本日のまごころ職人
CLAFTMAN

大阪府豊中市にある公営霊園にて基礎工事です

本日のまごころ職人のお墓作りは大阪府豊中市の公営霊園にて基礎工事です。

【工事着工前の状況です】

これから基礎工事着工開始です。

 

【根彫り工の状況です】

地通路面から約30センチほど掘り下げていきます。
中央付近の残してある部分は納骨室にあたる部分です。

 

【転圧工の状況です】

根彫り工が終えましたら、今度はランマという重機で転圧(地固め)を行います。その後、約10センチくらいの厚さで砕石を敷き詰め、もう一度転圧を行います。
こちらの工程は地味に見えますが重要な工程になります。

【型枠取り付け・配筋工の状況です】

転圧工が終えましたら、今度は型枠を組んでいきます。こちらの型枠はコンクリートが外に流れ出ないようにするためです。また、コンクリートだけだですと、引っ張り強度に弱いため、10ミリの異形鉄筋を20㎝間隔で配筋いたします。鉄筋の下に置いている白く四角い物はスペーサーとよばれている物です。鉄筋を浮かせることによりコンクリートが鉄筋の下に潜り込みやすくするためです。

 

【生コン打設工の状況です】

生コン打設完了です。
4つある丸い円柱状のところですが、この部分は水抜きの役目をする部分になります。
この後、充分に養生し、コンクリートが固まったら型枠を外して完成です。
型枠を取り除いて、石積み工事となります。