本日のまごころ職人
CLAFTMAN

重要なお知らせ
2020.9.5

Life.(ライフドット)から取材を受けました。

本日のまごころ職人

本日は、兵庫県神戸市にある鵯越墓園でまごころ職人が施工したお墓づくりをご紹介します。

 

コンクリートを打設して養生し十分に強度が出たら石積工事の開始です。

関西地区では比較的面積の広い6㎡の敷地での施工になります。

 

 

外柵(巻石)を敷地一杯に回して四隅と納骨室の接合部分をステンレス製のL型金具で石がズレないようにしっかりと固定します。

 

仏様が休まれる納骨室の壁面は白御影を磨いた石で立ち上げて底部には綺麗な砂を敷き詰めて清潔な状態にします。

 

石塔の石と石の間には、建設業界で長く使用されていてるブチルゴムを挟んで積み上げていきます。この黒いゴムが大切なお墓を地震の揺れから守ります。

 

クレーンで吊りながらクランプと呼ばれる鉄製のハサミを使用して据え付けします。

その際には、免震シートを貼り付けて水平器で前後左右の勾配やバランスを見ながら慎重に積み込み作業を行います。

 

参道部分には4枚の敷石に三本線のボーダーを入れて雨天時のお参りに備えて滑り止め加工を施しました。

 

和型で白系の御影石が多い墓地の中で、グレー御影石の洋型が一段と引き立っています。

滑り止めラインが入った敷石と五色の玉砂利のバランスが絶妙な仕上がりになりました。

 

※個人情報保護の為、お名前のわかる文字彫刻は画像処理で消しています。

本日は、神奈川県横浜市にある久保山墓地でまごころ職人が施工したお墓づくりをご紹介します。

 

こちらの基礎の上に石積工事を施工します。

 

まずはモルタルと石材用ボンドで据え付けていきます。水平器で勾配を見ながらプラスチックハンマーで据え付けしていきます。

 

石材を据え付けていく際、角々にはステンレス製のサビにくいL型金具とアンカーボルトで石同士を強固に固定します。

 

石材と石材の間には地震に強い免震の黒色の四角いシート(ブチルゴム)とボンドを挟み込んで積み上げていきます。このシートが大切なお墓を地震から守ります。

 

プラスチックハンマーで叩き込んで前後左右の位置調整を行いズレなく据え付けていきます。石材同士の隙間を塞ぐためマスキングテープで養生してからシーリングを行い、石積工事が完了となります。デザインは当社オリジナルの”ソワレ”というものです。石材はグレー御影石の代表格のG654です。この石は白い石の明るさと黒い石の重厚さを併せ持つのが特徴の人気の石です。シンプルな中にも風格のあるお墓に仕上がりました。当社ではお客様のお持ちの墓地区画に合わせ、既存のデザインやお客様ご希望のデザインで完成予想図を作成いたします。是非お墓つくりのご計画のご予定がありましたら、御相談くださいませ!!

 

※個人情報保護の為、お名前のわかる文字彫刻は画像処理で消しています。

 

本日は三重県鈴鹿市の寺家町にある共同墓地でまごころ職人が施工したお墓づくりをご紹介します。

 

石積工事着工前の状況です。しっかりと養生期間をおきましたのでまごころ職人が丁寧に石積工事を開始いたします。

 

 

石材の隅々にはサビに強いステンレス金具、ステンレスアンカーを使用しています。石材同士がズレないようにしっかりと固定します。

 

地震対策として石材の重なる部分には免震シートを使用しています。地震の揺れを軽減して大切なお墓をお守り致します。

 

石材の隙間を塞ぐためコーキング剤でシーリング加工を施します。

 

本日もまごころ職人が施工したお墓が無事完成致しました。「アネシス」というデザインで低めで安定感のある竿石上部は大きくなだらかな曲線を描いています。全体的に曲線をとりいれ全体を統一感のあるイメージにおつくりしています。使用している石材はG654を使用していて和型・洋型を選ばない人気の石種です。

 

まごころ職人は工事が終わった後、使用した通路などを清掃して他のお墓にご迷惑が掛からないようにしています。このようにすべての作業を心を込めて行っております。

 

※個人情報保護の為、お名前のわかる文字彫刻は画像処理で消しています。

本日は、愛知県春日井市にある寺院墓地でまごころ職人が施工したお墓づくりをご紹介します。

 

外柵下部の巻石を調整モルタルで高さを調整します。水平器で勾配を見ながらプラスチックハンマーで据え付けしていきます。

 

巻石の四隅は、ステンレス製のL型金具とアンカーボルトで石同士を強固に固定します。

 

外柵の上下についても、やはりステンレス製の丸棒を差し込んで地震の際にズレが生じないようにします。

納骨室内部の底には、白御影石の棚板を設置します。棚板の上に骨壺を安置する作りになっています。

 

外柵の天板をユニック車のクレーンで布製のベルトを用いて慎重に吊りながら丸棒の位置を調整し、石材用のボンドを充填して据え付けします。

 

石材と石材の間には長年建設現場で使用してきた黒色の四角いシート(ブチルゴム)を挟み込んで積み上げていきます。このシートが大切なお墓を地震から守ります。

 

彫刻を施した仏石(竿石)を据え付ける際には、プラスチックハンマーで叩き込んで前後左右の位置調整を行います。

 

正面の彫刻には、仏石の左下と右上には梅と菖蒲を配置しました。シンプルなデザインに中間色のグレー御影石がマッチした素敵な洋型のお墓の完成です。

 

※個人情報保護の為、お名前のわかる文字彫刻は画像処理で消しています。

 

 

本日は大阪府岸和田市流木町の岸和田墓苑でまごころ職人が施工したお墓づくりをご紹介します。

 

既存の外柵と先日施工した基礎の上に石積工事を行っていきます。

 

まずはモルタルと石材用ボンドで据え付けていきます。

 

土台の据え付け完了です。

 

石材同士重なる部分には免震シートを使用しています。大切なお墓をお守りする為、地震の揺れを軽減するように工夫をしています。

 

石塔を積んだあとは墓誌の設置と拝石を敷きつめて仕上げに向かいます。傾きなどが無いよう水平器をあててしっかりと仕上げていきます。

 

据え付けが終わりましたら、玉砂利を敷き詰めて石積工事完了となります。石塔と墓誌の石材はグレー御影石の代表格のG654です。この石は白い石の明るさと黒い石の重厚さをバランスよく兼ね備えているが特徴で和型・洋型問わず人気です。五色玉砂利の白系とバランスが良く仕上がりました。弊社ではこのお墓のように既存の外柵を利用することも可能です。墓地区画をお持ちで建立をご計画予定の方、まだ区画はないけどいずれお墓を建てたいという考えの方どしどし御相談いただければと思います。全力でサポートさせて頂きますので、是非お問い合わせください。!