墓じまいトータルサポート 解体付き安心墓つくり

まごころアドバイザーサポート日誌
STAFF BLOG

お知らせ
2022.7.27

施工実績を更新いたしました。

まごころアドバイザーサポート日誌

お盆の時期がやってまいりました。

お盆とは祖先の霊を祀る(まつる)ために行われる行事です。

お盆には、ご家族様がご先祖様の供養をするのが
一般的です。

私はこの仕事をするまで知らなかったのですが
お盆の時期が地域によって違うということを
ご存知でしたでしょうか。

各地域のお盆時期は、
7月13日~15日
東京都(一部地域を除く)、南関東(主に都市部)などです。

8月20日前後(旧盆)
沖縄県、奄美など南西諸島の一部です。

8月13日~15日(月遅れの盆)
日本のほとんどの地域ではこの期間が多いです
南関東(一部地域を除く)、西日本全般と北関東以北などです。

期間は違うようですが、全国の7割程度のかたが
8月13日~15日の期間にお盆時期をむかえる
地域がほとんどのようです。

私も毎年お盆期間になるとお墓参りに行き
お墓の前で手を合わせると気持ちがすっきりいたします。

皆さまもこれから迎えるお盆期間は
ご家族そろってご先祖様のお墓参りに
行かれることと思います。

これからお墓を新しくお建てになるかたは
ぜひ、まごころ価格ドットコムのカタログを
ご請求くださいませ。

お客様に『ここで建てて良かった。』と思って頂けるよう頑張ります!!

乙部

「どんなお墓が良いですか?」
「ご希望はすべて叶えます」
「石はこれがいいですよ」など、次々と質問攻めにされました。
白紙のメモにデザイナーが「言ってくださった通りに書きます!」

これは私どもでお墓を建てていただいたお客様が他店に見積もりをお願いしに行った時の話だそうです。
お客様は困ってしまいました。
お店の人の気持ちは解るし、嬉しいが…
お墓づくりは初めてなので何をどうしたらいいのかが、分からないのでプロに聞きに行ったのに初めからオリジナルデザインは金額もわからないので不安になったそうです。

実はお墓のデザインを決めるのはとても難しいのです。
なぜなら、毎日購入する野菜や果物のように馴染みがあるものではないからです。
比べるものがないと初めての方は迷ってしまいます。

「お墓のことはわからない。プロに任せておけばいい。」というのは間違いです。
お墓も正しい知識があれば難しくありません。

お墓づくりをご検討お客様にお伝えしたいこと
「まずはまごころ価格ドットコムの無料のお墓のカタログをご請求ください」
その中にはお墓の辞典、デザイン、石の種類などお墓づくりに必要なものが詰まっています。
まごころ価格ドットコムまでお気軽にご連絡ください。

これからもご家族の愛のシンボルであるお墓づくりをお手伝いしていきます!

まごころマン-本間一彰
本間

「自分は関東に住んでいるけど、墓地が東北にあってね・・・
先祖代々のお墓があるんだけど、それを建てなおしたいんだよね。
そういうこと、できる?」と、お電話を頂きました。

お任せください!!私どもの得意分野です!!

お墓の場所を確定できれば、私どもだけで墓地確認させていただき
完成予想図・お見積りを製作させていただくことも、もちろん可能です。

近々お墓にお参りに行くご予定があるとのことでしたら
その際にお立会をさせていただくこともできます。

お電話いただいたお客様は、近々戻る予定があるとのことでしたので
墓地でのお立会をさせていただいてから
完成予想図・お見積りをお送りさせていただきました。

「本当に、すでに建ってるみたいな出来栄えだね!!」
と、とても完成予想図の出来栄えを気に入っていただき
その2か月後、お墓も完成いたしました。

「地元の石材店とかいろいろ考えたけど、頻繁にいけないし
電話する時間もないからどうしようかと思っていたけど
1回立ち会っただけで全部完成して、本当に助かったよ。」
私どもスタッフにとっては何よりもありがたいお言葉です。

お客様の想いのいっぱい詰まったお墓を建てるサポートを!

