本日のまごころ職人
CLAFTMAN

お知らせ
2021.11.6

本日(11/6)の日経新聞に墓じまい記事が紹介されました。

近畿地方でのお墓じまい

タグ

共同墓地

本日は近畿地方でのお墓じまいの様子をご紹介します。

 

縁石で囲まれた区画の中のお石塔のみ撤去いたします。

 

 

職人が手を合わせてから工事を開始いたします。

 

 

周囲のお墓に傷などが付かないよう毛布などで養生をして、細心の注意を払いながら工事を始めました。

ご遺骨を取り出してから解体作業を進めます。

 

 

石材を小割して、通路を傷つけないよう小さな運搬機で運び出します。

 

 

工事が完了しました。

今回は墓地管理墓地管理者の指示によりお石塔のみを撤去したしました。

縁石も含めて区画全体を更地にする、化粧砂利は取り除き新たな砂利を敷き直すなどお墓をお返しする際は様々な規定がございます。

管理者の方にお墓じまいのご相談をする機会がございましたら、返還規定を聞いてみてはいかがでしょうか。

 

 

※個人情報保護の為、お名前のわかる文字彫刻は画像処理で消しています

私たち「まごころスタッフ」が皆さまのご供養をお手伝いさせていただきます。

あなたにあったご供養のかたちを。

たくさんの思い出を重ねた、大切なご家族のためのお墓。
忙しい毎日、心のどこかで気になっている故郷のお墓。

亡くなった方を想うご供養のかたちは人それぞれです。
ひとつひとつ丁寧に時間をかけたい方。忙しくてなかなかお時間に余裕のない方。少子高齢化が加速する日本においては、新たなご供養のかたちが求められているのも現実です。

まごころ価格ドットコムでは、皆さまのさまざまなご要望やベースにあわせたご供養のご提案をさせていただき、ご満足いただけるよう全力でお手伝いいたします。

墓つくり、墓彫刻、墓じまい。

3つのまごころサービスで、皆さまのご供養が最上のかたちとなるよう寄り添ってまいります。

東京・千葉・神奈川など首都圏はもちろん日本全国のお客様へ、信頼と満足を提供し続けることが私たちの使命です。