本日のまごころ職人
CLAFTMAN

重要なお知らせ
2020.8.10

「感染防止徹底宣言ステッカー」の取得いたしました!

本日のまごころ職人

納骨室が2基並ぶお墓

タグ


Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/hakajimai/www/wp-content/themes/ymt_theme/archive-kouji.php on line 102
今日のまごころ職人

本日のまごころ職人のお墓づくりは、三重県名張市にある東山霊園です。

 

1墓地風景

東山霊園は昭和53年に作られた霊園です。
建立されているお墓の数からも見て取れる通り、歴史ある公営霊園です。

 

2運搬

通路が狭い為、石材を人力で運びます。

 

3ステンレス金具締め付け

ステンレス金具を使って、石材同士をしっかり固定します。

 

4納骨室2名分

2家族様分の納骨室を作りました。
このように納骨室を2つ並べて作ることを許してくださる霊園は少ないです。

 

5免震シート

石材と石材の間には免震シートを挟んで地震からお墓を守ります。

 

6コーキング

石と石の隙間に目地をコーキングします。

 

7完成

左側のお墓の完成です。
右側のスペースには将来的にはもう1基お墓が建つことになります。

 

※個人情報保護のため、お名前がわかる文字彫刻は画像処理で消しています。

静岡県にある公営霊園のお墓

タグ


Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/hakajimai/www/wp-content/themes/ymt_theme/archive-kouji.php on line 102
今日のまごころ職人

本日のまごころ職人のお墓づくりは、静岡県袋井市の公営霊園です。

 

墓地風景1

新しく造成したばかりの墓地なので、まだお墓の建立数が少ないようです。
芝生を敷き詰めたとても広々とした墓地です。

 

納骨室2

この墓地は、あらかじめこのような納骨室が区画ごとに準備されています。

 

設3

その上に、丁寧に石材を設置していきます。

 

設置4
設置5

きびきびと働くカニ型クレーンを使って、手際よく進めて行きます。

 

完成
青い空と緑色の芝生に映える素敵なお墓の完成です。

 

※個人情報保護のため、お名前がわかる文字彫刻は画像処理で消しています。

住宅街にある共同墓地での基礎工事

タグ


Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/hakajimai/www/wp-content/themes/ymt_theme/archive-kouji.php on line 102
今日のまごころ職人

本日のまごころ職人のお墓づくりは、兵庫県神戸市の共同墓地です。

 

墓地風景

住宅街の中にありますが、とても落ち着いた雰囲気の共同墓地です。

 

墓地風景2

天候に恵まれ、周りの山々を綺麗に臨むことが出来ました。
共同墓地にしては珍しく、整然と区画整理されています。

 

根切り

まずは手掘りして、底の地盤を締め固めます。

 

転圧

既存の巻石の強度にも配慮して、このように人力で転圧し地盤の強化をはかります。

 

カロート

4枚割りした白御影石の板材で納骨室を作ります。

 

鉄筋

格子状に鉄筋を敷き、この上からコンクリートを流し込みます。

 

コンクリート

コンクリートの表面は、職人が手作業で丁寧に均します。

 

拭き取り
完成

適宜清掃を行い、基礎工事の完成です。
一定期間養生したのち、次は石積み工事へ入ります。

 

※個人情報保護のため、お名前がわかる文字彫刻は画像処理で消しています。

桜の残る大阪府の基礎工事

タグ


Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/hakajimai/www/wp-content/themes/ymt_theme/archive-kouji.php on line 102
今日のまごころ職人

本日のまごころ職人のお墓づくりは、大阪府富田林市の寺院墓地です。

 

桜

関西も満開だった桜はそろそろ散り始めていました。
桜は地域ごとに咲く時期が異なるので、こうして見るたびに春の北上を実感します。

 

穴2

電動の斫り工具で、既存のコンクリートを砕いて掘り下げます。

石

土を掘り下げた後で、砂利を敷き詰めます。

 

基礎地盤2

既存の巻石の強度に配慮して人力で叩き込んで地盤を強化します。

 

鉄筋

鉄筋を配筋して、コンクリートを流し込みます。

 

完成

流し込んだコンクリートの表面を水平に均せば、基礎工事の完成です。
一定期間養生して、次回は石積み工事に入ります。

 

本日は島根県隠岐郡隠岐の島(離島)にある「共同墓地」でまごころ職人が施工したお墓つくりをご紹介します。

 

フェリー埠頭2
フェリー埠頭
今回は島根県隠岐郡隠岐の島での施工です。天候に恵まれ、海風が気持ちよかったです。
墓石はフェリーを使って運搬しました。
離島に墓地があるけれど、離島でも対応してもらえるのか?
どのようにお墓つくりを進めればいいのか?
などなどいろいろとお悩みの方もいると思います。私どもは全国にまごころ職人がいるので、離島にある墓地でも施工を行っています。お気軽にお問合せください。

 

水平を取りながら
ハンマー
お施主様の墓地まで石材を運搬し、石積み工事に取り掛かります。
まずは外柵部分から据え付けます。石材は人力では持ち上がらないので重機で持ち上げ、据え付ける位置までまごころ職人が慎重に操作しながら石材を運んでいます。
モルタル(水、砂、セメントを練り込んだもの)を敷いた上に石材を置き、石と石の間は耐震ボンドを使って据え付けます。ハンマーで叩いて水平器で水平を取りながら設置していきます。

 

ステンレス金具締め付け
設置した石材の隅々にはザビに強いステンレス製の金具を使って固定します。これは地震などで石がずれるのを防ぐために行っています。

 

免震シート2
こちらは納骨室です。この上に石塔を積み上げていきます。
その際には地震対策として免震効果のある免震シート(黒いシート)と耐震ボンドを使っています。このシートは地震の揺れを逃す効果があり、震度7相当の揺れにも耐えることができると実験で証明されています。この結果からまごころ価格ドットコムでは必ず使用して施工し、地震から大切なお墓をお守りしています。

 

コーキング
つづいて石塔を取り付けたら、石と石の隙間をふさぐためにコーキングを行います。コーキング剤を隙間に注入して、はみ出た余分なコーキング剤はヘラで丁寧に取っていきます。
コーキングをしなければ隙間に水や汚れが入ってしまいうので、石塔や外柵すべてに行っています。

 

完成
白御影石(G623)を使い墓誌の付いた洋型のお墓の完成です。
温かい太陽の日差しを浴びて輝いていました。曲線のある竿石や丸みを帯びた花立は優雅な印象を与えています。
遠路遥々運ばれた墓石はこうして素敵なお墓になりました。