本日のまごころ職人
CLAFTMAN

山口県下関市彦島にある彦島南霊園でのお墓づくり

本日は山口県下関市彦島にある彦島南霊園にてまごころ職人が施工したお墓をご紹介します。

 

既存の納骨室に合わせた基礎工事

こちらの霊園には決まった形のカロート(納骨室となる穴)が設置されていました。
T字の形をしたカロートの形状にあわせたデザインのお墓を建てていきます。

 

延べ石を据付ていると様子 石材同士をL字金具で止めました

モルタルで高さを調節しながら延べ石を据えつけていきます。

石材の隅々をL字金具でしっかりと止めて、地震などの揺れで歪みやズレが生じないようにしています。

 

石材をつるすクレーン カニクレーンで石材を吊るしているところ

クレーンを使用して石材を積んでいきます。

カニのように足を広げてバランスをとるのでカニクレーンとも呼ばれています。

通路の状況に合わせて足を伸ばすことが出来るので、このような狭い通路のお墓づくりには心強い見方です。

舗装されていない通路などでは使用することが出来ないので、お墓の前の通路だけでなく駐車場からのルートも事前に確認をしてから工事へ向かいます。

 

積み上げた石材の高さを確認しています

石材を1段積み上げるごとに向きや角度を丁寧に確認します。

石材に貼られた黒いシートは地震の揺れを逃がす免震シートです。特殊なゴムシートを石材が上下に重なる部分に挟んで地震対策を施しています。

 

雨水の浸入を防ぐシーリング

石材同士の隙間に雨水や汚れなどが入り込まないようにシーリング剤を充填し、へらを使って表面を整えていきます。

 

板石を敷いている職人

お参りスペースの板石を敷き終わるといよいよ石積工事が完了します。

 

墓誌を設置してお墓が完成しました

区画の状況に合わせてオリジナルのデザインでお作りしたお墓が完成しました。

淡い色の墓石は彫刻文字に黒色を入れると引き締まった印象になりますね。

 

※個人情報保護の為、お名前のわかる文字彫刻は画像処理で消しています。