まごころアドバイザーサポート日誌
STAFF BLOG

重要なお知らせ
2020.6.4

まごころ価格ドットコムの記事がyahooニュースで紹介されました。

まごころアドバイザーサポート日誌

墓じまいのご相談では、多くの方から『いくら費用がかかるのか知りたい。』と、ご質問をいただきます。
墓じまいの費用は、各会社によっても異なると思いますが、広さ、高さ、構造、何基あるかなど条件により費用が異なります。

墓じまいの費用は?

わたくしども、まごころ価格ドットコムのホームページやパンフレットでは、墓地の平米数に応じたお墓じまいの費用をご案内しています。
お電話やメールで『費用』について問い合わせがあり、お客様に『墓地の広さはどれくらいございますか?』とご質問をすると、『一般的な墓地です。』や『普通です。』という回答が多くございます。

費用は知りたいが広さはわからない、というお客様が多いのではないかと思います。
墓地の広さや、お墓の構造は全国で異なるということを知っていらっしゃるかたは少ないのかもしれません。

見積りは無料

概算でも良いから金額を知りたいというかたでしたら、墓じまいをする予定の墓地の広さを把握されるのがよろしいと思います。
写真などもあれば、より現実に近い費用をご案内できるかもしれません。

確実な金額をということでしたら、無料の墓地立会いサービスのご利用をお勧めいたします。
離島の墓地などはお見積もり作成に費用がかかるケースがありますが、ほとんどの墓地は、私どもがお墓を拝見してお見積書を作る無料のサービスをご利用いただけます。

墓じまいを検討しているかた、気になっているかた、近い将来その必要があるかたなど、ぜひ無料のサービスをご利用くださいませ。
お問い合わせ、ご相談をお待ちしております。

成田

お墓参りに行くと石塔や墓誌(墓標・法名碑)に建立者名とは別に戒名を彫刻しているのを目にすると思います。

そもそも戒名とは何か?

戒名とは厳しい戒律を守って仏門に入った人が授かる名前のことです。
つまり「戒名」「法名」は仏教に帰依した僧侶や信者のみに与えられた名前のことを言います。
本来は生きている間に戒を受けて、仏教者として生活を送ることが理想だそうです。そのため、大半の寺院では生前に戒名を授かることを「生前戒名」をいただく事を望ましいと提唱しているそうです。
しかし、現代では普通に生活していくうえで絶対に必要なものではないため、亡くなってから戒名が授けられるというのが一般的だと思います。

宗派別の戒名の特徴

戒名は宗派によって呼び方が違うことをご存知ですか?
天台宗、真言宗、浄土宗、曹洞宗、臨済宗は「戒名」と言いますが、浄土真宗では戒律がないため、戒名という言い方をせずに「法名」と言います。
また、日蓮宗は法号と言います

戒名を用意する前に、故人のお人柄を尊重し反映して頂きたいというお考えをご住職にお伝えください。
お墓に埋葬されている人を後世に残す絡割があります。
お墓参りに行かれたときにご先祖様の名前を見ることで、ご自身の先祖に想いを馳せることができると思います。

どんなお悩みもプロとして適切にそしてお気持ちを汲んでご提案していきます。

寺澤 美紀

先日、お客様から墓誌に法名を追加したいんだけど「尼」の文字が小さいのは何故?間違いじゃない?ととご質問をいただきました。私たちはお墓という仕事をしていますので、普通のこととしてとらえますが初めてお墓を建てる方はわからないですよね。そこで今回は「尼」についてご説明させていただきます。

法名と呼ぶのは浄土真宗

釋・釋尼(しゃく・しゃくに)は浄土真宗のみで使われます。通常は釋○○という具合に、釋の次に2文字つけることになります。釋は男性、釋尼は女性というように男女で別々です。ちなみに釋・釋尼の上のクラス(クラスという表現は間違ってますが、わかりやすいように表記しています)には院釋・院釋尼という院号がついたものがあります。なお、「釋」という文字は、お釈迦様の釋のことでお釈迦様の弟子になるという意味があります。

「尼」の文字が小さいのは何故?

