本日のまごころ職人
CLAFTMAN

本日のまごころ職人

本日のまごころ職人のお墓づくりは、茨城県かすみがうら市です。

大きく区画割された整然とした共同墓地でした。

 

IMG_20160407_094101

墓地からは霞ヶ浦庁舎が目と鼻の先。

 

IMG_20160406_085628

ゆったりと区画割された墓地には大きな和型のお墓が
整然と並んでいます。

 

IMG_20160405_112152

硬い黒御影石同士をステンレス金具でがっちりと固定します。

 

IMG_20160406_133923

石と石の目地詰めはゆっくりと慎重に行います。

 

IMG_20160406_085538

目地が綺麗に入るように紙テープで養生します。

 

IMG_20160406_091423

この黒いシートと免震ボンドがお墓を地震から守ります。

 

IMG_20160406_142630-1

完成です。こちらの共同墓地でも外柵から石塔まで
全て黒御影石で建てたお墓は数件しか有りません。
とても豪華なお墓に仕上りました。

 

本日のまごころ職人のお墓づくりは、鳥取県米子市です。

米子では、ちょうど桜が満開で散り始めです。

いよいよ桜前線も東北地方に向けて北上を始めています。

 

お墓の後ろには大山を見渡すことができます。

 

IMG_海が見える

お墓の左奥には日本海を望むこともできる素適な霊園です。

 

IMG_4567

ステンレスの金具で繋目が広がる事のないようにしっかり固定します。

 

IMG_4569

クレーンで吊りながらお墓の下の台から順次据えつけていきます。

 

IMG_4572

石の繋目を入れる部分を紙テープで養生して目地を入れます。

 

塔婆立て

石のお塔婆立てを石用接着剤で組み付けます。

 

IMG_4591

米子では、灯篭に本当に火を灯します。
全国的に見ても珍しいと思います。

 

完成写真

完成です。大山と日本海を見渡すことができる素適な霊園。
お墓参りが楽しみですね。

 

本日のまごころ職人のお墓づくりは、神奈川県の小田原市です。

とても趣のあるお寺の境内墓地でした。

 

IMG_3387

小田原らしく高台にある墓地からは海が見えます。

 

IMG_3396

本堂まで続く参道の石灯篭は圧巻です。

 

IMG_3405

がっちり固めた基礎工事の上に御影石の一枚板を組み込み、
カロート(納骨室)を作ります。

 

IMG_3410

水平を取りながら台座をおさめます。

 

IMG_3412

この黒いシートがお墓を地震から守ります。

 

IMG_3413

さらにマスキングテープをはり、耐震ボンドとシーリングです。

 

IMG_3419-1

完成です。
開眼供養の日も青い空と青い海が美しく見えますように。

 

ブログ-1の写真

少しまえですが東京でまごころ職人研修会を開催しました!職人の施工技術を高めるのはもちろん、お客様の大切なお墓の建立を任せていただくのに失礼があっては成りません。思いやりのある丁寧な対応でより一層お客様にご満足いただけるよう、マナー研修も行っています。今回私も職人研修会に参加させていただきした。全国の職人の皆様とお会いできる嬉しさと、実際のお仕事を拝見できる絶好の機会に恵まれた喜びで胸が高鳴りました。

繁忙期にも関わらず全国各地から総勢20名の職人にご参加いただきました。全国各地の職人が一同にお集まりいただく機会はなかなかありません。そこに私も参加することができ、大変光栄でした。
研修会では耐震実験・施工実演・マナー研修などが行われました。参加されている職人の皆様の真剣な眼差しに思わず息を飲みました。
最初は緊張感が漂っていましたが、親睦が深まるにつれ自然と皆様の表情が柔らかくなり、優しい表情を見られて安心しました(笑)清々しい表情からは仕事に役立つ新たな知識を得た充実感が伺えました。これからもまごころ職人の技術とマナーの向上に力を尽くしていきます。

195 / 195« 先頭...204060...191192193194195