本日のまごころ職人
CLAFTMAN

京都府京田辺市田辺にある共同墓地でのお墓づくり

本日は京都府京田辺市田辺にある共同墓地にてまごころ職人が施工したお墓をご紹介します。

 

 

ブロック塀と巻き石が既に設置してある状況からお墓づくりが始まりました。

 

 

巻き石の中を掘り下げて砕石を敷きました。中央の四角い部分が納骨室になります。

砕石を敷いたら地盤を叩き締め固めていきます。

 

 

格子状に鉄筋を組みコンクリートを流し込むと基礎工事の完了です。コンクリートが充分に固まる

まで待ちます。

 

 

石積工事が始まりました。

納骨室の枠となる石を据え付けて、砂を敷きました。周りは砕石を敷き詰めています。

お墓の完成後は見えづらくなるなってしまう部分ではありますが、細部まで丁寧にお作りしています。

 

石材の隅々を錆びに強いステンレスのL字金具をしっかりと留めています。

 

 

石材と石材が重なる部分には免震シートを挟み、地震対策を施します。

 

 

 

お参りスペースにある波のような模様は表面をザラザラにすることで滑り止めの効果を持たせました。

全面を石張りで仕上げているので雑草になども生えにくくお手入れがしやすいデザインです。

伝統的な和型のお墓が多い墓地の中に、存在感のある洋型のお墓が完成しました。

 

 

※個人情報保護の為、お名前のわかる文字彫刻は画像処理で消しています