本日のまごころ職人
CLAFTMAN

重要なお知らせ
2020.3.20

本日、読売新聞・朝日新聞で墓じまいのご案内をさせていただきました!

本日のまごころ職人

本日は千葉県富津市にある寺院墓地でまごころ職人が施工したお墓つくりをご紹介します。

墓地の状況

墓地の状況こちらの墓地はお施主様の墓地区画はわかりやすいようにコンクリートブロックで囲まれていました。このコンクリートブロックはすべて撤去して敷地いっぱいにお墓を建てます。
寺院墓地の場合の注意点として指定石材店があることがあります。お墓を建てられる石材店が決められており、他の石材店は出入りできないという制度です。先に建てたいお墓のデザインを決めてしまい、いざ工事を進める段階になって指定石材店ではないので工事に入れないというケースもあります。寺院墓地にお墓を検討される場合は、まずご住職様へ確認することをおすすめします。

地盤の強度を高める基礎工事

地面を掘り下げる工程 ランマという転圧機で押し固める。 鉄筋を組んだ状況 コンクリートを流し込み数日間養生
区画にあったコンクリートブロックを外して、基礎となる部分の地面を30㎝ほど掘り下げていきます。掘り下げた基礎部分に割栗石(大き目の石)や砕石(小さく加工した石)を区画いっぱいに敷き詰めてランマという転圧機で押し固めます。地盤が弱いままで施工してしまうと、将来地盤が下がりお墓が斜めになったら倒壊する可能性もあります。大切なお墓のために地盤を強固なものに仕上げています。さらに鉄筋コンクリートにすることでより強度を高めています。
コンクリートが固まるのを待ってから石積み工事に入ります。

丁寧な施工の石積み工事

外柵となる石材を据え付け ステンレス製の金具で固定 免震効果のあるシートで地震対策 コーキングで隙間をふさぐ
石積み工事をするにあたって、石材の取り扱いには充分注意しながら施工しています。石は頑丈なイメージがありますが、ちょっとした衝撃でひび割れや欠けることがあります。重い石材は重機を使って据え付けるので細心の注意を払って、いつでも慎重に丁寧にまごころ職人が施工しています。
そして地震対策も万全に行っています。地震の揺れによりお墓の倒壊を防ぐために、積み上げる石材の間には免震効果のある黒いシート(エアーグリップ)を使用しています。これは震度7相当の揺れにも耐えることができると実証されている優れものです。さらに耐震ボンドを併用することで、地震の揺れから大切なお墓をお守りしています。

墓前に丸置き灯篭を付けた洋型のお墓

河北山崎でつくられた洋型のお墓黒系の河北山崎をつかったお墓の完成です。清々しく晴れ渡った中での施工は、心まで晴れやかになり気持ちが安らぎます。
お施主様のお墓の墓前には丸置き灯篭を設置しており、石塔の後ろにはオリジナルの鳥居型塔婆立てをお付けしています。
お墓の顔でもある竿石には文字やお花のデザインを組み合わせて彫刻されており、お施主様のこだわりがいっぱい詰まった心が温かくなるお墓です。

本日は東京都豊島区にある雑司ヶ谷霊園でまごころ職人が施工したお墓つくりをご紹介します。

建て替えたいがどうすればいいですか?

既存のお墓の解体を行います。東京都にある雑司ヶ谷霊園に墓地をお持ちのお施主様です。これまでのお墓を建て替えたいのですがどうすればいいですか?とご不安なお気持ちでお問合せをいただきました。お墓つくりは一生に一度のことなのでどのように進めていけばいいのか、これまでのお墓をどうすればいいのかわからないのも当然のことです。お墓つくりに対してのご不安を1つづつ取り除きながら、お墓つくりのお手伝いをさせていただきました。

お墓の解体から基礎工事まで

既存のお墓を竿石から取り外していきます。 既存のお墓の外柵や基礎部分を撤去します。 地面から30㎝掘り下げ基礎をつくります。 割栗石を敷き詰めてから転圧します。 砕石をびっしりと敷き詰めて転圧します。 型枠をつくりそこへ鉄筋を組みます。 バイブレータで振動をあたえながらコンクリートを流し込みます。 数日間養生して基礎の完成です。
代々受け継がれてきたお墓。工事を担当するまごころ職人がきちんと手を合わせて挨拶を行ってから工事に取り掛かります。
初めに竿石から慎重に取り外していきます。外柵や基礎部分などもすべて解体撤去して新たなお墓つくりを進めていきます。基礎部分はお墓が完成すると見えなくなってしまうので、どのような施工をしているのか気になる方が多くいらっしゃいます。
まごころ価格ドットコムでは基礎は地面から30㎝ほど掘り下げ、強固な地盤にするために割栗石(大き目の石)を敷き詰めて転圧機で押し固めます。その後、小さく加工した砕石を敷地にびっしりと敷き詰めてさらに転圧します。
そして基礎強度を高めるために、鉄筋コンクリートつくりにしています。コンクリートを流し込む際には空気も一緒に含まれているので空気を抜くためにバイブレータという機械で振動をあたえながらコンクリートを流し込みます。数日間養生して基礎の完成です。

