本日のまごころ職人
CLAFTMAN

本日のまごころ職人

本日は京都府京都市左京区にある寺院墓地にてまごころ職人が施工したお墓をご紹介します。

 

 

基礎のコンクリートが固まったので石積工事を始めます。

小さな区画でも基礎工事は規定の基準でお作りします。

 

 

納骨室となる土台部分と塔婆立ての柱を据えつけました。

 

順番に石材を積んでいきます。

石材同士が重なる部分には免震シートと耐震ボンドを挟んで地震対策を施します。

 

 

棹石の据付を行い、いよいよお墓が完成します。

 

淡いピンク色が特徴の桜御影石の石塔と白御影石の外柵でお作りしたお墓が完成しました。

2種類の石種を使用しているので立体感のあるデザインになっています。左右の花の彫刻が桜御影石の色合いにとても似合っていて優しい印象です。

伝統的な和型の多い寺院墓地でも洋型のお墓を立てる方が増えています。土台部分の高さを工夫することで石塔が高くなくても存在感のあるお墓に仕上げることが出来ます。

 

ハンドブックのデザイン以外でも墓地の状況に合わせて最適なお墓をお作りできるよう様々なご提案をいたします。

こんなお墓を建てたいというイメージがございましたら、お気軽にご相談くださいませ。

 

 

※個人情報保護の為、お名前のわかる文字彫刻は画像処理で消しています

 

 

本日のまごころ職人のお墓作りは青森県むつ市の公営霊園にて石積工事です。

【金具止めの補強状況】

基礎工事が終わり、出来上がった基礎部分の上に石材を据え付けていきます。石材と石材が離れないようにステンレス金具を使ってしっかり固定します。

 

【納骨室の状況】

納骨室のつくりは地域により異なりますが、今回はご遺骨が土に還るように、納骨室は綺麗な土で仕上げております。

余談ではございますが、関東・九州・四国・中国・北陸甲信越などでは、お骨壺で埋蔵することが多く、関西・東北・北海道の地域では、お骨が土に還るように埋蔵することが多いようです。但し、地域の風習によりさまざまあるようです。

 

【コーキングの状況】

石と石の間に雨水が入り込まないようこコーキングを充填いたします。シーリング材が綺麗に仕上がるようマスキングテープで養生いたします。

 

【免振シート設置状況】

まごころ価格ドットコムでは、地震によるお墓の倒壊を防ぐため、全てのお墓に免震シートを標準でお付けします。

 

【完成後の状況】

お墓の完成です。
淡い色合いの御影石と赤色の御影石を使用することにより、美しい色合いで、見栄えするお墓に仕上がりました。

 

 

※個人情報保護の為、お名前のわかる文字彫刻は画像処理で消しています。

 

 

本日は東京都稲城市矢野口にある稲城府中メモリアルパークのお墓づくりをご紹介いたします。

 

外柵の部材と部材の間には石材専用の接着剤を塗布してズレを防ぎます。

下部の穴には、ステンレス製の金具固定に使用するアンカーを打ち込みします。

 

赤鉛筆で接着面の位置出しをしてから石同士を固定します。

 

外柵の立ち上がり部分は基礎の上にモルタルを敷いて高さを調整しながら据え付けを行います。

 

一段目の腰石と呼ばれる部材の上に接着剤を充填しながら羽目と呼ばれる仕切り石を設置していきます。

 

間口が狭いことも有り外柵の石と基礎部分をL型金具で固定します。

 

納骨室は白御影石で外柵の内側に接着剤を使用しながら設置していきます。

 

白御影石に囲まれた清潔感のある納骨室が完成しました。手前部分には33回忌や50回忌を過ぎた仏様を土に還す部分になります。

 

中台(三段目の石)と上台(二段目の石)の間、上台と竿石(仏石とも呼ばれる彫刻が施されている石)との間には、長年、建設業で免震実績の有るブチルゴムと呼ばれる免震シートを挟んで建込みを行っていきます。このシートが地震の揺れから大切なお墓を守ります。

 

白御影や黒御影、グレー御影の石塔が多い区画の中でピンク色の御影石が優しいイメージで引き立つ洋型のお墓の完成です。

 

※個人情報保護の為、お名前のわかる文字彫刻は画像処理で消しています。

 

本日のまごころ職人は、千葉県松戸市の八柱霊園の基礎工事をご紹介いたします。

 

まずは約30cmほど地面を掘り下げる”根堀り”という作業を行います。

 

根堀のあと大き目な石(割栗石)を敷き詰めて、地面を叩き締める”転圧”という作業を行います。

 

さらに隙間を無くすように細かい石(砕石)を敷き詰めて、さらに地面を叩き締める転圧をします。どの工程も重要ですがこの転圧作業は非常に重要で、どんなに基礎コンクリートを厚く打っても、転圧を十分に行わないと後々お墓が傾く原因になったりもします。

 

コンクリートは圧縮強度に比べて引っ張り強度が極めて小さく、ひび割れが入りやすいので15cm~20cm間隔で鉄筋を配筋いたします。鉄筋の下に置いてある石は鉄筋が地中に接触しないようにする役割と、生コンクリートが鉄筋の下に潜り込み、鉄筋を包み込みやすくするためです。(鉄筋の錆防止と鉄筋とコンクリートの相乗効果を上げるためです。)

 

コンクリートを流し込み、十分に空気を抜き表面を均していきます。一定期間(約1週間位)養生して、木枠を外すと基礎工事完了となります。お墓の土台が完成し、いよいよ墓石の積み込み工事が施工可能となります。

 

 

本日は愛知県岡崎市才栗町にある岡崎市営霊園のお墓づくりをご紹介いたします。

 

基礎工事が終わり基礎がしっかりと固まったかを確認した後まごころ職人が丁寧に石積工事を開始いたします。
まずは土台から。石材用ボンドとモルタルを使用して据え付けます。このように水平を取りながらハンマーで石材を据え付けていきます。

 

 

地震対策の一つとして石材の隅々にはサビに強いステンレス金具を使用して石材同士しっかりと固定しています。

 

 

石材の四隅にステンレスの丸棒を使用する事でさらに耐久性を高めます。

 

このように人力で持ち上がらない石材はクレーンで慎重に運んでいきます。

 

大切なお墓をお守りする為、石材の重なる部分には免震シートを使用します。免震シートを使用する事で地震の揺れを軽減する事ができます。

 

本日もまごころ職人が施工したお墓が無事完成しました。地震による崩壊を防ぐ為に基礎工事から金具、接着剤や目地材まで色々な工夫を凝らしました。当社のドルミールというデザインで洋型墓石に相性の良いG488ピンク御影石を使用してお作りしました。

 

 

※個人情報保護の為、お名前のわかる文字彫刻は画像処理で消しています。

 

 

 

 

1 / 19712345...204060...最後 »