本日のまごころ職人
CLAFTMAN

重要なお知らせ
2021.1.12

新型コロナウイルス感染拡大予防の安全対策について

本日のまごころ職人

本日は東京都葛飾区にある寺院墓地にてまごころ職人が施工したお墓をご紹介します。

【工事着工前状況】
さて、今回は限られた敷地内に、どのようなお墓が出来上がるのでしょうか。

 

【石材の据え付け状況】
写真では分かりづらいですが、コンクリート基礎部分にステンレス製のダボピンを差し込み、石を固定していきます。

 

 

【納骨室の状況】
納骨室内の白御影石を設置している部分が納骨室になります。白御影石と黒御影石とのバランスが綺麗に見えますね。御影石が鏡のように反射していて分かりにくいのですが横長の納骨室(カロート)になります。

 

 

【塔婆立ての取り付け状況】
お墓の後方に見えるのが、ステンレス製のお塔婆立てになります。まだ全体像が見えないのでどこの部分を映しているのか分かりにくいかと思いますが、東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県では良く使われるお塔婆立てになります。

 

 

【地震対策状況】
まごころ価格ドットコムでは、地震によるお墓の倒壊を防ぐため、全てのお墓に墓石用特殊免震シートを標準でお付けします。

 

 

【お墓の完成状況】
伝統の和型墓石が完成いたしました。使用した石はインド産の高級黒御影石です。御影石の艶の良さが素材の見栄えがする部分でもあり、尚且つ、お墓全体のデザインバランスも良く、重厚感あるお墓に仕上がりました。また、(香炉・水鉢)の組み合わせがアクセントになっており、お供物やお茶などを供えるところも設けております。限られた敷地内に数多くの機能を兼ね備えたお墓です。

 

※個人情報保護の為、お名前のわかる文字彫刻は画像処理で消しています

 

 

本日は栃木県真岡市の共同墓地でのお墓づくりをご紹介いたします。

 

 

【L字金具取付状況】

 

石材用ボンドとモルタルを使用して石材同士しっかりと固定していきます。石材の隅々にはサビに強いステンレス金具を取り付けて石材のズレを防ぎます。

 

 

【シーリング加工】

石材の隙間を塞ぐ為マスキングテープで養生してからシーリング加工を行います。

 

 

【免震シート取付状況】

 

当社では地震の倒壊を防ぐ為、石材の重なる部分には免震シートを使用します。
震度7相当の揺れに耐える地震の揺れを逃がす特殊なシートを使用しています。長年建築・土木工事でも使用されていて大切なお墓を地震からお守りいたします。
※飛鳥建設㈱防災R&Dセンター技術研究所構造実験棟で検証

 

 

【お墓完成】

本日もまごころ職人が施工したお墓が無事完成いたしました。「ファシノ」というデザインで竿石が描くエレガントな曲線美は優しかったあのひとの面影を彷彿とさせます。綺麗な五色の玉砂利の下は雑草対策もしており、お手入れも簡単です。段差の少ないお参りスペースは小さなお子様やお年寄りにも安全です。

 

 

※個人情報保護の為、お名前のわかる文字彫刻は画像処理で消しています。

 

 

 

本日は茨城県ひたちなか市部田野にあるひたちなか市営たかのす霊園にてまごころ職人が施工したお墓をご紹介します。

 

基礎工事から数日が経過しました。

コンクリートが充分に乾いて強度を得たので、型枠を外し石積み工事を始めます。

 

 

外側から順番に石材を据え付けていきます。

 

 

石材には地震の揺れからお墓を守る黒いシートを貼り、慎重に石を積んでいきます。

完成後は見えなくなる部分ですが、当社こだわりの地震対策を施しております。

 

 

石材同士を接着した面は、その隙間に汚れなどが入り込まないようにマスキングテープで養生してからコーキングします。

作業中に付着した土やほこりを落としたらいよいよお墓の完成です。

 

 

お墓が完成しました。

お参りスペースは全体を石張りで仕上げたので雑草が生えづらくお手入れが簡単です。

お天気の良い日はグレーの御影石に石塔が映り込み、お墓の存在感が増します。通路より少しだけ高さを出しているので、雨が降ってもお墓に水が溜まりにくい作りとなっております。

フラットなデザインは広々とお墓参りができるので、幅広い年代の方に人気があります。

 

 

 

※個人情報保護の為、お名前のわかる文字彫刻は画像処理で消しています

本日は東京都にある公営霊園にてまごころ職人が施工した基礎工事をご紹介します。

 

【工事着工前】
これから基礎工事を行います。

 

【根掘り工】
根掘り工は敷地前の通路面を基準といたしまして、約30センチ程掘り下げます。

 

【割栗入れ】
ランマ等で1回目の地固めを行なったら、割栗石を敷いて更に転圧を行います。

 

【砕石入れ】
砕石を敷き詰めたら更に転圧工を行い、地面を押し固めて基礎地盤としての支持力を図ります。

 

【基礎工事の完成】
生コンクリート打設完了。コンクリートの高さ微調整を行い、数日養生いたしましてコンクリートが乾いたら枠を外して完了です。

 

 

 

 

 

 

 

 

本日は栃木県真岡市の共同墓地でのお墓(基礎工事)づくりをご紹介いたします。

 

 

【基礎工事着工前】

基礎工事着工前の状況です。本日もまごころ職人が丁寧に基礎工事を開始いたします。

 

 

【根掘工】

まずは根掘工を行います。通路面から約30センチ程掘り下げていきます。

 

 

【転圧工】

次に転圧工を行います。根掘工の後、直径15センチ内外の割栗石を敷き詰めてランマーで転圧していきます。その後目詰め砕石を敷き詰めてランマーで十分に転圧をして基礎の強化をはかります。

 

 

【配筋工】

転圧工の後は配筋工を行います。型枠を組んで鉄筋を組んでいきます。コンクリートのひび割れを防ぐ為、約20センチ間隔で鉄筋を組みます。

 

 

【コンクリート打設工】

最後にコンクリート打設工を行います。打設後はバイブレーターで適度な振動を与えて内部の気泡を除去します。コンクリートの密度を高める事で骨材が均等に分散した強い基礎に仕上げます。この後はブルーシートで囲んで一定期間養生をして基礎工事の完了です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3 / 22112345...204060...最後 »