まごころアドバイザーサポート日誌
STAFF BLOG

重要なお知らせ
2020.9.5

Life.(ライフドット)から取材を受けました。

もうすぐ秋彼岸

2020年の秋彼岸は9月19日(土)~9月25日(金)
毎年、春・秋の2回訪れるお彼岸はお墓参りに行ってぼた餅やおはぎを食べることが一般的です。
でも、そもそもお彼岸っていつか始まってどういう意味があるのでしょうか。
それにお彼岸の時にどんなものをお供えするのでしょうか。

彼岸は日本だけ!

お彼岸は春と秋の2回あり、春分・秋分を中日にして前後三日を合わせた7日間にあたり、ご先祖様に感謝をささげる仏道精進の期間を指します。
「彼岸」とは向こう岸を意味する言葉で仏の理想の世界とさせる悟りや浄土のことをいうそうです。
この浄土にわたるために善事を行い、先祖の想いをはせ供養する期間を彼岸と言うようになったそうです。
実はお彼岸は日本独自の行事で「春分」「秋分」は中国や韓国にもあるのですか、
お彼岸にご先祖を供養する文化はないそうです。

お墓参りに何が必要?

実は準備するものは普段、お供えしているものばかりなんです。
水・線香・花・ロウソク・供物など… 難しく考えずに故人が好きだったものをお供えして構わないと思います。

2020年のお彼岸は、それぞれさまざまな思いで迎えることになると思います。
遠方にお墓がある方はこの時期を避け、新型コロナウイルスが落ち着いた頃に、改めてお参りに行こうと考えているかたも多いと思います。

寺澤 美紀