本日のまごころ職人
CLAFTMAN

本日のまごころ職人

本日のまごころ職人のお墓づくりは、東京都の府中市にある多磨霊園です。

多磨霊園の道路には桜の花びらがいっぱい

多磨霊園は日本初の公園墓地で面積は都立最大です。
公園墓地と言うだけあって緑も多く、有名人のお墓もたくさんあります。
道路の両脇には桜の木がズラーっと並んでいて、この時期は桜の花が満開でとても趣があり素敵です。
多磨霊園の桜ももうじき見納めです!お墓に向かう道路は桜の花びらでいっぱいになっていました。

 

石と石はステンレスの金具でしっかり繋ぐ

石と石のつなぎ目はステンレスの金具でしっかりズレないように固定します。

 

クレーンで慎重に運ぶ

人の手で持ちあがらない大きな石はクレーンを使って慎重に運びます。

 

つるつるの石を持ち上げる吸盤

石の表面はピカピカに磨いてあるので、とても強力な吸盤が付いた道具で動かします。

 

多磨霊園で桜の花の下で工事耐震ボンドを使用して墓誌を取り付け

慎重にクレーンで持ち上げて、耐震専用の接着剤を使って取り付けていきます。

 

多磨霊園のお墓完成

春彼岸には桜が満開、お盆は緑いっぱいの多磨霊園。
お墓の横のベンチでゆっくりお参りできる素敵なお墓が完成しました。

 

本日のまごころ職人のお墓づくりは、福島県の福島市です。

東京の桜が、まだ散らずに残っていたり今年の咲き方は何か変ですね。

満開の桜の下で気持ちよく工事させて頂きました。

 

image

本堂脇の桜がちょうど満開で見ごろを迎えていました。

 

image

土台部分の石と石の繋ぎ目はステンレスのボルトでしっかり固定します。

 

image

積見上げる石の間に地震の揺れからお墓を守る
黒いシートを貼りつけます。

 

image

大切なご先祖からの舟型地蔵様の再設置は
万全を期して慎重に行います。

 

image

完成です。開眼供養まで満開が続くことをお祈りしています。

 

本日のまごころ職人のお墓づくりは、茨城県かすみがうら市です。

大きく区画割された整然とした共同墓地でした。

 

IMG_20160407_094101

墓地からは霞ヶ浦庁舎が目と鼻の先。

 

IMG_20160406_085628

ゆったりと区画割された墓地には大きな和型のお墓が
整然と並んでいます。

 

IMG_20160405_112152

硬い黒御影石同士をステンレス金具でがっちりと固定します。

 

IMG_20160406_133923

石と石の目地詰めはゆっくりと慎重に行います。

 

IMG_20160406_085538

目地が綺麗に入るように紙テープで養生します。

 

IMG_20160406_091423

この黒いシートと免震ボンドがお墓を地震から守ります。

 

IMG_20160406_142630-1

完成です。こちらの共同墓地でも外柵から石塔まで
全て黒御影石で建てたお墓は数件しか有りません。
とても豪華なお墓に仕上りました。

 

本日のまごころ職人のお墓づくりは、鳥取県米子市です。

米子では、ちょうど桜が満開で散り始めです。

いよいよ桜前線も東北地方に向けて北上を始めています。

 

お墓の後ろには大山を見渡すことができます。

 

IMG_海が見える

お墓の左奥には日本海を望むこともできる素適な霊園です。

 

IMG_4567

ステンレスの金具で繋目が広がる事のないようにしっかり固定します。

 

IMG_4569

クレーンで吊りながらお墓の下の台から順次据えつけていきます。

 

IMG_4572

石の繋目を入れる部分を紙テープで養生して目地を入れます。

 

塔婆立て

石のお塔婆立てを石用接着剤で組み付けます。

 

IMG_4591

米子では、灯篭に本当に火を灯します。
全国的に見ても珍しいと思います。

 

完成写真

完成です。大山と日本海を見渡すことができる素適な霊園。
お墓参りが楽しみですね。

 

本日のまごころ職人のお墓づくりは、神奈川県の小田原市です。

とても趣のあるお寺の境内墓地でした。

 

IMG_3387

小田原らしく高台にある墓地からは海が見えます。

 

IMG_3396

本堂まで続く参道の石灯篭は圧巻です。

 

IMG_3405

がっちり固めた基礎工事の上に御影石の一枚板を組み込み、
カロート(納骨室)を作ります。

 

IMG_3410

水平を取りながら台座をおさめます。

 

IMG_3412

この黒いシートがお墓を地震から守ります。

 

IMG_3413

さらにマスキングテープをはり、耐震ボンドとシーリングです。

 

IMG_3419-1

完成です。
開眼供養の日も青い空と青い海が美しく見えますように。