本日のまごころ職人
CLAFTMAN

重要なお知らせ
2019.12.3

【先行初売りキャンペーン開催中。12/26まで】

茨城県 北相馬郡利根町の公営霊園にて基礎工事

本日のまごころ職人のお墓づくりは、茨城県北相馬郡利根町の公営霊園です。

今回は、こちらの基礎工事をどのように行ったかをご紹介いたします。

 

【根彫り工の状況です】

いよいよ工事着工開始です。基礎工事を行うには、根彫り工から始めます。根彫りの深さはグランドライン(通路面)から約30cmほど掘り下げます。通路状況が良い墓地の場合は、重機を使用することも可能ですが、道幅が狭い場合などは職人が手作業で根彫りをすることもございます。

 

 

【割栗石、砕石入れ・転圧工の状況です】

割栗石、砕石を敷き詰めたら(ランマー)などで充分に転圧し、基礎地盤としての支持力を図ります。どんなに基礎コンクリとを厚く打っても、地固めとなる転圧を十分に行わないと後々お墓が傾く原因になったりもします。

【配筋工の状況です】

コンクリートは圧縮強度に比べて引っ張り強度が極めて小さく、ひび割れが入りやすいので15cm~20cm間隔で鉄筋を配筋いたします。鉄筋の下に置いてある四角く白いのは鉄筋が地中に接触しないようにする役割と、生コンクリートが鉄筋の下に潜り込み、鉄筋を包み込みやすくするためです。(鉄筋の錆防止と鉄筋とコンクリートの相乗効果を上げるためです)

 

【生コンクリート打設状況です】

生コンクリート打設、仕上げ後の状況になります。この後はコンクリートが乾くまで数日間養生いたします。

 

 

 

 

※個人情報保護のため、お名前がわかる文字彫刻は画像処理で消しています。