本日のまごころ職人
CLAFTMAN

本日のまごころ職人

本日のまごころ職人のお墓づくりは、長野県松本市にある共同墓地です。

 

IMG_20160501_133438795

田園風景のそばにある、のどかな雰囲気の場所でした。
山からの風が涼しく作業がはかどりました。

 

1根掘り1 2根掘り2

今回は小さなショベルカーを使って、地面を掘り下げます。

 

4転圧

掘った部分に砕石を入れ、プレートで強く締め固めていきます。

 

5鉄筋

鉄筋は20㎝間隔で敷くことで、コンクリートのひび割れを防ぎます。

 

6完成清掃

最後に、現場の清掃を終えれば完了です。
何日間か養生したのち、次は石積み工事に入ります。

 

※個人情報保護のため、お名前がわかる文字彫刻は画像処理で消しています。

本日のまごころ職人のお墓づくりは、兵庫県神戸市の公営霊園です。

 

0墓地全景

とても広い霊園で、中には自然の風景などのおもむきを重視した公園も作られています。

 

1ステンレス金具 2ステンレス金具2

今回の工事は既存の石材を再利用するとのことで、
強化のため既存の外柵にもステンレス金具を取り付けました。

 

4免震シート

地震による揺れからお墓を守るため、黒いゴム状の免震シートも使用しています。

 

5コーキング

今回はコーキングを充填したあとの写真をご紹介します。
このように、はみ出た目地を拭取って綺麗に仕上げます。

 

3外柵設置

外柵もハンマーを使い、水平を取りながら設置していきます。

 

6完成

シャープな立ち姿が素敵な、和型のお墓が完成しました。

 

7完成2

今回ご紹介した外柵はこのように仕上がりました!

 

※個人情報保護のため、お名前がわかる文字彫刻は画像処理で消しています。

本日のまごころ職人のお墓づくりは、神奈川県横須賀市の寺院墓地です。

 

0墓地全景

とても天候に恵まれました!
空と街並みが一望できる、気持ちのいい墓地です。

 

1石積み

石積みはこのように、ハンマーで水平を取りながら据えつけていきます。

 

2ステンレス金具

設置した石材はステンレス金具でがっちりと固定します。

 

3コーキング

マスキングテープで養生した隙間に目地入れを行います。

 

5免震シート2 4免震シート

石材の間には、地震の揺れを軽減してくれる特殊ゴムシートを挟みます。
小さくとも効果はバツグンです。

 

6完成

小さめの区画ですが、家紋や彫刻が素敵なお墓が完成しました。
天候に恵まれすぎて、墓石がキラキラとお日様を反射してしまっていますね。

 

※個人情報保護のため、お名前がわかる文字彫刻は画像処理で消しています。

本日のまごころ職人のお墓づくりは、広島県福山市の共同墓地です。

 

0墓地全景

こちらは高台にある墓地で、墓地からの見晴らしは抜群です。

 

1根掘り

まずは基礎部分の土を深めに掘ります。

 

2転圧 004

つぎにランマーを使って砕石を入れた地面を転圧し、地盤を強化します。

 

3配筋

格子状に鉄骨を敷くことで、基礎になるコンクリートのひび割れを防ぎます。

 

4コンクリート

流し込んだコンクリートは職人が丁寧に均します。

 

5完成

基礎工事の完了です。
このあと一定期間養生したのち、石積み工事へと入ります。

 

※個人情報保護のため、お名前がわかる文字彫刻は画像処理で消しています。

本日のまごころ職人のお墓づくりは、奈良県生駒郡斑鳩町の寺院墓地です。

 

0墓地全景

段々に区画が作られています。
写真の通り緑が豊かで、お寺様の雰囲気もありとても清らかな空気感でした。

 

1石積み

石積みから工事を始めます。
水平を取りつつ、ハンマーで石材を据えつけていきます。

 

2ステンレス金具

石材同士はステンレス金具でしっかり固定します。

 

3免震シート

地震対策として、揺れを軽減する黒いゴム状のシートと耐震ボンドで大切なお墓をお守りしています。

 

4石積み

ズレなどないよう、このように職人が丁寧に設置していきます。

 

5コーキング

石の隙間を目地コーキングで塞ぎます。

 

6完成

完成です。
広く敷き詰められた化粧砂利が美しいシンプルなお墓ができました。

 

※個人情報保護のため、お名前がわかる文字彫刻は画像処理で消しています。