本日のまごころ職人
CLAFTMAN

お知らせ
2021.11.6

本日(11/6)の日経新聞に墓じまい記事が紹介されました。

東京都府中市多磨町にある多磨霊園でのお墓づくり

本日は東京都府中市多磨町にある多磨霊園にてまごころ職人が施工したお墓をご紹介します。

 

代々受け継がれてきたお墓を解体して新しいお墓に建て替えします。

どのように変わるのか楽しみですね。

 

左の写真は先日完了した基礎工事の様子です。

数日が経過しコンクリートが充分に乾いたら、いよいよ石積み工事が始まります。

お墓を囲う石材から順番に据え付けていきます。

 

石材の隅々にはサビに強いステンレス金具を取り付け、しっかり固定していきます。

 

納骨室にはお骨壺を安定して納められるよう板石を設置しております。

手前にはご遺骨を土還せるようなスペースを設けております。お墓の建て替えで多くのご遺骨がある場合は、板石を設置する前にご遺骨を土に埋めることもあります。

 

竿石を設置する様子です。

四隅に見えるのは地震の揺れを軽減する免震シートです。石材同士が上下に重なる部分にはこちらのシートを挟み、地震対策を施しています。

 

敷地内いっぱいに玉砂利を敷いて、すべての工程が完了です。

高さのある和形のお墓から、白御影石を使用した明るい印象のお墓に生まれまわりました。段差の少ない広々とした外柵と高さを抑えた洋型の竿石で、お手入れしやすくなりました。

 

 

※個人情報保護の為、お名前のわかる文字彫刻は画像処理で消しています

 

私たち「まごころスタッフ」が皆さまのご供養をお手伝いさせていただきます。

あなたにあったご供養のかたちを。

たくさんの思い出を重ねた、大切なご家族のためのお墓。
忙しい毎日、心のどこかで気になっている故郷のお墓。

亡くなった方を想うご供養のかたちは人それぞれです。
ひとつひとつ丁寧に時間をかけたい方。忙しくてなかなかお時間に余裕のない方。少子高齢化が加速する日本においては、新たなご供養のかたちが求められているのも現実です。

まごころ価格ドットコムでは、皆さまのさまざまなご要望やベースにあわせたご供養のご提案をさせていただき、ご満足いただけるよう全力でお手伝いいたします。

墓つくり、墓彫刻、墓じまい。

3つのまごころサービスで、皆さまのご供養が最上のかたちとなるよう寄り添ってまいります。

東京・千葉・神奈川など首都圏はもちろん日本全国のお客様へ、信頼と満足を提供し続けることが私たちの使命です。