まごころアドバイザーサポート日誌
STAFF BLOG

お知らせ
2021.8.24

ワイドスクランブルで当社墓じまい調査が使用されました。(8/24更新)

梅雨時期のお墓のお手入れ

梅雨の時期はジメジメとして、気分も憂鬱になってしまいます。

お墓にとっても雨が続く梅雨は影響を受けてやすいのです。
そのため、今回は雨が多い梅雨の時期に気を付けたい、お墓のお手入れの注意点をご紹介いたします。

梅雨の時期は要注意

墓石に使われている御影石は、よく見ると細かな穴が無数に空いています。その穴に水がたまった状態が続くと石の変色が固定化してしまったり、劣化してしまう恐れがあります。

梅雨の時期に晴れた日があったら、お墓の水分をしっかりと拭き取ることが大切です。
通常の水洗いで汚れを落としたあと、乾いたタオルを複数枚用意して墓石の水分を拭き取りましょう。

墓石の劣化をできるだけ防ぐには、雨が多い梅雨の時期にこそ、こまかなお手入れが必要となります。

雨の日のお墓参りは注意

雨の日にはお墓が濡れて非常に滑りやすくなっております。また土がぬかるんで、足がとられてしまう危険性もございます。転倒をしてケガをしてしまっては大変ですので、雨の日にお墓参りに行かれる際には、いつも以上に足元にはお気をつけください。

また、お墓参りの際にはお供え物は必ず持ち帰るようにしてください。梅雨の時期は特に湿気も多く、食べ物も傷みやすくなります。

雨が続くと、外に出かけるのもなかなか億劫になりますが、晴れた日には大切なご先祖様への感謝も込めてぜひお掃除へ出かけてみてはいかがでしょうか。

太田

私たち「まごころスタッフ」が皆さまのご供養をお手伝いさせていただきます。

あなたにあったご供養のかたちを。

たくさんの思い出を重ねた、大切なご家族のためのお墓。
忙しい毎日、心のどこかで気になっている故郷のお墓。

亡くなった方を想うご供養のかたちは人それぞれです。
ひとつひとつ丁寧に時間をかけたい方。忙しくてなかなかお時間に余裕のない方。少子高齢化が加速する日本においては、新たなご供養のかたちが求められているのも現実です。

まごころ価格ドットコムでは、皆さまのさまざまなご要望やベースにあわせたご供養のご提案をさせていただき、ご満足いただけるよう全力でお手伝いいたします。

墓つくり、墓彫刻、墓じまい。

3つのまごころサービスで、皆さまのご供養が最上のかたちとなるよう寄り添ってまいります。

東京・千葉・神奈川など首都圏はもちろん日本全国のお客様へ、信頼と満足を提供し続けることが私たちの使命です。