まごころアドバイザーサポート日誌
STAFF BLOG

お知らせ
2021.8.24

ワイドスクランブルで当社墓じまい調査が使用されました。(8/24更新)

お墓と仏壇の違い

もうすぐ春彼岸ですね。
今年は全国的に暖冬だったので、春彼岸の時期はいつも雪が積もっている地域も、
お墓参りができそうですね。
いつも雪があるから仏壇で済ませていた!!
という方も、今年はお参りをされてみてはいかがでしょう。

ところで皆さんは、お墓と仏壇の違いはおわかりですか。

お墓

お墓は亡くなった人を埋葬する場所です。
同時に祈りの場所でもあります。
墓前で祖父母や両親が
『みんなで来たよ。』
『孫連れてきたよ。』
なんて話しかけているのを見かけたことはないでしょうか。
お墓は故人と生きている人が繋がることができる場所とも言えると思います。

どうしてお墓は石なのか!?

自然物の中で、硬くて風化に強いものというのに、石が適していたのです。
お墓は世代を超えて共有するものですから、このような条件に合う
石が使用されたのです。

建立されてから何十年、もしくは100年以上経っているのではないかと思われる
墓石を見かけることもあります。
親から子へ、子から孫へと継承されてきたんだろうなと歴史を感じますね。

仏壇とは

お仏壇にはご先祖様のお位牌やお写真を飾る場合も多いので
なんとなくお墓と同じなのではないかと思ってしまいますよね。
でも実は違うんです。

仏壇はご本尊様をお祀りする場所

仏壇には各宗派のご本尊様もお祀りしているかと思います。
墓地との一番の違いですね。
仏壇は自宅にお祀りしているお寺というイメージです。

もともと自宅にある小さなお寺に、位牌や写真を飾るようになり
故人を偲ぶ姿はこれからも継承していけたらいいなと思っております。

最上

 

 

 

私たち「まごころスタッフ」が皆さまのご供養をお手伝いさせていただきます。

あなたにあったご供養のかたちを。

たくさんの思い出を重ねた、大切なご家族のためのお墓。
忙しい毎日、心のどこかで気になっている故郷のお墓。

亡くなった方を想うご供養のかたちは人それぞれです。
ひとつひとつ丁寧に時間をかけたい方。忙しくてなかなかお時間に余裕のない方。少子高齢化が加速する日本においては、新たなご供養のかたちが求められているのも現実です。

まごころ価格ドットコムでは、皆さまのさまざまなご要望やベースにあわせたご供養のご提案をさせていただき、ご満足いただけるよう全力でお手伝いいたします。

墓つくり、墓彫刻、墓じまい。

3つのまごころサービスで、皆さまのご供養が最上のかたちとなるよう寄り添ってまいります。

東京・千葉・神奈川など首都圏はもちろん日本全国のお客様へ、信頼と満足を提供し続けることが私たちの使命です。