まごころレディ-最上沙織

最上

 

 

市営霊園をお持ちのお客様から完成予想図のご依頼をいただきました。

石の種類を悩まれていて、霊園でいろいろお墓を見てまわったそうです。

ご希望に近い石で作られたお墓の写真を撮って、何枚か送ってくださいました。
お送りいただいた写真の中に、偶然私どもで以前お建てになったお墓の写真が
含まれておりました。

お客様のご希望に近いデザインの中に、私どもで建てたお墓が含まれていたことが
とてもうれしく、すぐにお客様へもご報告させていただきました。

すると、お客様の方からも「お宅で建てたお墓なんですか!前にも同じ霊園で工事されているんですね。安心できますね。」とのお声をいただきました。

そこからは、安心していただいたようで、以前よりもいろいろご希望のデザインなどご相談
していただけるようになりました。

お送りいただきました写真と同じ石の種類を使って完成予想図をお作りさせていただくと、
「イメージしていたようなデザインになりました。」とうれしい言葉をいただきました。

ピンク系の石に決まり、花彫刻をお入れして、とても優しい雰囲気の素敵なデザインになりました。

石の種類やデザインなど、たくさんありすぎて決められないというご相談をいただく
ことも多くございます。

まわりのお墓を見学されて気になるデザインなどございましたらお気軽にご相談ください。

お客様の気持ちを読み取り、喜んでもらえるお墓づくりを!

まごころレディ-太田未央
太田

私どもは、お墓の建立工事と、お墓じまいの工事を承っております。

お客様とのお話の中で、『開眼供養(閉眼供養)は皆さんどうしていますか?』、
というご質問をよくいただきます。

開眼供養(閉眼供養)について、簡単にお答えいたします。
開眼供養(かいげんくよう)、魂入れ、御性根入れ(おしょうねいれ)お墓開きなど、
地域や宗派によっても、さまざまな呼び方があるようです。

お墓が完成した時には、お坊様にお経を読んでいただき、墓石に魂を入れることで、
礼拝の対象になるという考え方のようです。

お墓じまいをする場合は、これとは逆に魂を抜くということになります。

お供え物に決まりごとはありませんが、お花、果物、お酒、野菜、お菓子などが
一般的なようです。

最近は、お墓がある場所と住んでいる場所が離れているため、お世話になっているお寺がない。
お坊様を紹介してほしい、というご希望をいただく事が増えてまいりました。

もちろん、私どもでご紹介させていただく事ができます。

全国ご紹介させていただく事が可能ですので、お困りのお客様はお気軽にご相談くださいませ。

皆様のお墓づくり、お墓じまいをサポートいたします。
お問い合わせをお待ちしております。

まごころレディ-成田めぐみ

成田 めぐみ

 

 

私たち「まごころスタッフ」が皆さまのご供養をお手伝いさせていただきます。

あなたにあったご供養のかたちを。

たくさんの思い出を重ねた、大切なご家族のためのお墓。
忙しい毎日、心のどこかで気になっている故郷のお墓。

亡くなった方を想うご供養のかたちは人それぞれです。
ひとつひとつ丁寧に時間をかけたい方。忙しくてなかなかお時間に余裕のない方。少子高齢化が加速する日本においては、新たなご供養のかたちが求められているのも現実です。

まごころ価格ドットコムでは、皆さまのさまざまなご要望やベースにあわせたご供養のご提案をさせていただき、ご満足いただけるよう全力でお手伝いいたします。

墓つくり、墓彫刻、墓じまい。

3つのまごころサービスで、皆さまのご供養が最上のかたちとなるよう寄り添ってまいります。

東京・千葉・神奈川など首都圏はもちろん日本全国のお客様へ、信頼と満足を提供し続けることが私たちの使命です。