本日のまごころ職人
CLAFTMAN

重要なお知らせ
2020.6.4

まごころ価格ドットコムの記事がyahooニュースで紹介されました。

大阪府寝屋川市の公営霊園にて石積み工事です

タグ

大阪府

本日のまごころ職人のお墓作りは大阪府寝屋川市の公営霊園にて石積み工事です。

本日の石月工事は、既存の巻石(囲い)を利用しての工事になります。石積み工事を行う前に既存の巻石の手直し補強から行う事になります。

 

【補強状況】

既存の巻石(囲い)がズレないように、金具や墓石用接着剤等できちんと補強していきます。この土台部分がズレると後々に影響いたしますので、何度も図面を確認しながら進めていきます。新しく施工するより難しい工事になり、熟練した職人の腕の見せ所でもあります。

 

 

【現場調整状況】

既存の巻石(囲い)と新しい石材(部材)を組み合わせるとなると、寸法どおりにいかないこともあります。そのような場合は現場で部材の微調整を行います。石は木材のように切ることができないので大変な作業になります。

 

 

【納骨室の状況】

納骨室がお墓のセンターになるよう計算しながら石材を据えていきます。こちらの納骨室も補強金具や墓石用接着剤、耐震ボンド等で補強しながら施工していきます。使用する金具は錆に強いステンレス製の金具になります。写真ではわかりずらいと思いますが、実は縦の石材と横の石材とが組み込むように加工されております。

 

【納骨室の立ち上がり部分の施工】

ようやく立体的になりました。納骨室の天端(上場)にも墓石用免振シートを設置しております。

 

 

【お石塔の据え付け状況と免振シート設置状況】

メインとなるお石塔の設置になります。黒色をしたシート状の物が墓石用免振シートになります。こちらの免振シートは地震による揺れの力を軽減させ、お墓の倒壊を防ぐ役割をしております。こちらも石材が組み合うように凹凸の加工をほどこしております。この後、お墓の完成になります。

 

 

【お墓の完成です)

お墓のデザインは歴史ある五輪塔になります。五輪塔はお墓の原型とも言われているそうですよ。既存の巻石を利用して新たなお墓の完成です。高級石材の黒系御影石を使用することにより重厚感のあるお墓に仕上がりました。囲い部分と納骨室との間に五色玉砂利を敷き詰めることにより、和の雰囲気が協調されますね。

 

 

※個人情報保護の為、お名前のわかる文字彫刻は画像処理で消しています。