本日のまごころ職人
CLAFTMAN

京都府京都市左京区にある寺院墓地でのお墓づくり

本日は京都府京都市左京区にある寺院墓地にてまごころ職人が施工したお墓をご紹介します。

 

 

基礎のコンクリートが固まったので石積工事を始めます。

小さな区画でも基礎工事は規定の基準でお作りします。

 

 

納骨室となる土台部分と塔婆立ての柱を据えつけました。

 

順番に石材を積んでいきます。

石材同士が重なる部分には免震シートと耐震ボンドを挟んで地震対策を施します。

 

 

棹石の据付を行い、いよいよお墓が完成します。

 

淡いピンク色が特徴の桜御影石の石塔と白御影石の外柵でお作りしたお墓が完成しました。

2種類の石種を使用しているので立体感のあるデザインになっています。左右の花の彫刻が桜御影石の色合いにとても似合っていて優しい印象です。

伝統的な和型の多い寺院墓地でも洋型のお墓を立てる方が増えています。土台部分の高さを工夫することで石塔が高くなくても存在感のあるお墓に仕上げることが出来ます。

 

ハンドブックのデザイン以外でも墓地の状況に合わせて最適なお墓をお作りできるよう様々なご提案をいたします。

こんなお墓を建てたいというイメージがございましたら、お気軽にご相談くださいませ。

 

 

※個人情報保護の為、お名前のわかる文字彫刻は画像処理で消しています