お墓を建てる石材店の良い選び方と霊園の関係について

お墓を作るときにお願いするお店ってどこだか知っていますか?
お寺に相談する?お墓屋さんがある?半分正解のような気がしますが、お墓の加工や販売を行なってくれる場所は石屋さん
石材店といいます。
お墓を作るときにおける、この石材屋さんとのつながりは非常に重要で長いお付き合いになると考えましょう。
なぜ長い付き合いになるか、その点も踏まえて石材屋さんについてご紹介していきたいと思います。

お墓を買うのは石材店で

お墓を建てるときに、その墓石を加工したり販売してくれるお店のことを石材店といいます。
購入の際はもちろん、お墓を建てたあとも修繕をしたりする際にも、石材店さんが窓口となりますので、長いお付き合いになります。
ですので石材店はしっかりと選ぶ必要があります。
あまりなじみのないお店なので、しっかりポイントを抑えておきましょう。

良い石材店の選び方

石材店は個人店から大手まであります。
お墓を作ることは人生において、多くあるわけではありません。

話をしっかりと聞いてくれる

まず第一に良い石材店さんは、私たちのお話を親身になって聞いてくれるかどうかです。
こちらの不明点に親切に説明をして対応してくれるところにしましょう。
それに加えて石材店ならではの情報を盛り込んで教えてくれるところが良い石材店産といえます。
中には難しい言葉を並べて一方的に営業して且つ、こちらに悩ます時間を与えないようにするようなスタイルの石材屋さんもありますので、そういうお店に当たってしまったら、即お断りをするようにするのが良いでしょう。

墓石についての知識が豊富

これはプロとしてお願いする以上、当たり前に備わっていてほしい部分ではありますが、中には石や墓石についての知識が乏しい石材店も少なくないのが現状で、そのような場合は残念ながら信用ができないケースが多い傾向にあります。
お墓に使われる石というのは、実は銘柄や種類はもちろん原産国も様々で、石の等級等にも違いがあり、偏に「お墓」といっても価格や品質が大きく変わります。その点などにも豊富な知識を持っている人がいるかどうか、知識があったとしてもお客さんの希望に沿わない売上げばかり意識するようではダメです。
そういう点もどれだけ、こちら側にたって提案をしてくれるかというのが重要になってきます。

見積り書や契約書がしっかりとある

こちらが要望に対する適切な見積りをしてくれて、しっかりと見積り書を作成してくれるかというのも良い石材店さんかを見極める大きなポイントといえます。
また見積りを出してくれても、石の種類を初めとする様々な項目に対してしっかりと値段を細かく記載して提出してくれているか等がチェックポイントです。
実際に契約に当たっては契約書をしっかり交わすことでトラブルを回避できる事もできます。

アフターフォローがしっかりしている

お墓は一度建ててしまうと、何度も買い換えたりするものではないです。ですので、作った後のアフターフォローが万全で、保証などがしっかりとある安心のできるところにするようにしましょう。
保証内容などはあらかじめ詳しく聞いておき、口頭ではなく、しっかりと書面にして残してくれるお店にお願いするようにしましょう。お墓は自分の子孫にまで受け継がれていく、自分が思っているよりも長い長い時間をともにしていくものだという事を覚えておきましょう。

石材店と霊園の関係

良い石材店が見つかって、理想のお墓が作れるようになったとしても、そのお墓を管理するのは霊園やお寺なんです。
しかも、石材店と霊園って、実はかなり密接な関係があるので、その点をよく理解して石材点を探すようにしないと、失敗してしまうケースもあります。
ここでは、そんな石材店と霊園の関係についてご紹介いたします。

寺院墓地のケース

お寺の中の墓地は「寺院墓地」といいます。この場合は、管理するのは、そのお寺の住職という形になり、お墓を利用するためにお寺との付き合いも深くしていく必要があります。そしてお墓の周りの管理もお寺の方に行なってもらう事もあります。そういう部分もあり、寺院墓地にお墓を建てる場合は、そのお寺とつながりのある石材店にお願いする形になるのが一般的とされています。

民営霊園のケース

寺院などの霊園の経営母体から委託されてい運営されている民営の霊園を民営霊園といいます。一般的に石材店などが運営・管理している事が多いです。ですのでお墓を作る際は、その霊園を管理している石材店さんにお願いする形になります。中には複数の石材店さんが運営・管理をしている事もありますので、そういう場合はその中から選びお願いします。

公営霊園のケース

都道府県や市町村が運営・管理を行なっている霊園です。霊園の管理は、しく貯油損の職員や委託された職員が行なっていることがほとんどです。公営霊園は基本的には、自由度が高い霊園になりますので、どの石材店にお願いしても大丈夫です。注意したい点としましては、区画によってはお墓の形や高さなどに制約がある場合がありますので、そこはしっかり確認してからお願いするようにしたほうが良いでしょう。

まとめ

お墓を建てるのは石材店にお願いする。
それでもつくって建てる霊園によっては、ある程度、指定されているケースも少なくないのが現状です。
その中でもお墓は一度作ったら、それを自分の代、子供の代、孫の代、そのあとの代と長い年月を、お付き合いしていくものです。
ですので、今回の記事で取り上げた良い石材店の見極めポイントを意識し良いお墓を建てられるようにしてください。

まごころ価格のハンドブック

ハンドブックで選ぶお墓のオーダーメイド

伝統的な和型やスタイリッシュな洋型デザイン。
そして世界各国をはじめ日本から厳選された高品質みかげ石を組み合わせて、世界にひとつだけのオリジナル墓石をお作りすることができます。
まずは無料ハンドブックをお取り寄せください。