本日のまごころ職人
CLAFTMAN

重要なお知らせ
2020.3.20

本日、読売新聞・朝日新聞で墓じまいのご案内をさせていただきました!

本日のまごころ職人

本日は東京都港区南青山にある青山霊園のお墓づくりをご紹介いたします。

 

 

<石材据え付け状況①>

まずは外柵から。石材用ボンドとモルタルを使用して石材同士しっかりと固定していきます。

 

 

<L字金具取付状況>

石材の隅々にはサビに強いステンレス金具を使用して石材同士しっかりと固定していきます。

 

 

<石材据え付け状況②>

人力で持ち上がらない石材はクレーンを使用して慎重に据え付けます。

 

 

<免震シート取り付け状況>

石材の重なる部分には免震シートを使用します。地震の揺れを軽減して大切なお墓をお守り致します。

 

 

<コーキング状況>

石材の隙間を塞ぐ為マスキングテープで養生してからコーキングを行います。

 

<お墓完成>

まごころ職人が丁寧に施工したお墓が無事完成致しました。低めで安定感のある竿石上部は大きくなだらかな曲線を描いています。全体的に曲線を多く取り入れお隣のお墓との境界をはっきりわけながらも緩やかに仕切り、全体の景観美を構成しています。正面・上面どちらでも彫刻の映える丸みのある門柱が小粋な印象です。

 

 

※個人情報保護の為、お名前のわかる文字彫刻は画像処理で消しています。

 

本日は埼玉県さいたま市緑大間木にある水深東霊園にてまごころ職人が施工したお墓をご紹介します。

 

 

基礎工事が完了して数日が経過しました。

コンクリートが充分に乾いたことを確認して、石積み工事を開始します。

 

 

石材を積み上げていきます。

外側の石材の重なる部分にはステンンレスの丸棒と耐震ボンドを併用し、石同士がズレないようにしっかりと固定します。

地上型の納骨室は二段構えのつくりで、多くのご遺骨をお納めすることが可能です。湿気を逃がすための通気口を設置しております。

 

 

お墓のメインとなる石塔を積み上げていきます。石材が上下に重なる部分には、黒いゴム状の免震シートを挟んで地震対策を施します。

背の高いお墓でも地震の揺れからしっかりとお守りします。

 

 

石材同士の隙間に汚れなどが入り込まないようにマスキングテープで養生してからシーリング処理をします。

 

 

お墓が完成しました。

ハンドブックのデザインから門柱の形を変更し、置き灯篭を追加しました。二色の石材を配置することで広がりと重厚感を両立させた印象になったのではないでしょうか。

完成予想図は何度でもお作りしますので、お気軽にご相談ください。

 

 

 

※個人情報保護の為、お名前のわかる文字彫刻は画像処理で消しています

本日は千葉県松戸市にある公営霊園にてまごころ職人が施工したお墓をご紹介します。


【石積み工事着工開始状況】
先日行った基礎工事が完了しましたので、石積工事を着工いたします。石材が傾いていないか、水平器で確認をしながら石材を組み上げていきます。

 


【L字金具取り付け状況】
お墓の土台となる外柵(囲い)がずれないように、四隅をL字金具で固定いたします。使用するL字金具は錆に強いステンレス製になります。

 

 


【地震対策状況】
まごころ価格ドットコムでは、地震によるお墓の倒壊を防ぐため、全てのお墓に墓石用免震シートを標準でお付けします。更に耐震ボンドでも接着・補強いたします。

 


【コーキング状況】
石と石との間に雨水が入り込まないようマスキングテープで養生しながら墓石用のコーキングを行います。

 


【納骨室の状況】
ご遺骨を埋蔵する納骨室です。奥の白御影石を敷いている部分にお骨壺を安置いたします。手前の砂を敷いている部分は、回忌法要を終えた仏様のご遺骨を土に還すところになります。

 


【完成状況】
外柵(囲い・巻石)とお石塔に黒系中間色の御影石を使用することにより、重厚感のあるお墓に仕上がりました。また、お墓の左右を石張り相上げにすることにより、草むしり等が不要で、お手入れ・お掃除がしやすいお墓になっているのが特徴です。左右の親柱(門柱)を斜めにカットすることにより、入り口部分が広く見えるデザインです。こちらのお墓は天気がよければ太陽光を反射し、綺麗で見栄えするお墓に仕上がりました。

 

 

 

