本日のまごころ職人
CLAFTMAN

本日のまごころ職人

 

本日のまごころ職人のお墓づくりは千葉県習志野市の公営霊園です。

CIMG1184

新緑の季節のなか均一に区画割りされた墓地での工事、
たいへん作業がはかどりました。

 

CIMG1177

今回は、既存の外柵をそのまま利用、納骨室の周りに
基礎を打ち足してから石積み工事になります。

 

CIMG1178

既存外柵と同じ系統の白御影石の板石を納骨室の周りに敷きます。

 

CIMG1180

免震用の黒い特殊ゴムシートの他に、お客さまからのご要望で
ステンレスの金具を用いて地震からお墓を守ります。

 

CIMG1183 CIMG1182

竿石を縦長にした斬新な形の洋型墓石の完成です。

 

※個人情報保護のため、お名前がわかる文字彫刻は画像処理で消しています。

本日のまごころ職人のお墓づくりは宮城県仙台市の公営霊園です。

IMG_4041

清々しい五月晴れが快い季節となりました。
先日基礎工事が終わり、本日は石積み工事を行います。

 

IMG_4044 IMG_4045

まずは水平を取りながらひとつずつ設置位置を確認し、石材を据えつけていきます。
その後石材の角々にサビに強いステンレス金具を取り付けて、しっかりと固定します。

 

IMG_4048 IMG_4050

設置した石材の一つ一つに、耐震ボンドや免震シートを貼って地震の揺れからお墓を守ります。

 

IMG_4052

クレーンを使って、一番上の竿石を慎重に設置していきます。
石と石の隙間は後ほど目地入れを行うため、先にマスキングテープで養生してから設置します。

 

IMG_4053

お手入れしやすく、お花のデザインが可愛らしい洋型のお墓が完成しました。

 

※個人情報保護のため、お名前がわかる文字彫刻は画像処理で消しています。

本日のまごころ職人のお墓づくりは、福島県双葉郡楢葉町の寺院墓地です。

 

DSC_0225

先日の投稿でも紹介しましたが、白い観音様の石造が目を惹きます。
植木の手入れが良くされている美しい寺院墓地です。

 

1ステンレス金具2 2ステンレス金具

水平を取りながら設置した石材の四隅は、L字のステンレス金具で固定しています。

 

3エアシート

石材を積むときは、このような特殊なゴムシートを敷いています。
お墓を地震の揺れから守ってくれるものです。

 

5コーキング

目地入れは丁寧に職人が手作業で行います。

 

4コーキング2

勿論、石材が汚れないようにマスキングテープで養生するのもバッチリです。

 

7石積み2

重い石材ですが、慎重に職人が運び、そして設置しています。

 

8敷石 9敷石 (2)

敷石はハンマーで水平を取りながら、隙間のないようにしっかり設置していきます。

 

完成

ツートンカラーが素敵なお墓が完成しました!

 

※個人情報保護のため、お名前がわかる文字彫刻は画像処理で消しています。

本日のまごころ職人のお墓づくりは、愛知県刈谷市の公営霊園です。

 

1

和型のお墓が多く建っている公営霊園になります。
通路も整備されていて、お参りしやすい霊園です。

 

2

お墓の土台となる石材を据えて行きます。
ここではお墓が水平になるように調整します。

3

石材同士が離れないように、錆に強いステンレス金具で補強します。

 

6

地震の揺れを軽減するように、墓石用特殊ゴムシートを
石材の間に取り付けて行きます。

 

7

石材と石材との間には雨水が入り込まないようコーキングします。

 

8-1

和型・丘カロートタイプのお墓が完成いたしました。

周りの雰囲気と調和した、お手入れしやすいお墓です。
中央にある丸い石は、ロウソク立てになります。

 

※個人情報保護のため、お名前の分る文字彫刻は画像処理で消しています。

本日のまごころ職人のお墓づくりは、神奈川県横浜市の寺院墓地です。

 

墓地全景

まるで夏のような風景ですね。
青空の下にいらっしゃる白い観音様の石像が美しかったです。

 

根掘り

まずは地面を掘り下げて、地盤の強化から始めます。

 

転圧

そこに砕石と割栗石を入れ、機械を使って叩くように押し固めていきます。

 

鉄筋

鉄筋は20㎝間隔に敷くことで、これから流すコンクリートを強化します。

 

生コン2 生コン

機械を使って振動を与えることでコンクリートの強度を高めます。
表面を綺麗に均すのは職人の手仕事です。

 

完成

完成しました。
数日間、コンクリートが固まるまで養生したあと石積み工事に入ります。

 

※個人情報保護のため、お名前がわかる文字彫刻は画像処理で消しています。