まごころアドバイザーサポート日誌
STAFF BLOG

お知らせ
2021.8.24

ワイドスクランブルで当社墓じまい調査が使用されました。(8/24更新)

間もなく新元号が発表されます

現在の天皇陛下が2019年4月30日で退位されることが確定しており、2019年5月1日
から皇太子さまが新たな天皇陛下に即位されます。
そうなると「平成」からどんな元号に変わるのか気になる方もいると思います。

平成の次はこんな元号!と話題になっていますよね

・文世(ぶんせ)
・啓世(けいせい)
・啓正(けいしょう)
・安久(あんきゅう)
・安明(あんめい)

その制定にいくつか条件があるそうです。
・今まで使われたものでないこと
・国家の理想として相応しいもの
・書きやすい文字
・読みやすい文字
・漢字文字
・俗用されていないもの
あとは省略するときのイニシャルが最近のものと被らにことも条件の一つになってくると思います。
例えば、平成(H)、昭和(S)、大正(T)、明治(M))

元号とお墓の関係

墓石建立にも元号変更の影響は少なからずあります。
多くのお墓に建之日「平成〇〇年〇〇月吉日」(※一部宗派を除く)と建てた方のお名前を刻まれますが、4月1日の新元号の発表を待っておつくりになる方も多くいらっしゃると思います。
新しい元号の一年目は「〇〇元年〇〇月」と元年を彫刻することができる唯一の年になります。
私どもはお墓の完成まで約2ヶ月の期間が必要です。新元号元年で建立を検討してらっしゃる方は早めのご相談をお待ちしております。

寺澤 美紀

私たち「まごころスタッフ」が皆さまのご供養をお手伝いさせていただきます。

あなたにあったご供養のかたちを。

たくさんの思い出を重ねた、大切なご家族のためのお墓。
忙しい毎日、心のどこかで気になっている故郷のお墓。

亡くなった方を想うご供養のかたちは人それぞれです。
ひとつひとつ丁寧に時間をかけたい方。忙しくてなかなかお時間に余裕のない方。少子高齢化が加速する日本においては、新たなご供養のかたちが求められているのも現実です。

まごころ価格ドットコムでは、皆さまのさまざまなご要望やベースにあわせたご供養のご提案をさせていただき、ご満足いただけるよう全力でお手伝いいたします。

墓つくり、墓彫刻、墓じまい。

3つのまごころサービスで、皆さまのご供養が最上のかたちとなるよう寄り添ってまいります。

東京・千葉・神奈川など首都圏はもちろん日本全国のお客様へ、信頼と満足を提供し続けることが私たちの使命です。