まごころ価格の知恵袋
CHIE BUKURO

重要なお知らせ
2018.6.18

大きな地震や余震があった時は絶対にお墓に触れないようにしてください。

まごころ価格の知恵袋

突然ですが、所変われば品変わるということわざがあるように、お墓もとなりの町、となりの県からみれば当たり前のことが、当たり前ではなくなるということがあります。

納骨の方法

例えば関東では、故人のお骨は骨つぼに入れたままお墓に収めます。

「え…?それって普通でしょ?」と思われるかもしれませんが、例えば、東北地方を中心にした地域では「仏さんは土に還す」という意識が強いため、焼骨は骨つぼに入れた状態ではなく「カロート」(お墓の納骨室の部分)に直接空けられます。

そのため、カロートの下はコンクリートが敷かれず土のままになっています。

お墓参りの仕方

また、お墓参りでお線香をあげることは一般的ですが、北海道や東北地方などでは、さらにロウソクを灯します。

もともとは仏教のお灯明「お釈迦様がこの世のすべてを照らす知恵」からきているようですが、ロウソクは「ご先祖さまの目」と考えられています。

ですから、この地域では当然、お墓の両端2カ所に「ロウソク立て」があります。

狭い日本ですが、地域によって、お墓もいろいろだったりするんですね。

その土地の風習に合ったそれぞれのカタチ

同じような外見だとしても、見える部分見えない部分で、その土地の風習に合ったそれぞれのカタチがあるのです。

お住まいの場所の風習や、お墓の形状などについて、その地域の建て方を把握している職人が心強い味方となります。

地域や各宗派の違いなどが気になられた方は、どうぞフリーダイヤルまたはメールにてお問い合わせください。

1 / 11