本日のまごころ職人
CLAFTMAN

重要なお知らせ
2018.6.18

大きな地震や余震があった時は絶対にお墓に触れないようにしてください。

本日のまごころ職人

埼玉県さいたま市南区にある根岸薬師堂のお墓(基礎工事)づくり


Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/hakajimai/www/wp-content/themes/ymt_theme/archive-kouji.php on line 87

本日は埼玉県さいたま市にある根岸薬師堂でまごころ職人が施工したお墓づくり(基礎工事)をご紹介します。

 

まずは根切工。基礎となる部分を30センチ程掘り下げます。

まずは根切工。基礎となる部分を30センチ程掘り下げます。

 

次に割栗石・砕石を敷き詰めて機械と人力で地盤を固めます。

次に割栗石・砕石を敷き詰めて機械と人力で地盤を固めます。

 

しっかりと転圧を行った後、20センチ間隔で鉄筋を組んでいきます。このようにしてコンクリートのヒビ割れを防ぎます。

しっかりと転圧を行った後、20センチ間隔で鉄筋を組んでいきます。このようにしてコンクリートのヒビ割れを防ぎます。

 

最後に生コン打設工。格子状の鉄筋の上からコンクリートを流し込みます。一定の養生期間をおいて型枠を外して基礎工事の完成です。

最後に生コン打設工。格子状の鉄筋の上からコンクリートを流し込みます。一定の養生期間をおいて型枠を外して基礎工事の完成です。

東京都台東区谷中にある谷中霊園のお墓(基礎工事)づくり


Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/hakajimai/www/wp-content/themes/ymt_theme/archive-kouji.php on line 87

本日は東京都台東区谷中にある谷中霊園でまごころ職人が施工したお墓づくり(基礎工事)をご紹介します。

 

基礎工事着工前。本日もまごころ職人が丁寧に基礎工事を開始します。

基礎工事着工前。本日もまごころ職人が丁寧に基礎工事を開始します。

 

まずは根切工。参道から30センチ程掘り下げます。  まずは基礎部分の土を深めに掘ります。

まずは根切工。参道から30センチ程掘り下げます。

 

転圧工。人力で転圧して地盤の強化をします。 どの工程も重要ですが、地固めは特に重要です。

転圧工。人力で転圧して地盤の強化をします。

 

配筋工。このように鉄筋を組んでコンクリートのひび割れを防ぎます。

配筋工。このように鉄筋を組んでコンクリートのひび割れを防ぎます。

 

 打設工。コンクリートを流し込み、最後に型枠を外して基礎工事の完成です。

打設工。コンクリートを流し込み、一定期間をおいて最後に型枠を外して基礎工事の完成です。

 

※個人情報保護の為、お名前のわかる文字彫刻は画像処理で消しています。

 

 

 

 

 

本日は埼玉県秩父郡長瀞町の私有地でまごころ職人が施工したお墓づくりをご紹介します。

 

こちらの基礎の上に石積工事を施工します。

 

まずは土台となる外柵からモルタルと石材用ボンドで据え付けていきます。

 

石材の角々にはサビに強いステンレス金具を取り付け、しっかり固定しています。

 

石材が上下に重なる部位には、黒いゴム状の免震シートを挟んで地震対策を施します。

 

石材同士の隙間をふさぐためにマスキングテープで養生してから、シーリング加工を行います。

 

完成しました。デザインは当社オリジナルの”ファシノ”です。石塔は桜御影ともいわれる優しいピンクを帯びた石のG488、外柵は白御影石のG688中目です。二種類の白御影石と敷き詰められた五色玉砂利が美しく調和し、まさにファシノ(魅力)あるお墓に仕上がりました。

 

※個人情報保護の為、お名前のわかる文字彫刻は画像処理で消しています。

 

 

本日は秋田県にかほ市にある象潟緑ヶ丘墓苑でまごころ職人が施工したお墓づくりをご紹介します。

 

こちらの基礎の上に石積工事を施工します。

 

まずは土台となる外柵からモルタルと石材用ボンドで据え付けていきます。

 

石材の角々にはサビに強いステンレス金具を取り付け、しっかり固定しています。

 

石材が上下に重なる部位には、黒いゴム状の免震シートを挟んで地震対策を施します。

 

完成しました。デザインは当社オリジナルの”ファシノ”です。イタリア語では「魅力・魅了」を意味します。石材は白御影石の中でも人気のG688中目です。白御影石と言っても真っ白ではなく、ほんのり淡い桜色の結晶が見えるのが特徴の石です。敷き詰められた五色玉砂利とのバランスが良い”魅力”のあるお墓に仕上がりました。

 

※個人情報保護の為、お名前のわかる文字彫刻は画像処理で消しています。

 

 

本日は東京都東村山市にある小平霊園でまごころ職人が施工したお墓づくりをご紹介します。

 

まずは土台となる外柵からモルタルと石材用ボンドで据え付けていきます。

 

石材の角々にはサビに強いステンレス金具を取り付け、しっかり固定しています。

 

石材が上下に重なる部位には、黒いゴム状の免震シートを挟んで地震対策を施します。

 

石材同士の隙間をふさぐためにマスキングテープで養生してから、シーリング加工を行います。

 

デザインはお客様こだわりのオリジナルデザインです。石塔濃いグリーンが特徴のインド産御影石のインドSR,外柵は緑がかった淡いグレーが美しい緑御影石の康美青です。濃淡のバランスが美しいお墓に仕上がりました。

 

※個人情報保護の為、お名前のわかる文字彫刻は画像処理で消しています。

 

 

1 / 15612345...204060...最後 »