本日のまごころ職人
CLAFTMAN

兵庫県宝塚市下佐曽利にある宝塚すみれ墓苑でのお墓づくり

本日は兵庫県宝塚市下佐曽利にある宝塚すみれ墓苑にてまごころ職人が施工したお墓をご紹介します。

 

 

基礎工事が終わり、いよいよ石積工事が始まります。

お墓の手前やカニクレーンの下は通路を傷つけないように養生しました。

 

基礎コンクリートの上に石材を据え付けて行きます。

石材の隅々はステンレス金具で留めてズレを防ぎます。

 

納骨室には砂を敷き詰めました。

石材同士が重なる部分には免震シートを挟んでいます。この特殊なゴムシートが地震の揺れを軽減し、大切なお墓をお守りします。

 

石材同士の隙間に汚れなどが入り込まないようにシーリング剤を充填します。丸みのある箇所は特に慎重にマスキングテープで養生をしてから作業を行います。

 

五色玉砂利を敷いて石積工事が完了しました。

丁寧に引かれたシーリングのラインもデザインを引き立てる一部になっています。

 

お石塔の手前の板石は納骨室の蓋も兼ねています。左右に手をかけるための窪みがございますのでご家族でご納骨をすることも可能です。

 

 

中央に十字架を彫刻した印象的なお墓が完成しました。外柵の高さにや厚みに変化をつけることで重厚感のあるデザインとなりました。

 

 

※個人情報保護の為、お名前のわかる文字彫刻は画像処理で消しています