本日のまごころ職人
CLAFTMAN

重要なお知らせ
2020.3.20

本日、読売新聞・朝日新聞で墓じまいのご案内をさせていただきました!

本日のまごころ職人

茨城県土浦市にある共同墓地でまごころ職人が施工したお墓づくりをご紹介します。

 

まずは外柵から。石材用ボンドとモルタルを使用して石材同士しっかりと固定します。

まずは外柵から。石材用ボンドとモルタルを使用して石材同士しっかりと固定します。

 

石材の隅々にはサビに強いステンレス金具を使用してしっかりと固定します。

石材の隅々にはサビに強いステンレス金具を使用してしっかりと固定します。

 

 石材の重なる部分には免震シートを使用して地震から大切なお墓をお守りします。

石材の重なる部分には免震シートを使用して地震から大切なお墓をお守りします。

 

石材の隙間を塞ぐためマスキングテープで養生してからシーリングを行います。

石材の隙間を塞ぐためマスキングテープで養生してからシーリングを行います。

 

マホガニーとG688中目の2種類の石種を使用したお墓の完成です。石塔部分にはこだわりの彫刻を施し、オリジナルのお墓が完成しました。

マホガニーとG688中目の2種類の石種を使用したお墓の完成です。石塔部分にはこだわりの彫刻を施し、オリジナルのお墓が完成しました。

 

※個人情報保護の為、お名前のわかる文字彫刻は画像処理で消しています。

本日は栃木県さくら市にある箱森霊園でまごころ職人が施工したお墓づくりをご紹介します。

 

基礎工事着工前の状況です。本日もまごころ職人が丁寧に基礎工事を開始いたします。

基礎工事着工前の状況です。本日もまごころ職人が丁寧に基礎工事を開始いたします。

 

まずは根掘工から行います。通路面から約30センチ程掘り下げます。

まずは根掘工から。通路面から約30センチ程掘り下げます。

 

次に転圧工を行います。砕石を敷き詰めてランマーでしっかりと踏み固めます。

次に転圧工。砕石を敷き詰めてランマーでしっかりと踏み固めます。

 

転圧工の後に配筋工を行います。コンクリートのひび割れを防ぐため約20センチ間隔で鉄筋を組んでいきます。

転圧工の後は配筋工。コンクリートのひび割れを防ぐため約20センチ間隔で鉄筋を組んでいきます。

 

最後に打設工を行います。型枠にコンクリートを流し込み一定の養生期間をおきます。基礎が固まったら型枠を外して基礎工事の完成です。

最後に打設工。型枠にコンクリートを流し込み一定の養生期間をおきます。基礎が固まったら型枠を外して基礎工事の完成です。

 

※個人情報保護の為、お名前のわかる文字彫刻は画像処理で消しています。

 

 

 

 

 

 

 

本日は東京都府中市にある多磨霊園でまごころ職人が施工したお墓(基礎工事)づくりをご紹介します。

 

基礎工事着工前。本日もまごころ職人が丁寧に基礎工事を開始いたします。

基礎工事着工前。本日もまごころ職人が丁寧に基礎工事を開始いたします。

 

根掘工。まずは通路面から約30センチ程掘り下げます。 根掘工。まずは通路面から約30センチ程掘り下げます。

根掘工。まずは通路面から約30センチ程掘り下げます。

 

転圧工。根掘工の上に砕石を敷き詰めてしっかり転圧をします。 転圧工。根掘工の上に砕石を敷き詰めてしっかり転圧をします。

転圧工。根掘工の上に砕石を敷き詰めてしっかり転圧をします。

 

配筋工。コンクリートのひび割れを防ぐため約20センチ間隔で鉄筋を組んでいきます。

配筋工。コンクリートのひび割れを防ぐため約20センチ間隔で鉄筋を組んでいきます。

 

打設工。型枠にコンクリートを流し込みます。一定の養生期間をおいて型枠を外して基礎工事の完成です。

打設工。型枠にコンクリートを流し込みます。一定の養生期間をおいて型枠を外して基礎工事の完成です。

 

 

※個人情報保護の為、お名前のわかる文字彫刻は画像処理で消しています。

 

本日は東京都東村市にある小平霊園でまごころ職人が施工したお墓づくり(基礎工事)をご紹介します。

 

基礎工事着工前の状況です。本日もまごころ職人が丁寧に基礎工事を開始いたします。

基礎工事着工前の状況です。本日もまごころ職人が丁寧に基礎工事を開始いたします。

 

まずは根掘工を行います。通路面から約30センチ程掘り下げます。  まずは根掘工を行います。通路面から約30センチ程掘り下げます。

まずは根掘工を行います。通路面から約30センチ程掘り下げます。

 

次に転圧工を行います。根掘工の後砕石を敷き詰めてしっかりと転圧して行きます。 次に転圧工を行います。根掘工の後砕石を敷き詰めてしっかりと転圧して行きます。

次に転圧工を行います。根掘工の後砕石を敷き詰めてしっかりと転圧して行きます。

 

配筋工を行います。コンクリートのひび割れを防ぐため約20センチ間隔で鉄筋を組んでいきます。

配筋工を行います。コンクリートのひび割れを防ぐため約20センチ間隔で鉄筋を組んでいきます。

 

最後にコンクリート打設工を行います。型枠にコンクリートを流し込み養生期間をおいて、型枠を外して基礎工事の完成です。

最後にコンクリート打設工を行います。型枠にコンクリートを流し込み養生期間をおいて、型枠を外して基礎工事の完成です。

 

 

※個人情報保護の為、お名前のわかる文字彫刻は画像処理で消しています。

 

 

 

本日は愛知県名古屋市にある八事霊園でまごころ職人が施工したお墓づくりをご紹介します。

 

免震ボンドで石材を据付

まずは外柵から。石材用ボンドとモルタルを使用して石材を据え付けていきます。人力で持ち上がらない石材はクレーンを使用して据え付けます。

 

石材をL寺金具で留めました 石材の隅をL字金具で留めました

石材の隅々にはL字金具を使用して石材同士しっかりと固定します。

 

石材の据付 石材の間には免震シートを挟みます

地震対策として石材の重なる部分には免震シートを使用します。

 

石材の隙間にシーリング剤を充填します

石材の隙間を塞ぐためシーリングを行います。

 

AG98のお墓が完成しました

石種にはAG98を使用しています。キズやスジが入りにくく色むらが少ない事が大きな魅力です。

 

 

※個人情報保護の為、お名前のわかる文字彫刻は画像処理で消しています。