まごころアドバイザーサポート日誌
STAFF BLOG

お知らせ
2021.8.24

ワイドスクランブルで当社墓じまい調査が使用されました。(8/24更新)

お墓じまいの不安

最近、私どもまごころ価格ドットコムにご相談をいただく内容の多くは、「お墓じまい」についてです。

しばらくお墓参りに行く事ができていない、お寺のお墓を墓じまいしたい…。
公営霊園のお墓を墓じまいして、そのまま合祀墓に入れたい…。
遠縁の親戚のお墓を面倒見ているのですが、お墓じまいを考えている…。
ご遺骨を引き取ることができないので、墓じまいからすべてお願したい…。
地元の共同墓地ですが、なかなか行けないのでお掃除ができていない。
周りのご迷惑になるので墓じまいをしたほうが良いのでしょうか…。

みなさまいろいろなご事情があおりなので、ご相談もさまざまです。

お墓じまいで一番重要なこと

お墓じまいにおいて、一番重要なことは何だと思いますか?

お寺様との関係や、費用の事…と思われた方も多いかと思いますが、
実際には『ご親族間の相談(同意)』が一番重要なのです。

「お墓じまい」をするということについて、
ご親族と相談をされていらっしゃいますか?

以前新聞で、
お寺にお墓参りに行ったら「墓じまい」されており、お墓が無かった。
相談無しに「墓じまい」をされて精神的に傷ついたということで親族に
損害賠償を請求した。
という、親族間のトラブルについての記事を読みました。

墓じまいの第一歩は、ご親族へご相談をしていただくこと。

みなさまご納得の上でご計画をお進めいただくのが一番のご供養です。

ご親族から墓じまいの同意が得られたら…

お墓じまいの後の「ご遺骨の移動先」(永代供養先)をお決めください。

そして、お墓のお写真、間口・奥行の寸法をいただけましたら、お墓じまいに
かかる費用をお見積もりさせていただきます。
お見積もりは無料でございます。

ご不明な点がございましたらご相談ください。きっとお役に立ちます。
ご連絡をお待ちしております。

山本

私たち「まごころスタッフ」が皆さまのご供養をお手伝いさせていただきます。

あなたにあったご供養のかたちを。

たくさんの思い出を重ねた、大切なご家族のためのお墓。
忙しい毎日、心のどこかで気になっている故郷のお墓。

亡くなった方を想うご供養のかたちは人それぞれです。
ひとつひとつ丁寧に時間をかけたい方。忙しくてなかなかお時間に余裕のない方。少子高齢化が加速する日本においては、新たなご供養のかたちが求められているのも現実です。

まごころ価格ドットコムでは、皆さまのさまざまなご要望やベースにあわせたご供養のご提案をさせていただき、ご満足いただけるよう全力でお手伝いいたします。

墓つくり、墓彫刻、墓じまい。

3つのまごころサービスで、皆さまのご供養が最上のかたちとなるよう寄り添ってまいります。

東京・千葉・神奈川など首都圏はもちろん日本全国のお客様へ、信頼と満足を提供し続けることが私たちの使命です。