※個人情報保護の為、お名前のわかる文字彫刻は画像処理で消しています。

本日のまごころ職人のお墓づくりは、千葉県松戸市の公営霊園にてお墓の基礎工事を行います。

 
【根彫り工の状況です】

いよいよ工事着工開始です。基礎工事を行うには、根彫り工から始めます。根彫りの深さはグランドライン(通路面)から約30cmほど掘り下げます。通路状況が良い墓地の場合は、重機を使用することも可能ですが、道幅が狭い場合などは職人が手作業で根彫りをすることもございます。

 

 
【砕石入れ・転圧工の状況です】

根彫工を行ったあとに砕石を敷き詰めたら(ランマー)などで充分に転圧し、基礎地盤としての支持力を図ります。どんなに基礎コンクリートを厚く打っても、地固めとなる転圧を十分に行わないと、後々お墓が傾く原因になったりもします。

 

  
【配筋工の状況です】

コンクリートは圧縮強度に比べて引っ張り強度が極めて小さく、ひび割れが入りやすいので約20cm間隔で鉄筋を配筋いたします。鉄筋の下に置いてある四角く白いのは鉄筋が地中に接触しないようにする役割と、生コンクリートが鉄筋の下に潜り込み、鉄筋を包み込みやすくするためです。(鉄筋の錆防止と鉄筋とコンクリートの相乗効果を上げるためです)

 

  
【生コンクリート打設・仕上げ状況】

型枠の中に生コンクリートを打設していきます。施工途中でコンクリートの中に入り込んでいる空気を抜くため、流し込んだコンクリートにバイブレータで振動与えます。コンクリートの高さ調整、水平調整を行いながら基礎コンクリートの天端を仕上げていきます。あとは一定期間養生いたしまして、型枠を外して完成です。

 

 

 

 

※個人情報保護のため、お名前がわかる文字彫刻は画像処理で消しています。

 

 

 

本日は神奈川県大和市にある共同墓地のお墓づくりをご紹介いたします。

 

既存の外柵のあるところにお墓の土台となる基礎を作っていきます。

 

まずは地面から約30cmほど掘り下げる根堀作業を行います。

 

次に敷地内に石を敷き詰める砕石作業と地面を叩き締める転圧作業を行います。どんなに基礎コンクリとを厚く打っても、地固めとなる転圧を十分に行わないと後々お墓が傾く原因になったりもしますので、どの作業も重要ですが砕石転圧作業は非常に重要です。

 

コンクリートは圧縮強度に比べて引っ張り強度が極めて小さく、ひび割れが入りやすいので15cm~20cm間隔で鉄筋を配筋いたします。鉄筋の下に置いてある四角く白いのは鉄筋が地中に接触しないようにする役割と、生コンクリートが鉄筋の下に潜り込み、鉄筋を包み込みやすくするためです。(鉄筋の錆防止と鉄筋とコンクリートの相乗効果を上げるためです)

 

生コンクリート打設、仕上げ後の状況になります。この後はコンクリートが乾くまで数日間養生いたします。乾いて板を外すとお墓の土台となる基礎が完成です。いよいよ石積工事が間近となります。

 

コンクリート基礎コンクリート部分の養生期間が終えましたら、今度は石材を積み上げていきます。基礎部分と石材との間にモルタルを敷、お墓が斜めにならないよう水平器で確認しながら据え付けていきます。

 

お墓の土台となる囲い(外柵)部分には、石と石がずれないように四隅を石材用接着剤とL字金具で固定いたします。使用する金具は錆に強いステンレス製になります。

 

まごころ価格ドットコムでは地震の揺れによるお墓の倒壊を防ぐため、全てのお墓に墓石用特殊ゴムマットを標準でお付けしています。数年前からお石塔を心棒で固定する方法から、こちらの免振工法に移り変わりつつあるようです。

 

石材同士の隙間に汚れなどが入り込まないように、シーリング剤を充填していきます。マスキングテープを丁寧に貼って養生します。小さなヘラを使ってシーリング剤の表面を整えいていきます。

 

完成しました。デザインは当社オリジナルデザインの中でも人気のアコールです。アコールはフランス語で”調和”を意味します。石材は赤茶色の御影石の中国マホガニーと桜色の結晶がほんのりと見えて人気のG688中目を組み合わせました。まさに調和の取れたお墓に仕上がりました。

 

※個人情報保護の為、お名前のわかる文字彫刻は画像処理で消しています。