本日のまごころ職人
CLAFTMAN

千葉県松戸市田中新田にある八柱霊園でのお墓づくり

本日は千葉県松戸市田中新田にある八柱霊園にてまごころ職人が施工したお墓をご紹介します。

 

 

基礎のコンクリートが充分に固まったことを確認して石積工事を始めます。

真ん中の四角い土の部分は納骨室になります。左右の丸い穴は水抜き穴です。土に面した部分を残しているので雨が地中に浸みこみお墓に水が溜まらないようになっています。

 

 

石材を据えつけていきます。

石材の隅々にはサビに強いステンレス金具を取り付け、しっかり固定しています。

 

 

納骨室の様子です。

お骨壷を安定して納める為に板石を設置しました。

手前には砂を敷き詰めています。納骨スペースがいっぱいになった時にはご遺骨を土に還すことも出来ます。

 

 

石材が上下に重なる部分には、黒いゴム状の免震シートを挟んで地震対策を施します。

この黒い特殊ゴムシートが地震の揺れから大切なお墓を守ります。

 

 

石塔の周りに玉砂利を敷き均して石積作業が完了しました。

大きく彫刻された「和」の文字に故人への思いが伝わってくるようです。外柵に白い御影石、石塔にはグレーの御影石をお選びいただきました。柔らかなコントラストで優しい印象に仕上がりました。

 

 

 

※個人情報保護の為、お名前のわかる文字彫刻は画像処理で消しています