洋型の石積み工事

石材の隅々にはサビに強いステンレス製の金具でしっかりと固定します。 石材同士の隙間にコーキング施工します。 地震対策に免震シートと耐震ボンドを使用しています。 石塔部分の石材の隙間にコーキングを行います。
これまでのお墓は和型ですが、新しくつくるお墓は洋型にしたいとご希望でした。
据え付けた石材の隅々にはサビに強いステンレス製の金具を使ってずれないようにしっかりと固定します。
地震によるお墓の倒壊を防ぐための対策として、積み上げる石材には免震効果のある黒いシートと耐震効果のあるボンドを必ず使用しています。これにより大切なお墓を地震からお守りしています。
石材同士の隙間にはコーキングをして水や汚れが入り込まないようにしっかり施工しています。石塔の後ろにあるのは塔婆立てです。塔婆立ては石材でつくったり、ステンレス製の塔婆立てなどあるのでお好みに合わせてえらぶことができます。

G654長泰でつくられた洋型のお墓

G654長泰でつくられた洋型のお墓の完成外柵のお参りスペースは玉砂利ではなく石張り仕上げにしており、グレーの御影石G654長泰と白をベースにしたAG98の2種類を使用しています。どっしりとした門柱があり、お参りの際に荷物を置くことができます。
洋型の石塔は和型に比べて背が低く、お掃除などお手入れがしやすいというメリットがあります。なお、お墓のお手入れの際に家庭用洗剤などでシミの原因になる場合もあるのでご注意ください。

本日は兵庫県神戸市西区にある西神墓園でまごころ職人が施工したお墓つくりをご紹介します。

基礎の完成

基礎が完成したので続いて石積み工事を行います。神戸市で比較的大規模な墓地の一つでもある西神墓地。広い園内は綺麗に整備されており、休憩所や駐車場なども充実しているので快適にお墓参りができます。
以前基礎の施工を紹介しまして基礎が完成したので、いよいよ石積み工事に入っていきます。

地震対策を施した石積み工事

外柵から据え付けていきます。 石材同士はステンレス製の金具でしっかり固定します。 納骨室が出来たら、その上に石材を積み上げていきます。 地震の揺れから大切なお墓を守るために耐震免震施工を施しています。 G688中目でつくられたお墓が完成しました。
まごころ価格ドットコムでは地震の揺れから大切なお墓を守るために地震対策をしています。
石材を積み上げる際には必ず黒いゴム状の免震シート(エアーグリップ)を使用しています。このシートはなんと震度7の揺れにもお墓が倒壊することなく、耐えることができると実験結果で証明されています。
その他に耐震ボンドも使用して施工しており、地震対策には力を入れています。
日本は地震が多いため、地震によるお墓の倒壊を心配される方は多くいらっしゃいます。そのような不安にもしっかり対応して、ご満足いただける施工をしています。

洋型のお墓

最後にさらしを巻いてお施主様へ引渡します。G688中目でつくられた洋型のお墓が完成しました。
香炉には蓋を付けてシンプルでスッキリしたデザインに。花立は高さを低めにしたことで、供えたお花で竿石の彫刻が隠れることのないように配慮しています。
この地域は最後にさらし(白い布)を竿石に巻いて、開眼供養のときに外されます。これは開眼供養までに悪いものがお墓に入らないようにという意味合いがあるようです。

本日は北海道安平郡安平町にある追分墓地でまごころ職人が施工したお墓つくりをご紹介します。

緑豊かな「追分墓地」

更地の墓地の状況北海道安平郡安平町にある緑豊かな追分墓地での施工です。天候に恵まれ、心地よい風が吹き抜ける澄んだ空気の中で工事を始めます。広い敷地の中にお墓を建立するので、事前に建立する位置をお施主様と打ち合わせをしてから工事に入ります。

