本日のまごころ職人
CLAFTMAN

お知らせ
2021.11.6

本日(11/6)の日経新聞に墓じまい記事が紹介されました。

埼玉県川口市にある地域の墓地にてお墓づくりです

本日のまごころ職人のお墓作りは、埼玉県川口市にある地域の墓地にて基礎工事から石積み工事です。

【工事着工前の状況です】

これから基礎工事着工開始です。

 

 

 

【根彫り工の状況です】

地通路面から約30センチほど掘り下げていきます。

 

【転圧工後の状況】

根彫り工が終えましたら、約10センチくらいの厚さで砕石を敷き詰め、ランマという重機で転圧(地固め)を行います。こちらの工程は地味に見えますが特に重要な工程になります。

 

【型枠取り付け・配筋工の状況です】

転圧工が終えましたら、今度は型枠を組んでいきます。こちらの型枠はコンクリートが外に流れ出ないようにするためです。また、コンクリートだけだと引っ張り強度に弱いため、10ミリの異形鉄筋を20㎝間隔で配筋いたします。鉄筋の下に置いてある黒く四角い物はスペーサーとよばれている物です。鉄筋を浮かせることによりコンクリートが鉄筋の下に潜り込みやすくするためです。

 

【生コン打設工の状況です】

生コン打設完了です。この後、充分に養生し、コンクリートが固まったら型枠を外して完成です。後日に型枠を取り除いて、石積み工事となります。

 

<この後いよいよ石積み工事に入ります>

【型枠取り外し後の状況です】

先日行った基礎コンクリートが乾いたので型枠を外しました。中央付近の土の部分ですが、こちらはカロート(納骨室)になる部分です。

 

 

【石積み工事着工の状況です】

土台となる巻石部分から石を組んでいきます。

 

【もっとも大切な部分になる納骨室の状況です】

地上型カロートタイプで、納骨室は2階建てとなります。また、石材を据え付ける際は、重要ヵ所や四隅には錆に強いステンレスのダボピンを取り付けてしっかりと固定していきます。

 

 

【地震対策の免振シート取り付け状況です】

こちらの黒いゴムシートは免震の効果の働きをするものです。【まごころ価格ドットコム】のお墓づくりでは必ず使用しております。
石材用の耐震ボンドとゴムシートで、後々見えなくなる部分もしっかり施工していきます。

 

【お墓の完成です】

白御影石を使用することにより、温かい雰囲気にも見えつつ重厚感のある洋型墓石に仕上がりました。お墓の入り口左右にある部分は、腰を下ろして休みこともできますし、手荷物等を置く物置としても使用できます。

 

 

 

※個人情報保護のため、お名前がわかる文字彫刻は画像処理で消しています。

私たち「まごころスタッフ」が皆さまのご供養をお手伝いさせていただきます。

あなたにあったご供養のかたちを。

たくさんの思い出を重ねた、大切なご家族のためのお墓。
忙しい毎日、心のどこかで気になっている故郷のお墓。

亡くなった方を想うご供養のかたちは人それぞれです。
ひとつひとつ丁寧に時間をかけたい方。忙しくてなかなかお時間に余裕のない方。少子高齢化が加速する日本においては、新たなご供養のかたちが求められているのも現実です。

まごころ価格ドットコムでは、皆さまのさまざまなご要望やベースにあわせたご供養のご提案をさせていただき、ご満足いただけるよう全力でお手伝いいたします。

墓つくり、墓彫刻、墓じまい。

3つのまごころサービスで、皆さまのご供養が最上のかたちとなるよう寄り添ってまいります。

東京・千葉・神奈川など首都圏はもちろん日本全国のお客様へ、信頼と満足を提供し続けることが私たちの使命です。