まごころアドバイザーサポート日誌
STAFF BLOG

お知らせ
2021.8.24

ワイドスクランブルで当社墓じまい調査が使用されました。(8/24更新)

お墓のなかのお骨は、墓じまい後どうなるの!?

先日、墓じまいのお問合せをいただいたお客様から
『今、墓じまいをしようと思っているんですが、お骨ってどうすればいいんですか?』というご相談をいただきました。
そこで今回は簡単に墓じまいをした後の、お骨の供養先についてご案内させていただきます。

お骨の供養先は、どんな方法があるのか

日頃、全国から墓じまいのご相談をいただくうえで私どもでは、供養先のご紹介もさせていただいております。
供養先は、大きく分けて4つの方法をご紹介しております。

①永代供養墓…永代にわたり管理してくれるお墓です。ご家族だけの個別タイプとお骨を皆様合わせて納骨する合葬タイプがございます。

②納骨堂…室内にあり、比較的交通の便が良い駅の近くなどに施設があることが多いです。
ロッカー式や自動搬送式といって、専用のキーを渡され建物内に作られた参拝スペースで、専用のキーを使って操作します。コンピュータで制御された搬送システムを利用して、ご遺骨の納められた墓石が目の前まで運ばれてくるという仕組みもあるようです。

③樹木葬…その名の通り、墓石ではなく樹木を墓標として、その地面などにご遺骨を埋葬して自然と共生している方法です。

④散骨…最近では、海洋散骨・宇宙葬など耳にすることも増えて参りました。『死後、自然に還りたい』『広い海で眠りたい』といった故人の生前の遺志や親族の希望などで選択されています。

供養先の希望はあるけど、どうやって探したらいいのか

ご家族・ご親族様でご相談後に、例えば永代供養墓がいいなと決まったが
どこにその施設があるのかとご不安になるお客様もあると思います。

インターネットで調べてみたり、役所に問合せをしてみたりと様々な方法で
検討されることだと思います。

私どもでは、お客様のご希望地域によってご紹介先があった場合、永代供養先のご紹介もしております。よろしければ、墓じまいの解体工事費用のお見積もりと一緒にご相談くださいませ。お客様の墓じまいを精一杯サポートいたします。

乙部 ゆう子

私たち「まごころスタッフ」が皆さまのご供養をお手伝いさせていただきます。

あなたにあったご供養のかたちを。

たくさんの思い出を重ねた、大切なご家族のためのお墓。
忙しい毎日、心のどこかで気になっている故郷のお墓。

亡くなった方を想うご供養のかたちは人それぞれです。
ひとつひとつ丁寧に時間をかけたい方。忙しくてなかなかお時間に余裕のない方。少子高齢化が加速する日本においては、新たなご供養のかたちが求められているのも現実です。

まごころ価格ドットコムでは、皆さまのさまざまなご要望やベースにあわせたご供養のご提案をさせていただき、ご満足いただけるよう全力でお手伝いいたします。

墓つくり、墓彫刻、墓じまい。

3つのまごころサービスで、皆さまのご供養が最上のかたちとなるよう寄り添ってまいります。

東京・千葉・神奈川など首都圏はもちろん日本全国のお客様へ、信頼と満足を提供し続けることが私たちの使命です。