まごころアドバイザーサポート日誌
STAFF BLOG

お知らせ
2021.8.24

ワイドスクランブルで当社墓じまい調査が使用されました。(8/24更新)

お墓じまいした後のお骨は?

「お墓じまいはしないといけないんですが、次の供養先がなかなか見つからずに計画が進められない」「お墓じまいをしたらお骨はどうすればいいのか」というご相談をいただくことがあります。

お墓じまいをする際には、ご遺骨の次のご供養先をお決めいただく必要がございます。

改葬申請が必要

次のご供養先へご遺骨をうつす(改葬)ためには、現在のお墓がある市区町村へ申請が必要となります。

改葬の手続きには、「改葬許可申請書」、「埋葬証明書(現在のお墓)」、「受入証明書(次のご供養先)」が必要になります。
(※手続きや様式は市区町村により異なります)

申請手続きを行い、行政からの許可が下りてから、改葬を行います。

私どもでは、改葬手続きについて必要書類の確認、提出代行など、サポートさせていただいております。
「手続きが難しいそうで心配・・・」という方も安心してお任せください。

永代供養墓「まごころの碑」

私どもでも永代供養墓(合葬墓)がございます。「次の供養先が見つからない」、「価格を抑えたい」、「最初から最後まですべて任せたい」などさまざまな理由でお選びいただいております。

「まごころの碑」にお納めされる場合には、お墓じまいの工事から手続き、次のご供養先まで、すべて私どもでサポートさせていただくことができます。

お墓じまいのお見積りは無料でお作りしております。
お気軽にご相談ください。

太田

私たち「まごころスタッフ」が皆さまのご供養をお手伝いさせていただきます。

あなたにあったご供養のかたちを。

たくさんの思い出を重ねた、大切なご家族のためのお墓。
忙しい毎日、心のどこかで気になっている故郷のお墓。

亡くなった方を想うご供養のかたちは人それぞれです。
ひとつひとつ丁寧に時間をかけたい方。忙しくてなかなかお時間に余裕のない方。少子高齢化が加速する日本においては、新たなご供養のかたちが求められているのも現実です。

まごころ価格ドットコムでは、皆さまのさまざまなご要望やベースにあわせたご供養のご提案をさせていただき、ご満足いただけるよう全力でお手伝いいたします。

墓つくり、墓彫刻、墓じまい。

3つのまごころサービスで、皆さまのご供養が最上のかたちとなるよう寄り添ってまいります。

東京・千葉・神奈川など首都圏はもちろん日本全国のお客様へ、信頼と満足を提供し続けることが私たちの使命です。