本日のまごころ職人
CLAFTMAN

重要なお知らせ
2020.3.20

本日、読売新聞・朝日新聞で墓じまいのご案内をさせていただきました!

本日のまごころ職人

本日は茨城県土浦市にある共同墓地でまごころ職人が施工したお墓(基礎工事)づくりをご紹介します。

 

 根掘工。通路面から約30センチ程掘り下げます。

根掘工。通路面から約30センチ程掘り下げます。

 

転圧工。根掘工の上から砕石を敷き詰めてランマー等でしっかりと踏み固めます。 転圧工。根掘工の上から砕石を敷き詰めてランマー等でしっかりと踏み固めます。 転圧工。根掘工の上から砕石を敷き詰めてランマー等でしっかりと踏み固めます。

転圧工。根掘工の上から砕石を敷き詰めてランマー等でしっかりと踏み固めます。

 

 配筋工。コンクリートのひび割れを防ぐため約20センチ間隔で鉄筋を組んでいきます。

配筋工。コンクリートのひび割れを防ぐため約20センチ間隔で鉄筋を組んでいきます。

 

打設工。型枠にコンクリートを流し込みます。バイブレーターを使用してコンクリートを締め固めます。 一定の養生期間を置いて型枠を外して基礎工事の完成です。

打設工。型枠にコンクリートを流し込みます。バイブレーターを使用してコンクリートを締め固めます。一定の養生期間を置いて型枠を外して基礎工事の完成です。

 

 

※個人情報保護の為、お名前のわかる文字彫刻は画像処理で消しています。

 

 

本日は北海道亀田郡にある桜町共同墓地でまごころ職人が施工したお墓づくりをご紹介します。

 

まずは外柵から。石材用ボンドとモルタルを使用して石材を据え付けていきます 石材の隅々にはステンレス金具を使用して石材同士しっかりと固定します。

まずは外柵から。石材用ボンドとモルタルを使用して石材を据え付けていきます。石材の隅々にはステンレス金具を使用して石材同士しっかりと固定します。

 

石材の重なる部分には免震シートを使用します。大切なお墓を地震からお守り致します。 石材の重なる部分には免震シートを使用します。大切なお墓を地震からお守り致します。

石材の重なる部分には免震シートを使用します。大切なお墓を地震からお守り致します。

 

本日もまごころ職人が丁寧に施工したお墓が完成しました。お参り部分が広いのが特徴的なお墓となっています。

本日もまごころ職人が丁寧に施工したお墓が完成しました。お参り部分が広いのが特徴的なお墓となっています。

 

 

※個人情報保護の為、お名前のわかる文字彫刻は画像処理で消しています。

本日は京都府京都市にある地蔵山墓地でまごころ職人が施工したお墓づくりをご紹介します。

 

 工事着工前の状況です。本日もまごころ職人が丁寧に石積工事を開始いたします。

工事着工前の状況です。本日もまごころ職人が丁寧に石積工事を開始いたします。

 

まずは外柵から。石材の隅々にはサビに強いステンレス金具を使用して石材同士しっかりと固定します。  まずは外柵から。石材の隅々にはサビに強いステンレス金具を使用して石材同士しっかりと固定します。

まずは外柵から。石材の隅々にはサビに強いステンレス金具を使用して石材同士しっかりと固定します。

 

石材の重なる部分には免震シートを使用します。大切なお墓を地震からお守り致します。 石材の重なる部分には免震シートを使用します。大切なお墓を地震からお守り致します。

石材の重なる部分には免震シートを使用します。大切なお墓を地震からお守り致します。

 

 石材の隙間を塞ぐ為マスキングテープで養生してからシーリングを行います。

石材の隙間を塞ぐ為マスキングテープで養生してからシーリングを行います。

 

人気の和型のお墓が完成しました。石種はM10を使用しています。一見黒御影石に見えますが、実は黒色と白色、薄緑色の模様が入った濃いめのグレー色です。"" さらしを巻いて完成です。

伝統的な和型のお墓が完成しました。石種はM10を使用しています。一見黒御影石に見えますが、実は黒色と白色、薄緑色の模様が入った濃いめのグレー色で人気の石種です。。

 

 

※個人情報保護の為、お名前のわかる文字彫刻は画像処理で消しています。

 

 

 

本日は長崎県長崎市にある浦上墓地でまごころ職人が施工したお墓づくりをご紹介します。

 

石材を据え付けていきます。

 

石材の角々にはサビに強いステンレス金具を取り付け、しっかり固定しています。

 

地震対策として、揺れを軽減する黒いゴム状のシートと耐震ボンドで大切なお墓をお守りしています。

 

完成しました。お客様の御希望にそったベンチ付きの素敵なお墓です。

 

 

本日は東京都府中市にある多磨霊園のお墓(基礎工事)づくりをご紹介します。

 

こちらの区画にお墓の土台となる基礎工事を行います。

 

まずは根掘工を行います。通路面から約30センチ程掘り下げます。

 

根掘工の上から砕石を敷き詰めて人力で転圧します。

 

次に砕石の上から配筋工を行います。コンクリートのひび割れを防ぐため約20センチ間隔で鉄筋を組んでいきます。

 

コンクリート打設工。コンクリートを流し込み、表面をならします。

 

一定期間養生し、コンクリートが固まり、枠を外すと基礎工事完了です。