特別な意味は無いようです。単純にこの法名は男性なのか、女性なのかを表す文字として「尼」が使われてきました。ただ、近年は男女の性別を分別もしないという考えから、女性であったとしても「釋」のみを使用するケースが増えているようです。
まごころ価格ドットコムでは基本的には「尼」の文字を小さく彫刻いたしますが、大きく彫刻してほしいとの要望がございましたらお気軽にご連絡お申し付けください。

まごころ価格ドットコム
本間

これからお墓を建てようとしている方に質問です。
お墓は「いつ」建てればいいかわかりますか?
実は、お墓を建てるのに「いつ」という決まりは特にないんです。意外ですよね。
それでも一定の目安のようなものは欲しいですよね。
今回は、そんな「いつ」について説明いたします。

春彼岸・秋彼岸・お盆

「お彼岸までには建てたい」「お盆までには用意したい」こういったご要望をいただくことがございます。
親族が多く集まり、お墓参りされるこの時期までにお墓を建てたいという方が比較的多いと思います。
こういった風習にあわせる事が目安としてはわかりやすいのかもしれませんね。

百か日・一周忌

故人の命日にあわせて建てる方も多くいらっしゃいます。
百か日や一周忌以外にも、命日やその他記念日などにあわせる方もいらっしゃいます。
ご親族の都合やご家族の都合によって考え方はそれぞれですので、あくまで目安として参考にしてください。

お墓の完成まで

お墓を建てる「いつ」が決まったらあとは、お墓のデザインなどを決めていく段階になると思います。
まごころ価格ドットコムでは、お墓のご依頼はご契約後、約2か月の納期をいただいております。ご依頼をいただきお見積書をお作りさせていただくにも日数がかかりますのでお早めにご計画をすすめられることをオススメいたします。
その他、お墓の事でご不明な事がございましたらまごころ価格ドットコムまでにご連絡ください。
ご連絡をお待ちしております。まごころアドバイザーは一般社団法人日本石材産業協会が認定する「お墓ディレクター」の資格と、一般社団法人終活カウンセラー協会が認定する「終活カウンセラー」の資格を有しています。

山内

まごころ価格ドットコムの石井です。
前回、散骨は刑法190条 遺骨遺棄罪にはあたらないという事を
お伝えしましたが今回は、もう1つの大事な法律
「墓地、埋葬等に関する法律(略して墓地埋葬法)」の部分に触れていきます。

最近は少なくなりましたが、以前は散骨は墓地埋葬法に違反しているのではないかという
話を多く耳にしました。
この墓地埋葬法の4条1項には、こういう記載があります。
「埋葬又は焼骨の埋蔵は、墓地以外の区域に、これを行ってはならない。」とあります。
これを読むと、散骨は墓地以外の区域なので違反すると捉える方もいらっしゃいます。
ですが、墓地埋葬法による埋葬は、「死体を土中に葬ること(土葬)をいう」とあります。
散骨はすでに墓地に焼骨されて埋蔵されているご遺骨を取り出し粉末状(粉骨)にして
散骨しますので、4条1項の埋葬にも焼骨の埋蔵にも該当しません。。
散骨自体は墓地埋葬法に想定されていない葬送方法です。
この法律の規制対象外と言わざるを得ないというのが現状ですので
結果的に散骨は、墓地埋葬法に違反しないという事になります。
平成10年6月に現在の厚生労働省が発表した報告書によると
「散骨が公衆衛生上の問題を生じたり、社会通念上国民の宗教的感情を損なうような
形で行われない限り、規制の対象にはならない」とあります。
散骨は、正しくおこなうかぎり、法律に違反することはありません。

前回と今回で、散骨に関してよく言われる2つの法律の部分に関して、
お伝えできたのではないかと思います。
次回は、宗教的感情の部分にあたると思いますが、
散骨してはいけない場所や、なぜ駄目なのかという部分をお伝えしたいと思います。

次回へつづく。