本日のまごころ職人
CLAFTMAN

重要なお知らせ
2020.3.20

本日、読売新聞・朝日新聞で墓じまいのご案内をさせていただきました!

岐阜県各務原市那加扇平にある瞑想の森でのお墓づくり

本日は岐阜県各務原市那加扇平にある瞑想の森にてまごころ職人が施工したお墓をご紹介します。

 

基礎工事が終わり、いよいよ石積み工事が始まります。

まずは土台となる石材を据え付けて納骨室をお作りします。

きれいな砂を敷き均し、お骨壺を安定してお納めできるように板石を設置しました。

 

 

石材の隅々にはサビに強いステンレス金具を取り付け、しっかり固定しています。

 

ステンレス心棒も使用して石材を積み上げていきます。

 

丘カロートと呼ばれる納骨室は十分な広さがあるので、多くのご遺骨をお納めすることが出来ます。

 

石材が上下に重なる部分には、黒いゴム状の免震シートを挟んで地震対策を施します。

この黒い特殊ゴムシートが地震の揺れから大切なお墓を守ります。

 

石材同士の隙間に汚れなどが入り込まないようにマスキングテープで養生してからシーリング処理をします。

 

丘カロートのデザインのお墓が完成しました。

石材には深みのある青色が特徴の康美青を使用しております。深みのある色なので桜の彫刻がより一層華やかに見えます。

お天気や光の当たり具合によって石の色は表情が変わります。

お好みの石サンプルをお取り寄せいただいた際には、是非自然光の下でお色を見てみてください。

 

※個人情報保護の為、お名前のわかる文字彫刻は画像処理で消しています