本日のまごころ職人
CLAFTMAN

本日のまごころ職人

本日は岡山県笠岡市神島外浦にある寺院墓地にてまごころ職人が施工したお墓をご紹介します。

 

 

基礎のコンクリートが充分に乾いたのを確認してから石積工事を開始します。

 

 

石材の据付作業が始まりました。

13mmのステンレス芯棒を設置して基礎と石材を繋ぎ、地震の揺れなどから大切なお墓をお守りします。

 

 

外柵の設置が完了しました。すぐそばが斜面になっているので安全に充分配慮をしながら石材を吊り上げていきます。

 

 

納骨室の石組みが完了しました。

大理石のようなマーブル模様が特徴の御影石、バハマブルーをお選びいただきました。外柵と同じ石で納骨室を囲い、板石にも同じ石を使用して統一感のあるデザインとなっております。

板石を設置することでお骨壷が傾くことがなくお納めすることが出来ます。手前には砂を敷き、ご遺骨を土に返すスペースを設けています。

 

 

広い敷地にバランスよく墓石を配置したお墓が完成しました。墓石の周りには美しい景観を保ちながらも自然の温もりを感じられる防草土を敷き均しました。

海を臨む高台にお墓があります。広々としたお参りスペースでゆったりとお参りをする事ができます。

 

 

 

※個人情報保護の為、お名前のわかる文字彫刻は画像処理で消しています

本日は神奈川県藤沢市にある公営霊園にて、まごころ職人が施工したお墓をご紹介します。

【工事着工前状況】

先日行った基礎工事が完了しましたので、石積工事を着工いたします。重い石を吊り上げる際ですが、ミニクレーン(カニクレーン)で吊り上げるのが一般的ですが、エンジン付きの重機を使用してはならない霊園では、写真のように三脚を組み、チェーンブロックで重い石材を吊り上げます。

 

【石材の組み上げ状況】

お墓の土台となる外柵(囲い)から石積み工事を行います。組み上げた石材がずれないように、四隅をL字金具で固定します。使用するL字金具は錆に強いステンレス製になります。

 

 

【納骨室の状況】

納骨室の下場に敷いてある白御影石の上にお骨壺を安置いたします。土の部分の中央に見えてるのは水抜き用の排水口になります。霊園施設で排水溝を儲けている場合に取り付け可能となります。

 

【地震対策】

まごころ価格ドットコムでは、地震によるお墓の倒壊を防ぐため、全てのお墓に墓石用特殊免震シートを標準でお付けします。

 

【シーリング工】

石と石との間に雨水が入り込まないようマスキングテープで養生しながら墓石用のコーキングを行います。

 

【お墓の完成】

黒味があるグレー系御影石を使用することにより、重厚感ある豪華なお墓に仕上がりました。なお、御影石は種類にもよりますが、見る角度や太陽の光(逆光)により、色合いが強く見えたり柔和に見えたりもします。

 

 

※個人情報保護の為、お名前のわかる文字彫刻は画像処理で消しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本日は、東京都あきる野市にある共同墓地のお墓作りをご紹介いたします。

 

解体工事が終わって基礎工事のコンクリート養生を十分に行い強度が出てきたら、いよいよ石積工事に入ります。

お墓の土台部分になる外柵の石はモルタルで高さと水平を調整しながら据え付けていきます。

 

外柵の石同士の繋ぎ目には地震の揺れに備えてステンレス製のL型金具を使用して頑丈に固定します。

 

塔婆立ても同じ御影石でつくりました。石材専用の接着剤を使用しながら組み立てていきます。

 

石塔の石と石の間には、建設業界でも長く使用してきた免震用のブチルゴムを挟んで大切なお墓を地震の揺れから守ります。

 

石同士の隙間には、水色のテープで養生してコーキングを充填して雨水の侵入等を防ぎます。

 

解体時にお預かりしていたお遺骨を施工途中に事前に納骨します。

 

赤茶色の中国マホガニー石と白御影石のツートンカラーが洋型のお墓にとてもマッチしています。

石塔の両脇に敷き詰めた白那智石との相性も抜群です。

 

お墓が完成した後に、お客様からのご依頼で通路にコンクリートを打設して完成です。

周りのお墓には無いシックな洋型のお墓が完成しました。

 

※個人情報保護の為、お名前のわかる文字彫刻は画像処理で消しています。

 

本日は千葉県匝瑳市にある寺院墓地でまごころ職人が施工したお墓づくりをご紹介いたします。

 

 

基礎工事が終わり基礎が固まった後、石材用ボンドとモルタルを使用して据え付けしていきます。

 

 

石材の隅々にはサビに強いステンレス金具を使用して石材同士しっかりと固定していきます。当社が行っている地震対策の一つです。

 

 

このように人力で持ち上がらない石材はクレーンを使用して慎重に石を積み上げていきます。

 

 

このように石材の重なる部分には免震シートを使用しています。地震の揺れを軽減して大切なお墓を地震からお守り致します。

 

 

石材の隙間を塞ぐ為、マスキングテープで養生してからシーリング加工を施します。

 

 

まごころ職人が施工したお墓が無事完成しました。「2色づかいが生える洋型墓石」今回は黒と白のカラーパターンでお作りしました。カットが引き立つシックな印象が人気のデザインです。香炉には蓋をつけシンプルですっきりしたラインに。高さのある竿石に対して花立は低めに抑え竿石に施した彫刻が隠れる事が無いように配慮しました。門柱の上部を斜めにすることで石目を美しく見せアクセントを付けています。

 

 

※個人情報保護の為、お名前のわかる文字彫刻は画像処理で消しています。

本日は岡山県笠岡市神島にある寺院墓地にてまごころ職人が施工したお墓をご紹介します。

 

 

外柵があり、既にご遺骨が埋葬されている墓地に新しいお墓を建立していきます。

丘の上にある区画で斜面に面しているので、慎重な作業が求められます。

 

 

埋蔵されているご遺骨を取り出してから工事を開始します。ご遺骨はお墓が完成するまで大切にお預かりします。

草木が生い茂っていたのでまずは敷地全体をすき取りして下準備をします。

 

 

基礎工事のために地面を掘り下げます。

充分に掘り下げたので草木の根もほぼ取り除くことが出来ました。

 

 

砕石を敷き詰めて機械で地盤を叩き締め固めていきます。

ランマという機械で地面を叩き基礎地盤としての支持を図ります

 

 

続いて小さめの砕石を重ねて敷いて均します。

 

 

木枠を組んで鉄筋を配置します。コンクリートと鉄筋を組み合わせることでコンクリートのひび割れを防ぎ、充分な強度を得ることが出来ます。

格子状に鉄筋を組み、コンクリートを流し込む用意が出来ました。

 

 

コンクリートを流し込みます。余分な空気が残らないようにコテを使って丁寧に均していきます。

 

 

表面を整えたらコンクリート打設が終わりました。

一定期間養生し、コンクリートが乾いたら枠を外して完了です。

 

 

※個人情報保護の為、お名前のわかる文字彫刻は画像処理で消しています

 

 

 

1 / 20012345...204060...最後 »