本日のまごころ職人
CLAFTMAN

大阪府高槻市の基礎工事

本日のまごころ職人のお墓づくりは大阪府高槻市にて基礎工事です。

工事着工前の状況です。
更地の状態からの工事になります。

 

根彫り工の状況です。
根彫りの深さは更地の地面(通路面)から約30センチ掘り下げます。
掘削を終えたら次は、ハンドランマー(通称、二手タコ)で転圧をいたします。

場所によってっはエンジン付きのランマーで転圧を行いますが、
状況により、人力で行います。

 

砕石入れの状況です。

1回目の転圧工程が終えましたら、
次に砕石を敷きます。
敷き厚は約10センチ程敷き詰めます。
その後、ランマなどで十分に転圧をし、基礎地盤としての支持力を図ります。

どの工程も重要ですが、地固めは特に重要です。

 

配筋工の状況です。

コンクリートは圧縮強度に比べて引っ張り強度が極めて小さく、
ひび割れが入りやすいので約15cm~20cm間隔で鉄筋を配筋いたします。

鉄筋がが地面に接触しないように砕石と鉄筋の間にスペーサーを置きます。

 

コンクリート打設工の状況。

高さ調整を行いながら、コンクリートを打設いたします。
一定期間養生いたします。
数日後型枠を外して完成です。