本日のまごころ職人
CLAFTMAN

重要なお知らせ
2020.6.4

まごころ価格ドットコムの記事がyahooニュースで紹介されました。

本日のまごころ職人

本日のまごころ職人のお墓づくりは、神奈川県 横須賀市の公営霊園にてお墓の基礎工事を行います。

 
【根彫り工】
工事着工開始です。基礎工事を行うには根彫り工から始めます。根彫りの深さはグランドライン(通路面)から約30cmほど掘り下げます。墓地の通路が広い墓地の場合は、重機を使用することも可能ですが、道幅が狭い場合などは職人が手作業で根彫りをすることもございます。

 


【砕石入れ・転圧工】
砕石を敷き詰めたら(ランマー)などで充分に転圧し、基礎地盤としての支持力を図ります。どんなに基礎コンクリとを厚く打っても、地固めとなる転圧を十分に行わないと後々お墓が傾く原因になったりします。

 

 
【排水パイプの接続】
霊園に寄っては、納骨室内に水抜きの排水パイプが設けられている場合もございます。そのような場合は排水パイプを接続いたします。

 


【配筋工】
コンクリートは圧縮強度に比べて引っ張り強度が極めて小さく、ひび割れが入りやすいので15cm~20cm間隔で鉄筋を配筋いたします。

 

 
【コンクリートバイブレーション】
生コンクリート打設後のまだ固まっていない状態のコンクリートの中に【コンクリートバイブレーション】を差し込み、振動を与えて気泡の脱泡を行い、コンクリートの強度を高めます。

 


【生コンクリート打設】
生コンクリート打設、仕上げ後の状況になります。この後はコンクリートが乾くまで数日間養生いたします。

 

 

 

※個人情報保護のため、お名前がわかる文字彫刻は画像処理で消しています。

 

本日は熊本県熊本市東区にある桃尾墓苑でのお墓づくりをご紹介いたします。

 

 

【石積工事着工前】

石積工事着工前の状況です。基礎工事が終わりしっかりと基礎が固まったので、いよいよ石積工事を開始いたします。

 

 

【ステンレス金具取付状況】

まずは外柵から。石材用ボンドとモルタルを使用して石材同士しっかりと固定していきます。このように石材の隅々にはサビに強いステンレス金具を使用してしっかりと固定していきます。

 

 

【免震シート取付状況】

地震対策の一つとして石材の重なる部分には免震シートを使用します。このように免震シートを使用する事で地震の揺れを軽減して大切なお墓をお守りいたします。

 

 

【シーリング加工状況】

最後に石材据え付けの仕上げを行います。石材同士の隙間を塞ぐ為マスキングテープで養生してからシーリング加工を施します。

 

 

【お墓完成状況】

本日もまごころ職人が施工したお墓が無事完成いたしました。竿石部分は緩やかで美しいカーブで仕上げました。やわらかいたたずまいの竿石にはどんな彫刻でも映えます。洋型墓石のメリットはお手入れのしやすさです。無理せずお手入れができますので美しいお墓をキープするのも容易です。墓石本体の曲線にこだわったお墓のデザインです。

 

 

※個人情報保護の為、お名前のわかる文字彫刻は画像処理で消しています。

本日は千葉県松戸市田中新田にある八柱霊園にて職人が施工したお墓をご紹介します。

 

今回はすでに納骨室が設置されている区画にお墓を建てていきます。

 

基礎工事は地面の掘り下げから始まります。区画内を通路面から約30センチメートルほど掘り下げていきます。

 

 

粗目の砕石を敷き均し、ランマーでしっかりと叩き締め固めていきます。

 

 

続いて細かい砕石を重ね、同じくランマーでしっかりと踏み固めます。

 

 

配筋の工程です。

コンクリートは圧縮強度に比べて引っ張り強度が極めて小さく、ひび割れが入りやすいので20cm間隔で鉄筋を配筋しています。鉄筋の下にはスペーサを置き地面にから浮かせて設置する事で、地中からのサビを防ぎます。

 

 

コンクリートを流し込み、表面を表面を整えて基礎工事が完了しました。一定期間養生し、コンクリートが充分に乾いたのを確認して枠を取り外します。

数日間かけてコンクリートを乾かしてから石積み工事を開始します。どのようなお墓が完成するのか、後日続きをご報告いたします。

 

 

 

※個人情報保護の為、お名前のわかる文字彫刻は画像処理で消しています

 

本日は埼玉県三郷市にある共同墓地にてまごころ職人が施工したお墓をご紹介します。

 

【基礎工事完成】
先日行った基礎部分が完全に乾いたもで、この後石積み工事を行っていきます。

 

 

【外柵の石積み工事と金具補強状況】
石積み工事は外柵(囲い)から組み上げて行きます。石材を組み上げただけでは、後々石材がズレる可能性がございます。そこで石と石の組み合わせ部分にL字金具で補強を行っていきます。使用する金具は錆に強いステンレス製です。L字金具が使用できない箇所にはステンレス製のダボピンを使用いたします。

 

 
【コーキング状況】
石材と石材との間に雨水が入り込まないように墓石用のコーキングを行います。コーキングが石材に付かないようにマスキングテープで養生いたします。

 

【地震対策・免振工法状況】
まごころ価格ドットコムでは、地震によるお墓の倒壊を防ぐため、全てのお墓に墓石用免震シートを標準でお付けしております。更に耐震ボンドでも接着・補強いたします。耐震ボンドは固まる接着とは異なり、ガッチリ接着されているのに柔軟性があるのが特徴です。

 

【お墓の完成です】
バランスに取れた洋型墓石が完成いたしました。こちらのお墓の特徴は洋型デザインに合わせて蓮華をお付けしていることです。蓮華は仏様の乗り物とも言われており、竿石は仏石とも言われております。蓮華に仏様が乗っているお墓になります。現代風のお墓ですがご先祖様のことを思っているお墓にもなります。こちらの御影石は淡い色合いをしており明るい感じの石なのですが・・・ちょうど天気の関係で色合いまでお伝え出来ないのが残念です。晴れの日は明るく優しい雰囲気に見える御影石です。

 

 

 

※個人情報保護の為、お名前のわかる文字彫刻は画像処理で消しています。

 

 

 

本日は熊本県熊本市の東区にある桃尾墓園でのお墓(基礎工事)づくりをご紹介いたします。

 

 

【基礎工事着工前】

基礎工事着工前の状況です。本日もまごころ職人が丁寧に基礎工事を開始いたします。

 

 

【根掘工の状況】

まず初めに根掘工を行います。ユンボや人力で通路面から約30センチ程掘り下げます。

 

 

【転圧工の状況】

 

次に転圧工を行います。直径15センチ内外の割栗石を敷き詰めてランマーで転圧します。その後に目詰め砕石を敷き詰めてもう一度ランマーで十分に転圧して地盤の強化をはかります。

 

 

【配筋工の状況】

転圧工の後は型枠を組んで配筋工を行います。コンクリートのひび割れを防ぐ為、鉄筋は約20センチ間隔で組んでいきます。配筋後はピンコロ石のスペーサーを使用します。鉄筋を浮かせて設置する事で地中からの錆を防ぎます。

 

 

【コンクリート打設工】

最後にコンクリート打設工を行います。打設後はバイブレーターで適度な振動を与えます。内部の気泡を除去する事で密度を高めて骨材が均等に分散した強い基礎に仕上げます。生コンクリート打設後はコテを使用して表面をなだらかに仕上げます。

 

 

※個人情報保護の為、お名前のわかる文字彫刻は画像処理で消しています。

 

 

 

 

 

2 / 21612345...204060...最後 »