本日のまごころ職人
CLAFTMAN

東京都東村山市にある小平霊園のお墓づくり

本日は東京都東村山市にある小平霊園でまごころ職人が施工したお墓づくりをご紹介します。

 

 人力で持ち上がらない石材はクレーンを使用して慎重に運びます このように水平を取りながら石材用ボンドとモルタルを使用してしっかりと固定していきます。  このように水平を取りながら石材用ボンドとモルタルを使用してしっかりと固定していきます。

まずは外柵から。人力で持ち上がらない石材はクレーンを使用して慎重に運びこのように水平を取りながら石材用ボンドとモルタルを使用してしっかりと固定していきます。

 

石材の隅々にはサビに強いステンレス金具を使用しています。 石材の隅々にはサビに強いステンレス金具を使用しています。 地震対策の一つとしてステンレス金具を使用して石材同士しっかりと固定していきます。

石材の隅々にはサビに強いステンレス金具を使用しています。地震対策の一つとしてステンレス金具を使用して石材同士しっかりと固定していきます。

 

地震対策の一つとして免震シートを使用しています。大切なお墓をお守りする為、石材の重なる部分に免震シートを使用して地震の揺れを軽減します。  地震対策の一つとして免震シートを使用しています。大切なお墓をお守りする為、石材の重なる部分に免震シートを使用して地震の揺れを軽減します。  地震対策の一つとして免震シートを使用しています。大切なお墓をお守りする為、石材の重なる部分に免震シートを使用して地震の揺れを軽減します。

地震対策の一つとして免震シートを使用しています。石材の重なる部分には免震シートを使用して大切なお墓をお守りします。

 

このようにマスキングテープで養生しながらシーリング加工を施します。石材同士の隙間を塞ぐためにシーリング加工を行います。  このようにマスキングテープで養生しながらシーリング加工を施します。石材同士の隙間を塞ぐためにシーリング加工を行います。

このようにマスキングテープで養生しながらシーリング加工を施します。石材同士の隙間を塞ぐためにシーリング加工を行います。

 

石塔部分には世界一赤い御影石とも呼ばれ華やかさと深みの両方を楽しむ事の出来るニューインペリアルレッドを使用。外柵部分には最上級の艶をまとう漆黒のインド産御影石YKDを使用しています。門柱部分にはデザイン性と機能性の両方を備えたベンチスタイルを取り入れました。

まごころ職人が丁寧に施工した洋型の墓石が完成しました。石塔部分には世界一赤い御影石とも呼ばれ華やかさと深みの両方を楽しむ事の出来るニューインペリアルレッドを使用。外柵部分には最上級の艶をまとう漆黒のインド産御影石YKDを使用しています。門柱部分にはデザイン性と機能性の両方を備えたベンチスタイルを取り入れました。

 

 

※個人情報保護の為、お名前のわかる文字彫刻は画像処理で消しています。