まごころアドバイザーサポート日誌
STAFF BLOG

重要なお知らせ
2020.9.5

Life.(ライフドット)から取材を受けました。

永代供養ってなんですか?

最近は供養に対する考え方や意識の希薄化でお墓を持たない供養方法が注目されています。
また、お墓の継承者がいないといったことや、遠方にお住まいで墓もりするのか難しいなどで永代供養を選択する方も多くなってきました。

永代供養とは

寺院や霊園がご遺骨を預かり、供養や管理を行ってくれる供養方法のことです。
ただ、「永代供養」といっても永久的に供養してもらえるのではなく、十七回忌から
五十回忌までと依頼先によって供養期間や管理方法が異なります。

大きく分けて2つ

お骨を個別に供養する「個別型」とお骨を他の方と一緒に供養する「合祀型」の2種類があります。
合祀型の場合、費用のご負担は少ないですが、一度ご遺骨をお納めしてしますと取り出すことができないというデメリットもありますので、ご家族でよくお話し合いすることをお勧めします。

個別型の場合でも、三十三回忌から五十回忌などの一定期間を一つの区切りとして、
そのあとは合祀で供養するところが一般的です。
さまざまな事情で永代供養をお考えのかたにとっては、とても有用な供養方法だと思います。
また、永代供養を利用した方がよりしっかりと供養できることも考えられます。

私どもで永代供養塔「まごころの碑」があり、寺院が供養と管理を行っている合祀型になります。ご興味のおありになる方はお問合せください。

寺澤美紀