まごころ価格の知恵袋
CHIE BUKURO

重要なお知らせ
2018.6.18

大きな地震や余震があった時は絶対にお墓に触れないようにしてください。

まごころ価格の知恵袋

お墓は、お石塔の形から「和型」「洋型」「デザイン型」と呼ばれるタイプがあります。

和型のお墓

和型は「これぞお墓!」という、日本人にはお馴染みの三段型、または四段型。一番上に鎮座する「棹石」はタテ長の角柱です。

和型を選ばれるお客様は、やはり、これまでご先祖様のお墓として見慣れているぶん、安心感を持たれるようです。

代表的な和型のお墓の彫刻デザイン

お題目の彫刻もしっくりくるため、日頃からお寺さまとお付き合いされているご家族もこちらを選ばれることが多いようです。

  • 南無阿弥陀仏
  • 倶會一処
  • 先祖代々之墓
  • 南無妙法蓮華経
  • 妙法蓮華経
  • ○○家之墓
  • ○○家奥津城

洋型のお墓

洋型のお墓は、棹石(竿石)が平たく横幅が広いカタチが基本になります。和型のお墓と比べると背が低いため地震に強く、またお掃除などもしやすくなります。

「おしゃれ」「芝生墓地に合う」という理由から、最近人気があるのが洋型のお墓です。花の彫刻や樹木の彫刻(桜の彫刻や梅の彫刻など)も良く似合います。

家族構成という面から一つアドバイスさせていだけるなら、「分家初代で子どもさんが娘さんお一人」という場合、洋型のお墓の方が適していると言えるかもしれません。

娘さんがお嫁に行くとなると、名字が変わる可能性も出てきます。将来を考えますと、お墓の正面には○○家ではなく、「ありがとう」「心」「やすらぎ」などお好きな言葉を入れていただくことをお勧めします。そのような文字を刻むととても柔らかな雰囲気のお墓になります。

もちろんお好みからお選びいただくことが前提ですが、代々引き継がれていくお墓ですから、できる範囲で次に守る方々の状況も見据えつつ、選択されることがベストかと思います。

デザイン型のお墓

和型と洋型、それぞれの良さを取り入れたオリジナルデザインの「和洋型のお墓」もご用意いたしました。このタイプであれば、どのような文字を彫刻していただいても調和がとれるかと思います。

無料のお墓のカタログで一度お墓のデザインを見てみてください

和型や洋型のお墓によく合う様々な彫刻デザインを載せていますので、一度カタログの「文字彫刻」のページをご覧ください。

【無料のお墓のカタログ請求はこちらのページ】

「ウチはどのタイプが合っているの?」といったご相談や、「こんな彫刻がしたい!」というご希望も、経験をもとにアドバイスできますので、フリーダイヤルやメールでお気軽にお問い合わせください。

お墓のデザインは主として次の3種類に分けられます。

  1. 和型
  2. 洋型
  3. オリジナルの墓石デザイン

和型は日本の伝統的な墓石の形で基本的に縦長です。
それに対して洋型は横長でモダンな雰囲気を持っています。
オリジナルの墓石デザインは洋型から派生したもので、自由にデザインされたオブジェのようなお墓のことです。

デザインはどう選ぶ?

墓石のデザインについては、公営霊園であれば、霊園の規定に沿う必要があります。また、寺院の墓地であれば、あらかじめお寺のご住職様と相談することをオススメします。なぜかというと宗派による規定や慣習の問題もありますし、お寺の所有者であるご住職のお考えを無視してしまうと後々トラブルになることもあるからです。

そうした制約がなければ自由に選んでよいでしょう。お墓を建てる施主様のお好みで選んでも、納骨される故人を思い浮かべながら選ぶのもよいことです。お墓のデザインは原則として自由なのです。

和型・洋型・デザイン型の各デザインのポイントやメリット

和型の墓石

design06

和型は伝統に裏付けられたデザインが特長です。いつ見ても飽きが来ず、郷愁を感じさせます。縦長なので正面に縦書きで文字を彫刻するのに適した形ともいえるでしょう。

洋型の墓石

design07

和型と洋型を比較すると、洋型は高さが低く、安定性が高いため地震に強いといわれています。
また、高さが低いということでいえば、墓石の上に手が届きやすく、墓参時のお掃除やお手入れも洋型のほうがしやすいということがメリットです。

