本日のまごころ職人
CLAFTMAN

重要なお知らせ
2020.9.5

Life.(ライフドット)から取材を受けました。

千葉県松戸市田中新田にある八柱霊園でのお墓づくり

本日は千葉県松戸市田中新田にある八柱霊園にてまごころ職人が施工したお墓をご紹介します。

 

基礎コンクリートが充分に乾いたら型枠を外して、石積み工事を始めます。

 

 

外柵から据え付けていきます。

基礎コンクリートと石材の間にはステンンレスの丸棒と耐震ボンドを併用し、石同士がズレないようにしっかりと固定します。

 

お参りスペースには砕石を敷き詰め、踏み石を設置する部分にはベースとなるモルタルを均します。

 

 

竿石をクレーンで慎重に吊り上げながら設置していきます。石材が上下に重なる部分には、黒いゴム状の免震シートを挟んで地震対策を施します。

 

 

石材同士の隙間に汚れなどが入り込まないようにマスキングテープで養生してからシーリング処理をします。小さなコテで表面を滑らかに整えてきます。

 

 

お参りスペースに五色玉砂利を敷き詰めてお墓が完成しました。白御影石を使用しているので明るい印象になっています。

竿石の家名と中央の家紋の彫刻がはっきり見えるよう白入れをしております。

こちらのデザインは全体の高さを抑えているのでお手入れがしやすく、広々と見えるのでコンパクトな区画をお持ちのお客様に多くお選びいただいております。

 

 

 

※個人情報保護の為、お名前のわかる文字彫刻は画像処理で消しています