本日のまごころ職人
CLAFTMAN

本日のまごころ職人

本日は山梨県甲府市にあるつつじが崎霊園でまごころ職人が施工したお墓づくりをご紹介します。

 

石積工事着工前の状況です。本日もまごころ職人が丁寧に石積工事を開始いたします。

石積工事着工前の状況です。本日もまごころ職人が丁寧に石積工事を開始いたします。

 

石材の隅々にはステンレス金具を使用して石材同士しっかりと固定します。

石材の隅々にはステンレス金具を使用して石材同士しっかりと固定します。

 

石材の重なる部分には免震シートを使用して大切なお墓を地震からお守りします。 石材の重なる部分には免震シートを使用して大切なお墓を地震からお守りします。

石材の重なる部分には免震シートを使用して大切なお墓を地震からお守りします。

 

河北山崎を使用した洋型墓石の完成です。お参り部分には五色の玉砂利を敷き詰めました。

河北山崎を使用した洋型墓石の完成です。お参り部分には五色の玉砂利を敷き詰めました。

 

 

※個人情報保護の為、お名前のわかる文字彫刻は画像処理で消しています。

 

本日は京都府京田辺市にある田辺区墓地でまごころ職人が施工したお墓(基礎工事)づくりをご紹介します。

 

基礎工事着工前の状況です。本日もまごころ職人が丁寧に基礎工事を開始いたします。

 

まずは根掘工から行います。通路面から約30センチ程掘り下げます。

 

次に転圧工を行います。砕石を敷き詰めて人力で踏み固めます。

 

コンクリートを流し込む前に約20センチ間隔で鉄筋を組んでいきます。鉄筋を組む事でコンクリートのひび割れを防ぎます。

 

最後にコンクリートを流し込み表面をならします。コンクリートが固まったら基礎工事の完成です。

 

※個人情報保護の為、お名前のわかる文字彫刻等は画像処理で消しています。

 

 

 

本日は青森県むつ市にあるむつ市墓地公園のお墓づくりをご紹介します。

 

まごころ職人が丁寧に石積工事を開始いたします。

 

石材の隅々にはステンレス金具を使用して石材同士しっかりと固定します。

石材の隅々にはステンレス金具を使用して石材同士しっかりと固定します。

 

地震対策として石材の重なる部分には免震シートを使用して大切なお墓をお守り致します。

地震対策として石材の重なる部分には免震シートを使用して大切なお墓をお守り致します。

 

石材の隙間を塞ぐためマスキングテープで養生してからシーリングを行います。

石材の隙間を塞ぐためマスキングテープで養生してからシーリングを行います。

 

 アウラというデザインです。外柵はそよ風を思わせるカーブを、お参り部分には風に揺れる水の輪をイメージして作りました。

アウラというデザインです。外柵はそよ風を思わせるカーブを、お参り部分には風に揺れる水の輪をイメージして作りました。

 

 

※個人情報保護の為、お名前のわかる文字彫刻は画像処理で消しています。

 

本日は奈良県奈良市にある念佛寺でまごころ職人が施工したお墓(基礎工事)づくりをご紹介します。

 

基礎工事着工前の状況です。本日もまごころ職人が丁寧に基礎工事を開始いたします。

 

まずは根掘工から行います。通路面から約60センチ程掘り下げます。

 

次に転圧工を行います。砕石を敷き詰めて人力で踏み固めます。

 

コンクリートを流し込む前に約20センチ間隔で鉄筋を組んでいきます。鉄筋を組む事でコンクリートのひび割れを防ぎます。

 

最後にコンクリートを流し込み表面を均します。コンクリートが固まったら基礎工事の完成です。

 

※個人情報保護の為、お名前のわかる文字彫刻などは画像処理で消しています。

 

本日は千葉県館山市にある八幡共同墓地でまごころ職人が施工したお墓づくり(基礎工事)をご紹介します。

 

 工事着工前の状況です。本日もまごころ職人が丁寧に基礎工事を開始いたします。

工事着工前の状況です。本日もまごころ職人が丁寧に基礎工事を開始いたします。

 

まずは根掘工を行います。通路面から約30センチ程掘り下げます。

まずは根掘工を行います。通路面から約30センチ程掘り下げます。

 

 次に転圧工を行います。砕石を敷き詰めてランマー等で踏み固めます。

次に転圧工を行います。砕石を敷き詰めてランマー等で踏み固めます。

 

配筋工を行います。コンクリートのひび割れを防ぐ為、約20センチ間隔で鉄筋を組んでいきます。

配筋工を行います。コンクリートのひび割れを防ぐ為、約20センチ間隔で鉄筋を組んでいきます。

 

コンクリートを流し込みコテで均一にします。一定の養生期間をおいて基礎が固まれば完成です。 コンクリートを流し込みコテで均一にします。一定の養生期間をおいて基礎が固まれば完成です。

コンクリートを流し込みコテで均一にします。一定の養生期間をおいて基礎が固まれば完成です。