最近の傾向としては、お客様の6~7割は洋型をお選びになっています。

和型を選ぶ方は周囲のお墓に和型が多く、洋型を選ぶ方は周囲のお墓に洋型が多い、という傾向もあります。やはり、お客様はご自分の好みとともに、周囲との調和もよくお考えになっているようです。

文字彫刻の決め方

和型の場合

design01

和型の場合は文字彫刻面が縦に細長いので「○○家之墓」「先祖代々之墓」などの家名、あるいは宗派のお題目、ご真言などを書くのが主流になります。

まごころ価格ドットコムの場合は、カタログに彫刻する文字の例を掲載しており、これらから選ぶことができます。

洋型の場合

design02

洋型の場合は文字彫刻のできる盤面が横長の長方形ですので、自由度が非常に高くなります。「○○家之墓」だけでなく、「和」、「絆」、「ありがとう」などの言葉や、好きな詩の一節を彫ったもの、イラスト彫刻もよく見かけます。

オリジナルの墓石デザイン

和型にも洋型にも分類されない個性的なお墓がオリジナルの墓石デザインのお墓です。墓石の形も文字彫刻も個性的なものがつくられています。実はまごころ価格ドットコムではお客様オリジナルデザインのお墓をつくることも可能です。「こんなお墓にしたい!」というアイデアをお持ちでしたら、そのご要望をお伺いして墓石のデザインをご提案いたします。

彫刻

design03

洋型またはオリジナルの墓石デザインの墓石にはイラスト彫刻が施されることもあります。モチーフは花や鳥など自然のものが多く、また、お客様が描かれた線画のイラストを元に彫刻したものもあります。

まごころ価格ドットコムの場合は、彫刻代もすべてセット価格のなかに含まれていますので、ご安心ください。

墓石の呼称

design04

(1)竿石(さおいし)
お墓の一番上にある石で、墓石の中で最も大切な石です。「先祖代々之墓」「○○家」「ありがとう」などの文字やイラストなどを彫刻します。
(2)上台(じょうだい)
竿石の下に位置し、竿石を支えている石です。和型の場合、この部分に家紋を彫刻することもできます
(3)中台(ちゅうだい)
お骨壷を納めるカロート(納骨室)の上に位置する石です。水鉢や花立などに隠れてしまうので、この部分には彫刻をすることは滅多にありません。
(4)芝台(しばだい)下台(しただい)
かつて地面に直接お墓を乗せていた頃、墓石を汚れから守るために置かれていた石です。現在でもお墓の景観をよくするために、カロート(納骨室)の一部として残されています。
(5)水鉢(みずばち)
仏様ののどの渇きを癒すためにあります。地域によってはないこともあります。
(6)香炉(こうろ)
お線香をお供えするためのものです。宗派によってお線香を立てる宗派、寝かせる宗派があります。また、地域によって違いがあることもあります。
(7)花立て
お花を供えるためのものです。花立に家紋や「○○家」と彫刻することもできます。
(8)墓誌(ぼし)、霊標(れいひょう)、法名碑(ほうみょうひ)
亡くなった方の戒名や法名を彫刻する板です。
墓誌がなくても石塔に彫刻することもできます。
(9)塔婆立(とうばだて)
木製の塔婆板を立てるものです。
使うかどうかは自由ですが、宗派よっては使われない場合もあります。
(10)外柵(がいさく)、巻石(まきいし)
隣とのお墓との区切り、領域を明確にする役割があります。
この外柵の下にはお墓の土台となる基礎をつくります。
(11)灯篭(とうろう)
仏様に明かりを捧げるのは最高の供養になることから灯篭をお付けすることもあります。
(12)お地蔵様(おじぞうさま)
お地蔵様は水子供養のためにつけられる場合が多く、他には厄除けなどのためにつくることもあります。
(13)物置石(ものおきいし)
お墓参りの時に手荷物を置くために設置します。

まごころ価格ドットコムのカタログには文字の彫刻やデザインのことについて詳しくまとめたページがございます。

【お墓づくりのカタログ】こちらのページから無料でご請求いただけます。
カタログは本体も送料も無料ですので、お墓づくりをご検討中の方はお気軽にお取り寄せください。

1 / 11