寒冷地に対応した基礎工事

寒冷地のためショベルカーを使って基礎を深く掘り下げます。 砕石を敷き詰めて転圧します。 型枠をつくって鉄筋を組みます。 コンクリートを丁寧に流し込みます。 数日間乾かしてから型枠を外して基礎の完成です。
寒冷地のため基礎は寒冷地仕様で施工します。ショベルカーを使って地面から90㎝ほど基礎を深く掘り下げます。寒冷地では地面の凍結や凍上によって地盤が基礎を押し上げてしまったり、寒さに弱いためコンクリートのひび割れが起こりやすくなります。その地域のお墓に関することを熟知したまごころ職人が、このような問題にもしっかり対応して施工しています。
掘り下げた基礎に割栗石(大き目の石)を敷き、その上にびっしりと砕石(小さく加工された石)を敷き詰めて、上からランマーという転圧機で押し固めます。入念に押し固めることで基礎地盤を高めます。
その後に型枠をつくってから鉄筋を組み、コンクリートを丁寧に流し込みます。数日間乾かしてから型枠を外して基礎の完成です。

黒御影石を使った和型のお墓の石積み工事

サビに強いステンレス製の金具でしっかり固定 納骨室の上に石材を積み上げます。 免震シートを使って地震対策をしています。 マスキングテープで養生してからコーキングを行います。
外柵となる石材をを設置してから、石材がずれないようにサビに強いステンレス製の金具で固定します。積み上げる石材には必ず黒いゴム状の免震シートを使って地震対策をしています。このシート(エアーグリップ)は震度7の揺れにも耐えることができる優れもの。地震の揺れから大切なお墓が倒壊するのを守ってくれます。
据え付けた石材同士の隙間は水や汚れが入らないように、マスキングテープで養生してからコーキングを行います。石塔のほかに外柵部分(お参りスペース)も同様にコーキングで丁寧にふさぎます。

外柵が石張り仕上げのお墓

G654でつくられた和型のお墓の完成G654でつくられた和型のお墓の完成です。
お参りスペースは玉砂利ではなく石張りで仕上げています。お参りスペースに雨水が溜まらないように、施工する際は水勾配を付けて施工しています。全面石張りのため、お参りスペースのコーキングの出来栄えはとても重要です。仕上がりが悪いと完成したお墓が見劣りするので、熟練した職人の技術が必要です。

本日は青森県つがる市にある共同墓地でまごころ職人が施工したお墓つくりをご紹介します。

養生した基礎の完成

基礎が完成し石積み工事を開始します。以前基礎工事をご紹介しました青森県つがる市にある共同墓地。
基礎が完成したのでこれから石積み工事を開始します。基礎の両端にある筒状のものは水抜き用の穴です。水が溜まらないように基礎には水抜き穴をつくる施工をしています。
基礎の中にあるコンクリートを打っていないスペースは納骨室になります。

見えなくなるところも丁寧に行う石積み工事

石材がすれないようにステンレス製の金具をつけています。 土にお骨が還るように納骨室内は砂のままで仕上げています。 外柵部分の石の隙間を丁寧にコーキングを行います。 免震シートと耐震ボンドで地震対策をしっかりと行います。 積み上げた石材の隙間をコーキングでふさぎます。 お墓の後ろにはステンレス製の塔婆立てを設置しています。 G654長泰を使った洋型のお墓の完成です。
据え付けた石材にはさびに強いステンレス製の金具を隅々にとりつけて、石材がずれるのを防いでいます。見えなくなる部分も手を抜くことなくしっかりと施工しています。
続いて納骨室を設置していきます。この地域はお骨壺ではなく散骨して納骨するため、お骨が土に還るように納骨室内は綺麗な砂をまいて仕上げています。
また、まごころ価格ドットコムでは積み上げる石材に、免震効果のある免震シートと耐震効果のあるボンドを使って据え付けます。地震の揺れからみなさまの大切なお墓を守るために、地震対策も万全です。
さらに据え付けた石材同士の隙間をそのままの状態にしておくと、水や汚れが入ってしまいます。マスキングテープで石材を養生してからコーキングを行い丁寧に隙間をふさぎます。

さらしをまいてお施主様へ引渡し

最後にさらしを巻いて完了です。お墓の後ろにはステンレス製の塔婆立てを設置し、G654長泰を使った洋型のお墓の完成です。
最後に竿石にさらしを巻いてお施主様へ引渡します。このさらしは開眼供養の際に取り外します。
流れるような丸みを帯びたデザインの外柵、石塔には「ありがとう」の文字が彫刻されており、穏やかに流れる空気を感じます。まるで優しさに包まれているようです。