本日のまごころ職人
CLAFTMAN

お知らせ
2021.11.6

本日(11/6)の日経新聞に墓じまい記事が紹介されました。

東京都府中市多磨町にある多磨霊園での基礎工事

タグ

基礎工事

本日は東京都府中市多磨町にある多磨霊園にてまごころ職人が施工したお墓をご紹介します。

 

 

今回は最近増えている、古いお墓からの建替え工事です。

代々受け継がれてきた大切なお墓ですが、外柵などの劣化が目立ってきたので新しいお墓に建て替えをすることになりました。

古いお墓では地震対策が不十分な場合もあり、大きな地震が起こると倒壊する危険性もあります。新たな技術での地震対策に関心を持たれて、建て替えを検討される方が増えております。

 

まずは古いお墓を解体して更地に戻します。

愛着のあるお墓が無くなることに寂しさもありますが、新しいお墓への期待が高まります。

 

通路面から約30センチメートルほど掘り下げた後、大きさの違う石を二層に重ねて敷き詰め地盤を叩き締め固めていきます。

 

約20センチ間隔で鉄筋を組んでいきます。鉄筋の下にはピンコロ石のスペーサを置き、地面から浮かせて設置する事で地中から水分などによるサビを防ぎます。

 

コンクリートを流し込むと基礎工事が完了します。

真ん中の四角い部分が納骨室になります。左右の丸い穴は水抜き穴で、雨水などがお墓に溜まらないようにしています。

 

 

 

※個人情報保護の為、お名前のわかる文字彫刻は画像処理で消しています

 

 

 

 

私たち「まごころスタッフ」が皆さまのご供養をお手伝いさせていただきます。

あなたにあったご供養のかたちを。

たくさんの思い出を重ねた、大切なご家族のためのお墓。
忙しい毎日、心のどこかで気になっている故郷のお墓。

亡くなった方を想うご供養のかたちは人それぞれです。
ひとつひとつ丁寧に時間をかけたい方。忙しくてなかなかお時間に余裕のない方。少子高齢化が加速する日本においては、新たなご供養のかたちが求められているのも現実です。

まごころ価格ドットコムでは、皆さまのさまざまなご要望やベースにあわせたご供養のご提案をさせていただき、ご満足いただけるよう全力でお手伝いいたします。

墓つくり、墓彫刻、墓じまい。

3つのまごころサービスで、皆さまのご供養が最上のかたちとなるよう寄り添ってまいります。

東京・千葉・神奈川など首都圏はもちろん日本全国のお客様へ、信頼と満足を提供し続けることが私たちの使命です。