本日のまごころ職人
CLAFTMAN

愛知県春日井市にある寺院墓地のお墓づくり

本日は、愛知県春日井市にある寺院墓地でまごころ職人が施工したお墓づくりをご紹介します。

 

外柵下部の巻石を調整モルタルで高さを調整します。水平器で勾配を見ながらプラスチックハンマーで据え付けしていきます。

 

巻石の四隅は、ステンレス製のL型金具とアンカーボルトで石同士を強固に固定します。

 

外柵の上下についても、やはりステンレス製の丸棒を差し込んで地震の際にズレが生じないようにします。

納骨室内部の底には、白御影石の棚板を設置します。棚板の上に骨壺を安置する作りになっています。

 

外柵の天板をユニック車のクレーンで布製のベルトを用いて慎重に吊りながら丸棒の位置を調整し、石材用のボンドを充填して据え付けします。

 

石材と石材の間には長年建設現場で使用してきた黒色の四角いシート(ブチルゴム)を挟み込んで積み上げていきます。このシートが大切なお墓を地震から守ります。

 

彫刻を施した仏石(竿石)を据え付ける際には、プラスチックハンマーで叩き込んで前後左右の位置調整を行います。

 

正面の彫刻には、仏石の左下と右上には梅と菖蒲を配置しました。シンプルなデザインに中間色のグレー御影石がマッチした素敵な洋型のお墓の完成です。

 

※個人情報保護の為、お名前のわかる文字彫刻は画像処理で消しています。