本日のまごころ職人
CLAFTMAN

東京都あきるの市にある共同墓地のお墓づくり

本日は、東京都あきる野市にある共同墓地のお墓作りをご紹介いたします。

 

解体工事が終わって基礎工事のコンクリート養生を十分に行い強度が出てきたら、いよいよ石積工事に入ります。

お墓の土台部分になる外柵の石はモルタルで高さと水平を調整しながら据え付けていきます。

 

外柵の石同士の繋ぎ目には地震の揺れに備えてステンレス製のL型金具を使用して頑丈に固定します。

 

塔婆立ても同じ御影石でつくりました。石材専用の接着剤を使用しながら組み立てていきます。

 

石塔の石と石の間には、建設業界でも長く使用してきた免震用のブチルゴムを挟んで大切なお墓を地震の揺れから守ります。

 

石同士の隙間には、水色のテープで養生してコーキングを充填して雨水の侵入等を防ぎます。

 

解体時にお預かりしていたお遺骨を施工途中に事前に納骨します。

 

赤茶色の中国マホガニー石と白御影石のツートンカラーが洋型のお墓にとてもマッチしています。

石塔の両脇に敷き詰めた白那智石との相性も抜群です。

 

お墓が完成した後に、お客様からのご依頼で通路にコンクリートを打設して完成です。

周りのお墓には無いシックな洋型のお墓が完成しました。

 

※個人情報保護の為、お名前のわかる文字彫刻は画像処理で消しています。