本日のまごころ職人
CLAFTMAN

重要なお知らせ
2018.10.8

大きな地震や余震があった時は絶対にお墓に触れないようにしてください。

本日のまごころ職人

本日は兵庫県神戸市にある鵯越墓園でまごころ職人が施工した墓つくりをご紹介します。

 

基礎が固まりましたら、石積工事に入ります。

基礎が固まりましたら、石積工事に入ります。

 

まずは外柵から石材ボンドとモルタルで据え付けます。

まずは外柵から石材ボンドとモルタルで据え付けます。

 

石材の角々にはサビに強いステンレス金具を取り付け、しっかり固定しています。

石材の角々にはサビに強いステンレス金具を取り付け、しっかり固定しています。

 

地震対策として、揺れを軽減する黒いゴム状のシートと耐震ボンドで大切なお墓をお守りしています。

地震対策として、揺れを軽減する黒いゴム状のシートと耐震ボンドで大切なお墓をお守りしています。

 

完成しました。

石はグレーの御影石の代表格でもあるG654です。白い石の明るさと黒い石の重厚さを合わせ持つ石です。敷き詰められた五色玉砂利と石とのバランスが絶妙です。

 

※個人情報保護の為、お名前のわかる文字彫刻は画像処理で消しています。

本日は兵庫県洲本市にある神光寺でまごころ職人が施工した基礎工事を紹介します。

 

根掘りします。

根掘り工です。地面を通路面から約30センチ程掘り下げます。

 

砕石します。

掘った部分に砕石を入れ、人力で強く締め固めていきます。

 

配筋します。

格子状に鉄筋を敷き、この上からコンクリートを流し込みます。

 

コンクリート打設します。

コンクリートを流し込み、コテをつかって表面をきれいに整えます。コンクリートが固まり、外枠を外したら基礎工事が完了です。

 

本日は和歌山県日高郡みなべ町にある光明寺でまごころ職人が施工した基礎工事を紹介します。

 

着工前です。

こちらにお墓を建てるための基礎工事を行っていきます。

 

根掘りします。

まずは根掘りという、地面を掘り下げる工程から始めます。
地面を通路面から約30センチ程掘り下げます。

 

砕石し転圧します。

次は石を敷き詰める砕石作業を行っていきます。石を敷き詰めたら、転圧作業と言って地盤を固めていきます。どの工程も重要ですが、地固めは特に重要です。

 

配筋します。

格子状に鉄筋を敷き、この上からコンクリートを流し込みます。

 

コンクリートを流し込みます。

コンクリートを流し込んだ後は、表面を水平に均します。コンクリートが固まれば基礎工事の完了となります。

 

 

本日は千葉県松戸市にある八柱霊園でまごころ職人が丁寧に施工したお墓づくりをご紹介します。

 

基礎が固まりましたら、石積工事に入ります。

基礎が固まりましたら、石積工事に入ります。

 

まずは外柵から石材用ボンドとモルタルで据え付けます。

まずは外柵から石材用ボンドとモルタルで据え付けます。

 

石材の角々にはサビに強いステンレス金具を取り付け、しっかり固定しています。

石材の角々にはサビに強いステンレス金具を取り付け、しっかり固定しています。

 

地震対策として、揺れを軽減する黒いゴム状のシートと耐震ボンドで大切なお墓をお守りしています。

地震対策として、揺れを軽減する黒いゴム状のシートと耐震ボンドで大切なお墓をお守りしています。

 

完成しました。

外柵は「桜御影」とも呼ばれるピンクを帯びた石G488、石塔は重厚な雰囲気のG654です。対照的な色合いにも見えますが、敷き詰められた五色玉砂利も相まって見事なバランスのお墓となっております。

 

※個人情報保護の為、お名前のわかる文字彫刻は画像処理で消しています。

本日は愛知県春日井市にある潮見坂平和公園墓地でまごころ職人が施工した基礎工事を紹介します。

 

着工前です

こちらに基礎工事をしていきます。

 

根掘りしました。

まずは根掘りという、地面を掘り下げる工程から始めます。
地面を通路面から約30センチ程掘り下げます。

 

砕石しました。

根掘りのあとに石を敷き詰めていきます。

 

転圧します。

ランマーで地面をならしていきます。

 

配筋していきます。

格子状に配筋していきます。四角の部分が納骨室になります。筒状のものは雨水などが溜まらないように水抜きのためにつくられています。

 

生コン打設します。

配筋後、コンクリートを流し込みます。

 

基礎工事完了です。

コンクリートが固まり外枠を外したら、基礎工事完了です。