まごころ価格の知恵袋
CHIE BUKURO

重要なお知らせ
2018.10.8

大きな地震や余震があった時は絶対にお墓に触れないようにしてください。

墓石の“石”の種類とその選び方

墓石につかう”石”を選ぶとき、石の物性データである「吸水率」、「圧縮強度」、「見かけ比重」がひとつの参考になります。吸水率は石が水を吸収する割合、圧縮強度は圧力を掛けたときに耐えられる度合い、見かけ比重は体積(立方メートル)あたりの質量を表します。

石を判断するには物性データを参考にする

吸水率

墓石では吸水率が低いほうが一般的にはよい石とされています。石には目に見えない微細な隙間があり、無数の穴があいている硬いスポンジのような構造になっています。そのため、雨が降ったり水をかけると、微量でありますが石はその水を吸い込みます。そして石の表面が乾くと徐々に水分を放出していくのです。石を専門に扱う私たちは、これを「石が呼吸をしている」と表現しています。吸水率が低いほうがよいとされる理由は、水は凍ると膨張するため、水を多く吸った状態で凍結すると、石の成分同士の裂け目がヒビ割れてくるといわれているからです。現在、墓石に多く使われている「御影石」と呼ばれる花崗岩は、他の安山岩などに比べて吸水率が低く、墓石に適しているといえるでしょう。

圧縮強度

お墓は先祖代々のお骨を守り、将来も子孫に継承されていくわけですから、墓石に求められるのは、丈夫で長持ちすることだと思います。この圧縮強度はどれだけの力に砕けず耐えられるのかを計測したものです。墓石で使われている石は、御影石などの丈夫で非常に硬い石が多く選ばれています。

見かけ比重

墓石の石を比較検討するときに、もうひとつ参考になるのが見かけ比重です。これは一定の体積あたりの質量を算出したものです。重い石のほうが強度もあると考えられており、御影石はまさに墓石に向いている石といえるでしょう。一般的に白っぽい石よりも黒っぽい石の方が重いのですが、御影石はとても丈夫な石ですので、どの色であっても一定の水準は超えています。

色で石を選ぶときのポイント

墓石を選ぶときに重要な要素として、色の好みというものがあります。自分の気に入った色を選ぶのがいちばんですが、石の色によって特徴があるので参考にするとよいでしょう。

他にも光の具合によってキラキラと光る結晶が入っている石や、見る角度によって少し違う色合いに見える石など、石によってとても個性豊かです。私たちは実際の石のサンプルをお見積りと一緒に無料でお送りするサービスを行っておりますので、石えらびの参考になさってください。

石の経年変化

墓石の表面がツルツルしてツヤがあるのは、墓石の表面を丁寧に丁寧に磨きあげているからです。このツヤは雨風に長年さらされると、徐々にツヤがなくなり、その原石そのものの色に近づいていきます。

石は濡れると色が変わる

type02

もうひとつ知っておくべきこととして、石は水を吸ったときに色が変わるということがあります。多くの石は濡れると普段よりも少し濃い色になります。そして乾けば元の色に戻ります。特に薄い色の石や、目の細かい石は、水を吸ったときに色の差が目立ちやすいので注意が必要です。

雨あがりにお墓参りへ出掛けた際に、同じ石なのに下半分が暗く(濃い色に)見えることがあります。これは欠陥ではなく、すべての石がもつ「水を吸う」という特性ですので安心してください。特に明るいグレーやピンクなど淡い色の石を使う場合は、水を吸った時の色の違いが目立ちやすいことを理解しておくとよいでしょう。

では石が水を吸うとどんな色になるか?それは無料でお送りしている石のサンプルに水をかけてみるとよくわかります。硬くて水が染み込みそうもない石ですが、実は小さな隙間が無数にあって、まるで呼吸をしているように水を吸い、しばらくしたら吐き出している(水分が蒸発する)ことがわかるでしょう。石は自然のものだとあらためて実感させられます。

「色」という選択肢

type-stone

東日本では黒や濃い色の石、西日本では白やグレーの石が人気を集めています。また、施主様が女性であればG663(ピンク系)の優しく柔らかい印象の石や、ニューインペリアルレッド(赤系)といった個性的な色も人気があります。最近では墓石の色で選ぶ方も多く、お墓の形と同じように皆さんが楽しみながら選ばれています。

まごころ価格ドットコムのカタログにも厳選された20種類の世界の銘石と4種類の日本の銘石をご用意いたしました。
【お墓づくりのカタログ】こちらのページから無料でご請求いただけます。
カタログは本体も送料も無料ですので、お墓づくりをご検討中の方はお気軽にお取り寄せください。