるということについて法的なものがあるわけではありませんが、慣習上はこれまでお世話になったお寺へのお礼として「離檀料」をお渡しするとされています。

 

「離檀料」もお布施の一種で、「いままでお世話になった気持ち」ということになりますが、

法要2回~3回分のお布施をお渡しするのが目安だと言われています。

金額にすると10万円から20万円程度といったところでしょう。

 

中には高額な離檀料を要求されて、離檀を妨害されたというトラブルもあるようです。

レアケースだと思いますが、数百万円の離檀料を要求されたという話も聞きます。

こういったトラブルになる背景には、離檀に至るまでの経緯において感情的なもつれがある場合も多いように思います。

急な話をするのではなく、早め早めにお寺に相談をして礼儀を尽くせば、このようなトラブルになることはほとんどないと思われます。

 

また、離檀と魂抜きなどの法要には、それぞれ別のものとしてその都度お布施をお渡しすることになります。

 

まごころ価格のハンドブック

ハンドブックで選ぶお墓のオーダーメイド

伝統的な和型やスタイリッシュな洋型デザイン。
そして世界各国をはじめ日本から厳選された高品質みかげ石を組み合わせて、世界にひとつだけのオリジナル墓石をお作りすることができます。
まずは無料ハンドブックをお取り寄せください。