本日のまごころ職人
CLAFTMAN

大阪府豊中市にある公営霊園にて石積み工事です

本日のまごころ職人のお墓作りは大阪府豊中市の公営霊園にて石積み工事です。

【石積み工事着工前状況です】

基礎コンクリート部分も十分に乾いたので、今度は石積み工事を行います

 

【L字金具の取り付け状況です】

囲い(外柵)部分の石材がずれないように囲いの四隅をL字金具で固定します。使用する金具は錆に強いステンレス製になります。

 

 

【納骨室の状況です】

納骨室を横から移しております。左側はお墓の後方になり、右側はお参り部分になります。ご納骨をされる際、ご遺骨をお骨壺から取り出して、晒の袋等に入れ替えてご納骨する地域では、納骨室全体を砂や土で仕上げることが多いです。

 

【敷石(石張り)部分の据え付け状況です】

お参りスペース(参道)部分に石を敷いているのですが、石とモルタルがきちんと接着するようにトロを流し込み、少し傾斜をつけて据えていきます。傾斜をつけるのは熟練した職人の技法のひとつです。

 

【免振施工状況です】

お石塔の四隅に敷いてある黒いシート状の物が地震対策の免振工法になります。まごころ価格ドットコムでは地震の揺れによる倒壊を防ぐため、
全てのお墓に墓石用特殊ゴムマットを標準でお付けします。

 

【お墓の完成容共です】

様々な工夫を凝らし、上下蓮華付きの洋型墓石が完成いいたしました。お墓の左右を玉砂利仕上げにすることにより、御影石の良さを引き立てているように見えますね。