本日のまごころ職人
CLAFTMAN

本日のまごころ職人

本日は、東京都あきる野市にある福寿庵共同墓地の基礎工事を紹介します。

 

今回は、ご先祖様から代々受け継いできた和型の石塔2基を解体して新しく洋型のお墓に建て替えを行います。

埋葬して有るお骨壺は、お墓が完成するまで大切に保管して完成と同時に納骨を済ませます。

 

旧石塔を解体してお骨上げした後に30センチの根堀(掘削)を行います。

共同墓地で通路が狭いこともあり今回は、人力作業による手掘りになりました。

 

根堀した後に直径40ミリ以内の再生砕石を約10センチ敷き詰めてランマーで転圧を行い支持地盤の強度をはかります。

 

十分に転圧した後は、建立するお墓の土台の大きさに合わせて化粧型枠を設置します。

 

コンクリートは、圧縮強度に比べて、引っ張り強度が極めて小さい為、ひび割れが入りやすい性質が有ります。

それを防ぐ為に20センチ間隔で鉄筋を配筋してバンセンで強固に固定。また、土の錆を拾わないようにサイコロ状のスペーサーで鉄筋を浮かします。

 

打設するコンクリートの呼強度は、18N/㎜2以上を基準とします。

 

コンクリート打設後は、一定期間の養生を経て強度が十分に出ている事を確認した後に、型枠を外して基礎工事の完了です。

型枠を外した後は、いよいよ石積工事に入っていきます。

 

本日は岐阜県高山市にある眞我台霊園のお墓づくりをご紹介いたします。

 

真ん中の区画に石積工事を行います。木曽中央の四角い部分が納骨室となります。

 

まずは外柵から石材用ボンドとモルタルで据え付けていきます。傾きが生じないよう水平器を利用し慎重に据え付けます。

 

 

石材の隅々にはサビに強いステンレス金具を使用して石材同士しっかりと固定しズレが生じないようにしていきます。

 

大切なお墓をお守りする為石材の重なる部分には免震シートを使用しています。地震の揺れを軽減する事でお墓の倒壊を防ぎます。

 

石材の隙間を塞ぐためマスキングテープで養生してからシーリング加工を行います。

 

お墓が完成しました。デザインは”アネシス”です。ギリシャ語で安心を意味する言葉でまさにこのお墓にピッタリです。石は桜御影とも呼ばれて人気のG488です。この石の特徴は桜御影の名の通り優しいピンクを帯びていることです。優しさに溢れているお墓に仕上がっています。

 

※個人情報保護の為、お名前のわかる文字彫刻は画像処理で消しています。

 

本日は滋賀県野洲市辻町にある共同墓地のお墓づくりをご紹介いたします。

 

 

基礎工事が終わり一定の養生期間を置きまして、まごころ職人が丁寧に石積工事を開始いたします。
通路幅が狭い為、四輪運搬車を使用して慎重に石材を運んでいきます。
まずは外柵から。石材用ボンドとモルタルを使用して水平を取りながら石材を設置していきます。

 

次にサビに強いステンレス金具を設置していきます。石材の隅々に設置して石材同士しっかりと固定していきます。

 

地震対策の一つとして免震シートを使用しています。このように石材の重なる部分に設置して大切なお墓をお守り致します。

 

石材同士の隙間を塞ぐ為、シーリング加工を行います。

 

 

まごころ職人が丁寧に施工した洋型のお墓が無事完成致しました。石塔部分は人気のピンク御影石G488を使用しています。桜御影石とも呼ばれる優しいピンクを帯びた石です。完成した洋型墓石にとてもマッチしています。当社では地震による崩壊を防ぐ為に、基礎工事から金具類、接着剤や目地材まで色々な工夫を凝らしています。
お墓の完成後は使用した通路、その周りを清掃してから帰ります。

 

※個人情報保護の為、お名前のわかる文字彫刻は画像処理で消しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

本日は大阪府貝塚市三ヶ山にある貝塚市立公園墓地にてまごころ職人が施工したお墓をご紹介します。

 

 

基礎工事から数日が経過しました。

コンクリートが充分に固まったことを確認して石積工事がスタートします。

 

 

石材を据えつけていきます。

隅々は石材同士をステンレス金具でしっかりと固定していきます。

 

 

納骨室の奥にはお骨壷を安定してお納めするために板石を設置し、手前にはご遺骨を土に還すスペースを設けております。

石材と石材が重なる部分には免震シートを挟みます。地震の揺れを逃がし、大切なお墓をお守りします。

 

 

石材の隙間に汚れなどが入り込まないようシーリング剤を充填します。マスキングテープで養生をして、専用のコテで慎重に均して生きます。

 

 

お墓が完成しました。

石塔の中奥にしっまりと刻まれた「空」の文字と上下の曲線で心地よい風が吹いているような印象になったのではないでしょうか。

 

 

お施主様からのご希望により、石塔に白い布を巻いてお引渡しいたしました。

まごころ価格ドットコムが責任を持って建立させていただいた証として、社名が刻印されたプレートを貼らせていただきました。

 

 

※個人情報保護の為、お名前のわかる文字彫刻は画像処理で消しています

本日は神奈川県横浜市にある久保山墓地にてまごころ職人が施工したお墓をご紹介します。

先日施工を行った基礎工事が完成いたしました。いよいよ石積み工事の着工開始です。

 

コンクリート基礎部分の養生期間を終えましたら、今度は石材を積み上げていきます。基礎部分と石材との間にモルタルを敷、お墓が斜めにならないよう水平器で確認しながら据え付けていきます。

 

土台部分の石材を据え付けいたしましたら、今度は立体的に組み上げていきます。柱となる部分は石がずれないようステンレスのダボピンで固定いたします。

 

4つの柱が立ち上がり、立体的になってきました。赤色の養生シートを敷いている理由ですが、ここは納骨室になる部分ですので、工事の際に靴であがらないようにしております。細かいことですが職人の気遣いになります。

 

 

石材で四方を囲うとより納骨室の形が整ってまいりました。土台となる石材がずれないように、四隅にはステンレス製のL字金具を取り付けております。納骨室の中にお骨壺を安置する石材を設置いたしましたら、納骨室の出来上がりです。

 

地震対策といたしまして、お石塔には墓石用特殊ゴムマットを入れます。石と石の間に特殊ゴムマットを入れることにより、地震による揺れの力を軽減させる免震工法になります。まごころ価格ドットコムでは、全てのお墓に標準装備で取り付けを行っております。また、グレー色に見えているのは、弾力性の墓石用耐震ボンドになります。

 

お墓の完成です。
柔和に見える中間色系御影石と、お参り(参道)部分の一部に玉砂利を敷くことにより、開放感のあるお墓に仕上がりました。

 

 

※個人情報保護のため、お名前がわかる文字彫刻は画像処理で消しています。

 

 

 

 

 

2 / 20012345...204060...最後 »